現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【26万台売れたプラグイン・ハイブリッド】三菱アウトランダーPHEV 初の海外現地生産開始

ここから本文です
【26万台売れたプラグイン・ハイブリッド】三菱アウトランダーPHEV 初の海外現地生産開始
写真を全て見る(1枚)

タイの電動モデル市場の成長に期待

text:Takuya Hayashi(林 汰久也)

【画像】三菱アウトランダーPHEV【エクリプス・クロスやデリカD5と写真で比較】 全171枚

三菱は12月22日、プラグイン・ハイブリッドのアウトランダーPHEVの生産をタイで開始したと発表した。同モデルが海外で現地生産されるのは今回が初めて。

アウトランダーPHEVの生産は、タイのレムチャバン工場で始まっており、現地では2021年1月に発売される予定だ。初の海外現地生産を行う理由としては、タイ市場の将来性と、同工場の生産能力を高く評価した結果だという。

三菱自動車の加藤隆雄CEOは、次のように述べている。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

細部まで愛情を込めて改良し、更に進化したフォルクスワーゲンの新型「ゴルフ GTI クラブスポーツ」の全て!
細部まで愛情を込めて改良し、更に進化したフォルクスワーゲンの新型「ゴルフ GTI クラブスポーツ」の全て!
AutoBild Japan
チームダイシン×GTNETがSROジャパンカップ第2ラウンドに参戦へ。大八木親子がコンビを結成
チームダイシン×GTNETがSROジャパンカップ第2ラウンドに参戦へ。大八木親子がコンビを結成
AUTOSPORT web
新宿駅西口の「謎のぐるぐる道路」再開発で消える!? 「昭和の記憶」なぜ見納め ”西口の穴”「残してほしい…」設計者の思いとは
新宿駅西口の「謎のぐるぐる道路」再開発で消える!? 「昭和の記憶」なぜ見納め ”西口の穴”「残してほしい…」設計者の思いとは
くるまのニュース
まだまだやります! オペルが自動車製造125周年を祝う…電動化戦略も強調
まだまだやります! オペルが自動車製造125周年を祝う…電動化戦略も強調
レスポンス
フェラーリ 12チリンドリ ジャパンプレミア DNAを熟知する顧客のためのGTカー
フェラーリ 12チリンドリ ジャパンプレミア DNAを熟知する顧客のためのGTカー
Auto Prove
スイフトが売れに売れるインド市場! スズキがインドで最強を誇るワケ
スイフトが売れに売れるインド市場! スズキがインドで最強を誇るワケ
WEB CARTOP
トヨタが新型「3列“クラウン”SUV」発表! 豪華内装&オシャブルー新採用の高級仕様!? 機能面強化し中国で発売
トヨタが新型「3列“クラウン”SUV」発表! 豪華内装&オシャブルー新採用の高級仕様!? 機能面強化し中国で発売
くるまのニュース
唯一無二の個性派グラフィック! SHOEIが「Z-8」に新たなグラフィックモデル「BEAUT」を追加
唯一無二の個性派グラフィック! SHOEIが「Z-8」に新たなグラフィックモデル「BEAUT」を追加
バイクのニュース
<新連載>[サウンドシステム設計論]「パッシブ」と「アクティブ」、それぞれの利点と不利点とは?
<新連載>[サウンドシステム設計論]「パッシブ」と「アクティブ」、それぞれの利点と不利点とは?
レスポンス
アストンマーティンF1”後退説”にチーム代表反論「準備は順調。ホンダもやってくるし、アラムコもいる……魅力的な立場なはずだ」
アストンマーティンF1”後退説”にチーム代表反論「準備は順調。ホンダもやってくるし、アラムコもいる……魅力的な立場なはずだ」
motorsport.com 日本版
カワサキ「KLX300/SM」2025年モデル登場! パワフルな水冷292cc単気筒の“闘う4スト”に新色【北米】
カワサキ「KLX300/SM」2025年モデル登場! パワフルな水冷292cc単気筒の“闘う4スト”に新色【北米】
WEBヤングマシン
【買っておきたい21世紀名車】引き締まった体躯のドライバーズV8、メルセデス・ベンツC63AMG(W204)の肖像
【買っておきたい21世紀名車】引き締まった体躯のドライバーズV8、メルセデス・ベンツC63AMG(W204)の肖像
カー・アンド・ドライバー
マツダ新型「ロードスター”最強形態”」実車公開! 驚きの「2.0リッターエンジン」搭載車! 爆速仕様&技術結集の「スピリットRS」が展示中
マツダ新型「ロードスター”最強形態”」実車公開! 驚きの「2.0リッターエンジン」搭載車! 爆速仕様&技術結集の「スピリットRS」が展示中
くるまのニュース
トヨタ新型「クラウンシグニア」米国で登場 日本でもまもなく登場予定の新型「クラウンエステート」の気になる価格とは
トヨタ新型「クラウンシグニア」米国で登場 日本でもまもなく登場予定の新型「クラウンエステート」の気になる価格とは
VAGUE
“ジープ顔”の「ジムニー」実車公開! バックパックも装備で“めちゃ便利”! まるで“アメ車”な“スズキ車”登場
“ジープ顔”の「ジムニー」実車公開! バックパックも装備で“めちゃ便利”! まるで“アメ車”な“スズキ車”登場
くるまのニュース
トヨタ「GR86」スバル「BRZ」の排気量を2.5リッター化し耐久性も強化! HKSからショートブロック発売!
トヨタ「GR86」スバル「BRZ」の排気量を2.5リッター化し耐久性も強化! HKSからショートブロック発売!
くるまのニュース
ヤマハ「アクシスZ」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
ヤマハ「アクシスZ」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
見た目はワイルド! 車内は快適! 三菱 デリカD:5がベースのキャンパー
見た目はワイルド! 車内は快適! 三菱 デリカD:5がベースのキャンパー
月刊自家用車WEB

みんなのコメント

3件
  • コンセント無くても発電できる車を必要としているのはアフリカやアセアンや後進国。 人口も拡大をしている。 
    先進国は車メーカーが飽和状態。 三菱のアウトドアスタイルを生かせる地域。 
    問題点は高額な点。 現地の金持ちしか買えないので輸出が主体となるだろうが、円高の日本で作るより有利。 
    気づくのが20年遅いがPHV は電気が無いような地域で個性が光る。 
    期待ができる。
  • Mitsubishi、まともな商売できるのがもはや東南アジアやタイだけって、かなり追い込まれてるな、、、
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

499.5630.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

56.7656.8万円

中古車を検索
アウトランダーPHEVの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

499.5630.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

56.7656.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村