サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アストンマーチン、自慢の“緑色”をより見やすくする変更を計画中……しかし最低重量が問題に?

ここから本文です

 アストンマーチンは2021年にレーシングポイントから改称する形でF1参戦を開始したが、彼らはマシンのカラーリングに弱点があると見ている。しかし2022年に色合いを変更する場合には、マシンの重量面で損失がないようにしなければいけないと考えている。

 アストンマーチンは、マシンカラーリングをレーシングポイント時代に慣れ親しんできたピンク色から、自動車メーカーのコーポレートカラーでもある深みのある緑色をメインとしたモノへと変更した。

■アストンマーチンF1が目指した“美しいグリーン”。そこには12ヵ月にも及ぶ長い戦いが

 チームはこの緑色には満足していたが、映像を通じて観戦している人々に、色が伝わりづらいという問題を抱えていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン