サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 日本郵便/ヤマト運輸 EVの配送トラック導入のワケ 商用車なら「もと取れる」か

ここから本文です

日本郵便に続き、ヤマト運輸もEV導入へ

text:Kenji Momota(桃田健史)

【画像】詳細 ヤマト運輸のEVトラック 全23枚

「なぜ、このタイミングで一気にEV導入なのか?」

日本の郵便事業や宅配事業でEV導入が相次いで決まった。

まず、日本郵便が11月13日、「2020年度末までに郵便物や荷物の配送用として1200台のEVを導入する」と発表した。

車両は、三菱自動車のミニキャブ・ミーブ・バン。導入するエリアは、東京などの大都市圏を中心として、まずは2019年度中に400台、翌2020年度には800台を追加して合計1200台とする計画だ。