サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【カローラがまさかの販売首位奪還!!】「昭和の車」 が根強く支持される理由

ここから本文です

「昭和の車」が意外な健闘ぶりを見せている。

 現在、日本で売れている車といえば、トヨタのプリウスやシエンタ、そして日産のノートなど、平成以降に誕生したモデルばかりだ。

【ご祝儀相場? それとも実力?】新型カローラ2万台受注の裏側と気になる売れ筋

 そうしたなか、2019年9月17日に発売された新型カローラは発売後1ヵ月で約2万2000台を受注。

 そして、昨日11月7日に自動車販売協会連合会(自販連)が発表した10月の販売台数ランキングでは、シリーズ合計台数ながら、なんと登録車1位を奪還! 11年ぶりにカローラが販売No.1に返り咲いた。

おすすめのニュース

サイトトップへ