サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデス、タイトル争いに”白旗”。しかし2023年に向け今季F1マシンの開発続行「今は学ぶことが大事」

ここから本文です

 F1コンストラクターズタイトル8連覇中のメルセデスは今季、グラウンドエフェクトカーの復活と共にトップグループから転落。今季のマシン『W13』が”根本的な”原因を抱えていることで、ここまで勝利には手が届いていない。

 しかしチーム代表のトト・ウルフは、現時点でW13の開発を諦め、来季の『W14』に向けて開発リソースを集中させるのは時期尚早だと考えている。

■F1分析|レッドブル6連勝も、これまでにはない辛勝? フェラーリに逆襲開始の兆しが見えた

 ドライバーのルイス・ハミルトンは、第9戦カナダGPの初日に試験的なフロアを投入したり、アグレッシブなセットアップに変更したりと試行錯誤を繰り返したものの、「何も上手くいかない」と嘆いた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン