サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜクルマごとに自動車保険料が違うのか 軽も2020年から3段階に、保険料率の基準とは

ここから本文です

同じクルマに乗る「ユーザー属性」も反映される

 自動車保険の保険料算出基準が、2020年1月から大きく見直されます。

採用減る「センターメーター」は何だったのか クルマづくりにもたらす意義とは

 現在、普通および小型自家用車(3、5、7ナンバー)における自動車保険料の算定には、損害保険各社でつくる損害保険料率算出機構(損保料率機構)が定める「型式別料率クラス」が基準のひとつとして適用されています。対人および対物賠償責任保険、搭乗者傷害保険、車両保険の保険料率について、そのクルマに応じてそれぞれの事故リスクを1 9段階で評価するもの。車種ごとではなく型式ごとに定められているため、同じ車種でも年式やモデルによって異なってきます。

おすすめのニュース

サイトトップへ