サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 特別交流戦:レース1はKeePerキャシディが完勝。DTM勢はトレルイエが6位食い込む

ここから本文です
 ついに実現した『AUTOBACS 45th Anniversary presents SUPER GT X DTM 特別交流戦』の“DREAM RACE”、富士スピードウェイでの決勝レース1が11月23日(土)に開催され、ポールポジションからスタートした2017年GT500クラスチャンピオン、KeePer TOM’S LC500のニック・キャシディが、55分+1ラップのDTMフォーマット戦でポール・トゥ・ウィンを飾った。DTM陣営最上位は6位に入ったブノワ・トレルイエ(Audi Sport Japan RS5 DTM)だった。

おすすめのニュース

サイトトップへ