現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデス、レッドブルの新車RB20に”共通点”認めつつ「本当の秘密は見えないところにあるはず」

ここから本文です

メルセデス、レッドブルの新車RB20に”共通点”認めつつ「本当の秘密は見えないところにあるはず」

掲載 更新 2
メルセデス、レッドブルの新車RB20に”共通点”認めつつ「本当の秘密は見えないところにあるはず」

 レッドブルが2024年シーズンのF1に投入した新車RB20は、プレシーズンテストから大きな注目を集めた。その変貌ぶりもそうだが、そのサイドポンツーンとエンジンカバーにメルセデスの2023年マシンであるW14との共通点が見受けられるのも、その理由のひとつだ。

 しかしメルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、RB20の外見がメルセデスのマシンに似ていたとしても、その本当の秘密は見えないところにあると言う。

■速いだけでは通用しない。角田裕毅が世界の荒波に揉まれる中で手にしたモノとは? 現地で感じた成長と伸びしろ|F1コラム

 オーストリアの放送局『ORF』に対し、ウルフ代表は次のように語った。

「我々のクルマから採用されたものもいくつかある」

「ゼロ・サイドポッドだけでなく、もちろん我々が”グレートウォール”と呼んでいるエンジンカバーのボディワークも採用した。美的センスに優れているわけではないが、理にかなっている」

「しかし本当の性能は、フロア下で発揮される。今のグラウンドエフェクト・カーはダウンフォースと、メカニカルなハンドリング特性も重要だ」

「ここ数年、レッドブルが非常に強かったのはこの部分であり、おそらくさらなる進化があっただろう。しかし、ボディワークで一見してわかるような急激なコンセプトの変更はない」

 ウルフ代表は、レッドブルが風洞で得られた結果に従い、すでにうまくいっているコンセプトを単純進化させないことを選んだのだと語った。

「非常に勇気ある一歩だ。保守的に進めていても、本当に良いクルマをさらに開発できただろうからね」

「しかし、データは常に開発の指針となるものだ。おそらく、彼らが新車でやっていること、つまりこれらの新開発が、実際に大幅なダウンフォースやハンドリング特性の向上をもたらすと、データが示しているはずだ。そうでなければ、レッドブルはそれをやらなかっただろうからね」

「近年、彼らは常に革新的で、ベンチマークとなるチームだった。その点で、私は彼らが自分たちのしていることを理解していたと確信している」

 レッドブルの姉妹チームであるビザ・キャッシュアップRBのテクニカルディレクターであるジョディ・エギントンは、レッドブルがこうした大胆なステップを踏んだことに驚いたと認めた。

「彼らの昨年のクルマはとても良かった」

「彼らがアドバンテージを維持したかったのは明らかだ。でも、メルセデスもかなりアグレッシブだったと思うし、フェラーリもある部分ではそうだった」

「一方で驚きだったよ。レッドブルは昨年、みんなに素晴らしいベンチマークを示した。彼らは、自分たちがやっていることをみんながよく見ていることを予期していたはずだ」

「そして彼らは、『よし、俺たちがやっていたことを見てみろ。そして、これが我々の目指すところだ!』と言ったんだ」

「それは素晴らしいことだと思う。我々のチームのエンジニアやデザイナーの注目を集めたのは確かだし、他のチームもそうだろう」

関連タグ

こんな記事も読まれています

トラック業界に蔓延する「買い叩き」 下請法運用基準の見直しより、もはや「高額罰金」しかないのか?
トラック業界に蔓延する「買い叩き」 下請法運用基準の見直しより、もはや「高額罰金」しかないのか?
Merkmal
ホンダ「モンキー125」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「モンキー125」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
F1モナコGP FP2:ホームレースのルクレールが初日最速。ハミルトンとアロンソが続き、トップ5に5チームが入る
F1モナコGP FP2:ホームレースのルクレールが初日最速。ハミルトンとアロンソが続き、トップ5に5チームが入る
AUTOSPORT web
今じゃとても無理! パリの街中をクルマ2台がダンス! FFジェミニ「街の遊撃手」が懐かしい!
今じゃとても無理! パリの街中をクルマ2台がダンス! FFジェミニ「街の遊撃手」が懐かしい!
ベストカーWeb
これは広すぎ! フルフラットスペースが車外に飛び出すトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
これは広すぎ! フルフラットスペースが車外に飛び出すトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
愛車を水没させたラリースト新井大輝が協力! 5月25日(土)はこだま防災フェスへGO!
愛車を水没させたラリースト新井大輝が協力! 5月25日(土)はこだま防災フェスへGO!
ベストカーWeb
ランクルやアルファードオーナーは要注意!! 2023年車両盗難ワーストナンバーワンの都道府県は[千葉県]! でもなぜ千葉県が多いのか? 
ランクルやアルファードオーナーは要注意!! 2023年車両盗難ワーストナンバーワンの都道府県は[千葉県]! でもなぜ千葉県が多いのか? 
ベストカーWeb
考え方はもはやルーミー!? 最終ビスタの内装がよすぎるゾ!! 今ならもうちょい売れそうじゃない!?
考え方はもはやルーミー!? 最終ビスタの内装がよすぎるゾ!! 今ならもうちょい売れそうじゃない!?
ベストカーWeb
引退表明のA.エスパルガロがトップ。午後はアプリリア、KTMがトップ3に/第6戦カタルーニャGP
引退表明のA.エスパルガロがトップ。午後はアプリリア、KTMがトップ3に/第6戦カタルーニャGP
AUTOSPORT web
参戦4年目のフェルシュフォーが初ポール獲得。宮田莉朋は満足なアタックできず/FIA F2第5戦予選
参戦4年目のフェルシュフォーが初ポール獲得。宮田莉朋は満足なアタックできず/FIA F2第5戦予選
AUTOSPORT web
ええ、保険対象外なの!? ってことも多々…便利で割安なネット保険に落とし穴も
ええ、保険対象外なの!? ってことも多々…便利で割安なネット保険に落とし穴も
ベストカーWeb
角田裕毅、予想よりも厳しい予選……それでもモナコで8番グリッド確保「ミスが許されないからプレッシャーを感じたけど、それを楽しんだ」
角田裕毅、予想よりも厳しい予選……それでもモナコで8番グリッド確保「ミスが許されないからプレッシャーを感じたけど、それを楽しんだ」
motorsport.com 日本版
SUBARUサンバーを快走仕様!「誰もやらないスピーカー修復」4
SUBARUサンバーを快走仕様!「誰もやらないスピーカー修復」4
グーネット
F1モナコGP FP1:わずかに雨が降るも、ドライでハミルトンがトップタイム。RBは角田8番手、リカルド9番手
F1モナコGP FP1:わずかに雨が降るも、ドライでハミルトンがトップタイム。RBは角田8番手、リカルド9番手
AUTOSPORT web
スーパー耐久第2戦富士SUPER TEC 24時間に向けENEOSグリーン電力証書の契約を締結
スーパー耐久第2戦富士SUPER TEC 24時間に向けENEOSグリーン電力証書の契約を締結
AUTOSPORT web
時速180kmなんて出すとこないでしょ! なんで日本車のリミッターは時速180kmなのよ?
時速180kmなんて出すとこないでしょ! なんで日本車のリミッターは時速180kmなのよ?
ベストカーWeb
3度目の正直なるか? ルクレール、母国でポールポールポジション獲得! ピアストリが2番手……角田裕毅8番手から入賞狙う|F1モナコGP予選
3度目の正直なるか? ルクレール、母国でポールポールポジション獲得! ピアストリが2番手……角田裕毅8番手から入賞狙う|F1モナコGP予選
motorsport.com 日本版
スーパー耐久富士24時間を楽しむ中嶋一貴「自分としてもありがたい機会」20年ぶりのスーツ姿も
スーパー耐久富士24時間を楽しむ中嶋一貴「自分としてもありがたい機会」20年ぶりのスーツ姿も
AUTOSPORT web

みんなのコメント

2件
  • min********
    レッドブルは話題作りの車を作らない。
    「その本当の秘密は見えないところにあると言う。」
    そうですね。メルセデスが解決できなかった何かがあるんでしょうね。
  • yos********
    2024年のチャンピオンシップは戦わずしてレッドブルが勝利を決めたようなもの。今のF1界にエイドリアンしかまともなデザイナーがいないのが残念。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村