現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 米国運輸省道路交通安全局、ホンダCR-Vとアコードの衝突被害軽減ブレーキを調査

ここから本文です
米国運輸省道路交通安全局、ホンダCR-Vとアコードの衝突被害軽減ブレーキを調査
写真を全て見る(1枚)

 米運輸省道路交通安全局(NHTSA)は17日、米国で販売したホンダの「CR―V」(2017~22年式)と「アコード」(18~22年式)を対象に衝突被害軽減ブレーキの調査を始めたと発表した。対象は約300万台にのぼる。前方に障害物がなくても衝突被害軽減ブレーキが作動する可能性があるという。

 NHTSAは市場からの不具合報告を受け、22年2月に19年型までの計170万台を対象に調査していた。今回、調査対象を22年型にまで広げるとともに、調査内容を厳格化したという。

記事全文を読む

関連タグ

こんな記事も読まれています

ダイハツ、「ロッキー/ライズ」のHV 7月17日以降に生産・出荷を再開
ダイハツ、「ロッキー/ライズ」のHV 7月17日以降に生産・出荷を再開
日刊自動車新聞
ホンダ ZR-V&N-BOX 自動車アセスメントで「ファイブスター賞」獲得【動画あり】
ホンダ ZR-V&N-BOX 自動車アセスメントで「ファイブスター賞」獲得【動画あり】
グーネット
ホンダ、今後の電動車投入計画を発表 EV「ゼロ」シリーズは2026年からグローバルで7モデル投入
ホンダ、今後の電動車投入計画を発表 EV「ゼロ」シリーズは2026年からグローバルで7モデル投入
日刊自動車新聞
ホンダ、2030年度までの10年間で10兆円投資 電動化やソフト領域の強化でEVで稼ぐ事業構造へ
ホンダ、2030年度までの10年間で10兆円投資 電動化やソフト領域の強化でEVで稼ぐ事業構造へ
日刊自動車新聞
KINTO、BRZやレヴォーグなどスバル8車種の販売開始 インプレッサで月々2万8380円から
KINTO、BRZやレヴォーグなどスバル8車種の販売開始 インプレッサで月々2万8380円から
日刊自動車新聞
BYD、メキシコでピックアップトラック「シャーク」発売 米国輸出を視野に生産拠点も検討
BYD、メキシコでピックアップトラック「シャーク」発売 米国輸出を視野に生産拠点も検討
日刊自動車新聞
日野、中型観光バス「メルファ」を一部改良 バックカメラとモニターを標準装備
日野、中型観光バス「メルファ」を一部改良 バックカメラとモニターを標準装備
日刊自動車新聞
ホンダが先進安全装備削るってマジかよ!! [シエンタ]は全グレードで選べるのに[新型フリード]は上級グレードだけの残念!!
ホンダが先進安全装備削るってマジかよ!! [シエンタ]は全グレードで選べるのに[新型フリード]は上級グレードだけの残念!!
ベストカーWeb
2024年4月の中古車登録・届け出台数、前年比4.2%増の54万648台 2カ月ぶりプラス
2024年4月の中古車登録・届け出台数、前年比4.2%増の54万648台 2カ月ぶりプラス
日刊自動車新聞
日産、キャラバンの一部仕様変更 一部グレードにバックモニターを採用 新色も追加
日産、キャラバンの一部仕様変更 一部グレードにバックモニターを採用 新色も追加
日刊自動車新聞
雨の日の首都高、死傷事故「4倍」の衝撃。 いつもなら曲がれたんだっ!……と嘆く前に気を付けるべきことは?
雨の日の首都高、死傷事故「4倍」の衝撃。 いつもなら曲がれたんだっ!……と嘆く前に気を付けるべきことは?
くるくら
軽自動車は普通車よりも事故ると危ない……は本当? いまどき軽の安全性能のホント
軽自動車は普通車よりも事故ると危ない……は本当? いまどき軽の安全性能のホント
WEB CARTOP
【2024年】自動運転・運転支援機能の満足度調査。車線維持支援システムの意外な不満とは?
【2024年】自動運転・運転支援機能の満足度調査。車線維持支援システムの意外な不満とは?
グーネット
後部座席でもシートベルト非着用は危険! 一般道路での着用率はたったの4割。
後部座席でもシートベルト非着用は危険! 一般道路での着用率はたったの4割。
くるくら
アクアラインで不幸な事故発生……運転手が意識を失ったときに同乗者ができることは?
アクアラインで不幸な事故発生……運転手が意識を失ったときに同乗者ができることは?
ベストカーWeb
三菱自動車、タイ石油公社とEV関連で協業検討 タイの電動車ビジネス拡大へ
三菱自動車、タイ石油公社とEV関連で協業検討 タイの電動車ビジネス拡大へ
日刊自動車新聞
ホンダ、ビックカメラやENEOSとEV自宅充電の支援サービス開始 N-VAN e:向けに
ホンダ、ビックカメラやENEOSとEV自宅充電の支援サービス開始 N-VAN e:向けに
日刊自動車新聞
ファインシンター、インドネシアで不適切な会計処理の疑い 3億円を過大計上
ファインシンター、インドネシアで不適切な会計処理の疑い 3億円を過大計上
日刊自動車新聞

みんなのコメント

2件
  • 葛葉恭次
    前方に障害物がなくても衝突被害軽減ブレーキが作動する可能性があるという。

    まあ前方に極めて資産価値の高いホテルがあるのにノーブレーキで猪突猛進なサイバ○トラックよりはマシやな。
  • ********
    2876件の報告が有って、93件の実害が有ったらしい。
    突然フルブレーキングされたらたまったもんじゃない。
    怪我するわ〜w
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村