サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル・ホンダ密着:トラックリミット違反により、獲れるはずだったポールを逃した予選。終盤の渋滞も影響か

ここから本文です

 第3戦ポルトガルGPの予選後、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)は近寄るテレビカメラを遮るなど、珍しく怒りを露わにしていた。そこには、獲れるはずだったポールポジションを逃したことへの大きな失望感がにじみ出ていた。

 今回の予選で、フェルスタッペンがポールポジションを逃した理由は、3つ考えられる。

ホンダ勢は2列目から勝利を狙う。田辺TD、14番グリッドの角田に「アグレッシブな走りを期待」/F1第3戦予選

 ひとつは、Q3の最後のアタックでメルセデスがミディアムタイヤを選択したのに対して、レッドブル・ホンダはソフトタイヤのままだったことだ。じつはこのタイヤ戦略は、昨年のポルトガルGPでもメルセデスが行っていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン