現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アストンマーティン新型「ヴァンテージ」は665馬力2690万円から!「One-77」からインスピレーションを得た最新モデルとは

ここから本文です

アストンマーティン新型「ヴァンテージ」は665馬力2690万円から!「One-77」からインスピレーションを得た最新モデルとは

掲載
アストンマーティン新型「ヴァンテージ」は665馬力2690万円から!「One-77」からインスピレーションを得た最新モデルとは

フルモデルチェンジしたヴァンテージ

「ヴァンテージ」がアストンマーティン史上最速を誇るロードゴーイングモデルとしてフルモデルチェンジしました。イギリス本国での発表会の翌日、2024年2月13日に東京で開催されたジャパン・プレミアで明らかにされた新型ヴァンテージの詳細をお伝えします。

「ボンドカー」の自爆スイッチもそのまま! アストンマーティン「V8 リビング デイライツ」が2億円オーバーで売出中です

アストンマーティン史上最速を誇る

1950年に誕生したアストンマーティン「DB2」の高性能バージョンとして、2.6Lの直列6気筒エンジンを125psの最高出力で搭載した「ヴァンテージ」が追加設定されたのは、翌1951年のことだった。その後もヴァンテージの称号はアストンマーティンにとって特別なものであり続け、1961年にデビューした「DB4」のシリーズ4には、最高出力が266psという3.7Lの直列6気筒エンジンがオプション設定されるとともに、「DB4ヴァンテージ」と呼ばれ、また1964年にはDB5に314psの4Lエンジンを搭載した「DB5ヴァンテージ」も登場。その伝統は「DB6」、そして「V8ヴァンテージ」などに受け継がれていった。

フルモデルチェンジを受け、ハンドメイドされた4LのV型8気筒ツインターボエンジンを搭載する新型ヴァンテージは、もちろんアストンマーティン史上最速を誇るロードゴーイングモデルだ。ターボの大型化やカムプロファイルの変更などにより、前作からさらに得たエクストラは155psと115Nm。じっさいの最高出力と最大トルクは、665ps/800Nmというスペックを誇ると同時に、これまで以上にシャープでドライバーの感情に訴えかけるサウンドを奏でる、特徴あるエンジンに仕上げられているという。エンジンの冷却システムも再設計され、さらにその冷却効率が高まっている点にも注目したい。

組み合わされるトランスミッションは前作と同様に8速ATのままだが、最終減速比をショート化(3.083)したことと、シフト制御を見直したことで、その加速力はさらにダイナミックなものに進化しているという。参考までに、0-100km/h加速は3.5秒。8速ATはデファレンシャルとともにリアにレイアウトされるトランスアクスル方式を採用しているため、前後の重量配分は50:50と理想的な比率を得ることが可能になった。アストンマーティンがすでに長い伝統とする押し出し接着法によるアルミニウム製のボディ構造、そして複合素材パネルによるボディを採用したことで1605kgの乾燥重量を実現したことも、この運動性能を可能にした大きな理由といえる。

パワーとともにエレガントさが秘められたデザイン

新型ヴァンテージで、誰よりも効率的なスタートを切ることはとても容易だ。新たに装備されたローンチコントロール・システムは、パワーユニットはもちろんのこと、エレクトロニックスタビリティプログラム(ESP)とも連携。後輪のホイールスピンを最小限に抑えるためにトルク・コントロールはもちろんのこと、ESPやEデフなど、あらゆるデバイスがそれをサポートしてくれる。

サスペンションはフロントにダブルウィッシュボーン、リアにマルチリンクを採用。スカイフック・テクノロジー付きのアダプティブ・ダンピング・システム、インテリジェント・アダプティブ・ダンパーがそれに備えられている。前後のタイヤは21インチ径となり、サマータイヤはヴァンテージ専用の「ミシュラン・パイロット・スポーツ S5 AML」でサイズは前275/35ZR21、後325/30ZR21が設定されている。

そして新型ヴァンテージの魅力を語るのに欠かせないのは、やはりエクステリアとインテリアのデザインだろう。フロントではまず、グリルの大きさがさらに拡大されたことと、マトリクスLEDランプの採用が大きな特徴。じっさいグリルの開口面積は38%も拡大されており、エアフローは最大で29%も増加しているというから、これはただのデザイン上の演出ではないのだ。前後のホイールアーチは見るからにダイナミックなデザイン。リアセクションもじつにスポーティな仕上がりを見せている。

デザイナーのマレク・ライヒマンによれば、あの「One-77」からもインスピレーションを得たという新型ヴァンテージ。たしかにその姿を見ただけで、このクルマにはパワーとともにエレガントさが秘められていることが理解できる。

イギリス本国での発表会の翌日、東京で開催されたジャパン・プレミアで明らかにされた新型ヴァンテージの価格は2690万円(消費税込)から。デリバリーは2024年の第2四半期以降に開始されるという。

こんな記事も読まれています

約2億2000万円まで高騰したフェラーリ「812コンペティツィオーネ」は、走行わずか90キロ! 999台限定の究極の跳ね馬とは
約2億2000万円まで高騰したフェラーリ「812コンペティツィオーネ」は、走行わずか90キロ! 999台限定の究極の跳ね馬とは
Auto Messe Web
マクラーレンは新型GTSでもツインターボV8にこだわる 635馬力のGT後継モデル 新型GTSの全情報!
マクラーレンは新型GTSでもツインターボV8にこだわる 635馬力のGT後継モデル 新型GTSの全情報!
AutoBild Japan
3700万円でも売れないランボルギーニ「ムルシエラゴLP640-4ロードスター」は今が狙い目! 腐っても闘牛のフラッグシップです
3700万円でも売れないランボルギーニ「ムルシエラゴLP640-4ロードスター」は今が狙い目! 腐っても闘牛のフラッグシップです
Auto Messe Web
メルセデスAMG、新機軸満載の新型『GTクーペ』導入。四輪駆動化と2+2のレイアウトも実現
メルセデスAMG、新機軸満載の新型『GTクーペ』導入。四輪駆動化と2+2のレイアウトも実現
AUTOSPORT web
大幅改良を図ったアウディS3が本国デビュー。最高出力は333ps、最大トルクは420Nmへとアップ
大幅改良を図ったアウディS3が本国デビュー。最高出力は333ps、最大トルクは420Nmへとアップ
カー・アンド・ドライバー
最初期のBMW初代「M3」が2400万円オーバー!「スポエボ」でなくとも高額だった理由はオリジナル度の高さにありました
最初期のBMW初代「M3」が2400万円オーバー!「スポエボ」でなくとも高額だった理由はオリジナル度の高さにありました
Auto Messe Web
【リアシート設定で更に911の対抗馬へ?】 新型メルセデスAMG GTクーペ 4LのV8ツインターボで武装
【リアシート設定で更に911の対抗馬へ?】 新型メルセデスAMG GTクーペ 4LのV8ツインターボで武装
AUTOCAR JAPAN
アウディ新型「S3」世界初公開! 高性能スポーツバック/セダンは23馬力アップの333馬力に出力向上
アウディ新型「S3」世界初公開! 高性能スポーツバック/セダンは23馬力アップの333馬力に出力向上
VAGUE
メルセデスAMGからGT63の弟分登場!新型「メルセデスAMG GT43 クーペ」のすべての情報をお届け!
メルセデスAMGからGT63の弟分登場!新型「メルセデスAMG GT43 クーペ」のすべての情報をお届け!
AutoBild Japan
アウディ スタイリングとスポーティネスに磨きをかけた新型S3を発表
アウディ スタイリングとスポーティネスに磨きをかけた新型S3を発表
Auto Prove
BMWの258馬力・直4ターボエンジンを搭載、モーガン『プラス4』に改良新型
BMWの258馬力・直4ターボエンジンを搭載、モーガン『プラス4』に改良新型
レスポンス
2.0Lターボで333馬力! 性能大幅アップ、アウディ改良新型「S3」公開 トルクスプリッター採用
2.0Lターボで333馬力! 性能大幅アップ、アウディ改良新型「S3」公開 トルクスプリッター採用
AUTOCAR JAPAN
約3500万円! 日産が新型「GT-R NISMO」実車公開! 新デザイン採用で「圧倒的存在感」の“最強仕様”! 進化し続ける「究極モデル」NYに展示
約3500万円! 日産が新型「GT-R NISMO」実車公開! 新デザイン採用で「圧倒的存在感」の“最強仕様”! 進化し続ける「究極モデル」NYに展示
くるまのニュース
BMW初代「M3」が2880万円! 高額の理由は786台しか製造されなかった貴重な「M3カブリオレ」だったからでした
BMW初代「M3」が2880万円! 高額の理由は786台しか製造されなかった貴重な「M3カブリオレ」だったからでした
Auto Messe Web
約5500万円! ホンダ「NSX-R GT」が予想以上の落札価格。スプーンがレース参戦20周年を記念して製作したマシンでした
約5500万円! ホンダ「NSX-R GT」が予想以上の落札価格。スプーンがレース参戦20周年を記念して製作したマシンでした
Auto Messe Web
2+2仕様を新設定した新型メルセデスAMG GTクーペが日本デビュー
2+2仕様を新設定した新型メルセデスAMG GTクーペが日本デビュー
カー・アンド・ドライバー
「ランボルギーニアリーナ」を祝して「アド・ペルソナム」で作った「レヴエルト」の世界に1台だけの特別な仕様とは?
「ランボルギーニアリーナ」を祝して「アド・ペルソナム」で作った「レヴエルト」の世界に1台だけの特別な仕様とは?
Auto Messe Web
BMW5シリーズ 詳細データテスト 強心臓と洗練されたサスペンションを兼備 車体は大きくなりすぎ
BMW5シリーズ 詳細データテスト 強心臓と洗練されたサスペンションを兼備 車体は大きくなりすぎ
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

364.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

88.0440.0万円

中古車を検索
155の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

364.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

88.0440.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村