サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 人気なのは日本だけじゃない! ボルボの世界販売が6年連続で過去最高を記録

ここから本文です

人気なのは日本だけじゃない! ボルボの世界販売が6年連続で過去最高を記録

■93年の歴史ではじめて販売台数70万台を突破

 ボルボ・カーズは、2019年(1月から12月)の世界販売台数を発表しました。

ボルボの新型SUV「XC40」がリアルに凄い! 全てに完璧を求めるボルボの自信作

 これによると、6年連続で過去最高記録を更新、93年前の創業(1927年)以来、はじめて70万台を達成し、2019年の年間販売台数は70万5452台(前年比9.8%増)となりました。

 ボルボはSUVモデルを主力製品に据えることで、中国/アメリカ/ヨーロッパでシェアを伸ばしました。

 また、電動化モデルも登録台数/受注台数ともに伸ばしています。プラグインハイブリッド(PHEV)モデルの世界販売台数は2017年から倍増、2018年を22.9%上回る4万5933台を記録しています。

 ボルボ・カーズの代表取締役社長兼CEOのホーカン・サムエルソンは以下のようにコメントしました。

「2020年からスタートする充電可能なモデルラインナップ『Recharge(リチャージ)』の展開でも、この好調な流れを維持していきます」

※ ※ ※

 2019年は、2018年の過去最高販売台数である64万2253台を11月末の段階で上回り、さらに12月には前年同期を23.4%上回る過去最高の月間販売台数である7万4239台を記録しています。

 中国では、前年比18.7%増の15万4961台を売り上げました。これにより、国別の年間販売台数でも中国がナンバーワンになっています。

 アメリカでは、2007年以来初の10万台超えとなる10万8234台を達成、前年を10.1%上回りました。

 ヨーロッパでは、ドイツの販売台数が史上初の5万台超えになっています。イギリスでも1990年以来の高い販売台数を記録しました。

 またオーストラリア/ベルギー/ブラジル/チェコ/ハンガリー/韓国/ポーランド/ポルトガルの市場で販売記録が更新されています。

 モデル別販売台数では、SUVの「XC60」がトップで、次いで「XC40」、「XC90」となりました。さらに中国やヨーロッパでは、90/60シリーズのセダンやエステートも販売台数拡大に貢献しました。

 2020年は「Recharge」ラインナップの本格展開が世界的にスタートします。これにより、電気自動車またはプラグインハイブリッドパワートレインが搭載された充電可能なすべてのボルボモデルに、「Recharge」という名称が与えられます。ボルボ・カーズは、2020年のプラグインハイブリッド車の販売台数を、全販売台数の20%まで伸ばすことを目標としています。

 コンパクトSUVのXC40をはじめ、60シリーズからフラッグシップSUVであるXC90に至るまで、全車種に「Recharge」モデルを用意します。全車種へのプラグインモデルの導入は、自動車メーカーとしては史上初の取り組みになり、ボルボ・カーズ初の電気自動車「XC40 Recharge P8」も登場します。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します