現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > かつて輸入車には日本法人なんてなかった! オヤジ世代憧れの「ヤナセ」「ミツワ」って何?

ここから本文です
かつて輸入車には日本法人なんてなかった! オヤジ世代憧れの「ヤナセ」「ミツワ」って何?
写真を全て見る(4枚)

 この記事をまとめると

■現在は大手輸入車販売店というイメージのヤナセ

ライバルメーカーの「フェラーリとランボ」「メルセデスとBMW」を同じ会社が販売! 高級車でお馴染みのコーンズとヤナセって何もの

■中高年世代にとってのヤナセといえばそれはベンツ、もしくはフォルクスワーゲンであった

■ポルシェの総代理店であったミツワ自動車も輸入車業界では老舗であったが、現在は自動車関連事業は終了している

 輸入車業界では老舗中の老舗

「ヤナセの歴史、それは日本の輸入車の歴史です」。ヤナセのホームページの「ヤナセの歴史」の最初に、そう記述されている。

 いまの若い世代にとっては、ヤナセは大手の輸入車販売店というイメージがあるだろう。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

もう新興国生産の日本車がダメなんて時代は終わった! オデッセイの品質の高さにWR-Vにも期待しかない
もう新興国生産の日本車がダメなんて時代は終わった! オデッセイの品質の高さにWR-Vにも期待しかない
WEB CARTOP
クルマ好きの大好物「リヤ駆動+MT」が絶滅寸前で中古は高嶺の花! それでもいまならまだ安い「穴場モデル」4台
クルマ好きの大好物「リヤ駆動+MT」が絶滅寸前で中古は高嶺の花! それでもいまならまだ安い「穴場モデル」4台
WEB CARTOP
単に価格勝負で日本市場を狙っていない! BYDの侮れないブランド戦略とは
単に価格勝負で日本市場を狙っていない! BYDの侮れないブランド戦略とは
WEB CARTOP
ダイハツは軽に集中! 開発期間が伸びても信頼できるクルマを! ダイハツが記者会見で語った復活への茨の道
ダイハツは軽に集中! 開発期間が伸びても信頼できるクルマを! ダイハツが記者会見で語った復活への茨の道
WEB CARTOP
クルマを買ったら「ダサいステッカー」だらけで剥がしたい! 「剥がすとNG」なものもあれば「貼りっぱなしがNG」なものもあった
クルマを買ったら「ダサいステッカー」だらけで剥がしたい! 「剥がすとNG」なものもあれば「貼りっぱなしがNG」なものもあった
WEB CARTOP
トヨタ2000GTに見た目も名前もソックリなオペル1900GT! でもこんな横回転式ヘッドライトは唯一無二!!
トヨタ2000GTに見た目も名前もソックリなオペル1900GT! でもこんな横回転式ヘッドライトは唯一無二!!
WEB CARTOP
注文したクルマの納期が長すぎてほかに目移り……ってキャンセルできる? 自動車公正取引協議会の見解と販売店の本音
注文したクルマの納期が長すぎてほかに目移り……ってキャンセルできる? 自動車公正取引協議会の見解と販売店の本音
WEB CARTOP
そんなに大きな改良じゃないのに「価格アップ」するいまどきの新車! 加えて「値引き」も渋い裏には苦しいメーカーの事情があった
そんなに大きな改良じゃないのに「価格アップ」するいまどきの新車! 加えて「値引き」も渋い裏には苦しいメーカーの事情があった
WEB CARTOP
あのギザギザが使いやすかった! メルセデスを皮切りに軽自動車まで広がった「ゲート式シフト」が消えたワケ
あのギザギザが使いやすかった! メルセデスを皮切りに軽自動車まで広がった「ゲート式シフト」が消えたワケ
WEB CARTOP
いま新車の「値引き」はかなり厳しい! それでも好条件を引き出すには「駆け引き」よりも「正直さ」が有効だった
いま新車の「値引き」はかなり厳しい! それでも好条件を引き出すには「駆け引き」よりも「正直さ」が有効だった
WEB CARTOP
やっぱり上級ミニバンはもはや消滅したV6エンジンだろ! たとえ燃費が悪くてもHVや直4じゃ味わえない魅力を知ってくれ
やっぱり上級ミニバンはもはや消滅したV6エンジンだろ! たとえ燃費が悪くてもHVや直4じゃ味わえない魅力を知ってくれ
WEB CARTOP
ポルシェ911の中古が450万円!! 輸入車の不安材料「メンテ」は大変なのか? 中古高級輸入クーペ&オープンモデル9選
ポルシェ911の中古が450万円!! 輸入車の不安材料「メンテ」は大変なのか? 中古高級輸入クーペ&オープンモデル9選
ベストカーWeb
【試乗】輸入MPV2車の走りを比較! 乗用車的カングーに対してドブロはどこか商用車的な乗り味
【試乗】輸入MPV2車の走りを比較! 乗用車的カングーに対してドブロはどこか商用車的な乗り味
WEB CARTOP
どうにかして! 日本のネオクラシックカーが絶滅危機! 13年超の税金割増しもあって日本の貴重なクルマは海外大流出中!!
どうにかして! 日本のネオクラシックカーが絶滅危機! 13年超の税金割増しもあって日本の貴重なクルマは海外大流出中!!
ベストカーWeb
激安中古の初代カイエンを買うのはアリ!? 中古高級SUVはRAV4並の価格で狙える!! 400万円前後で狙える輸入車SUV8選
激安中古の初代カイエンを買うのはアリ!? 中古高級SUVはRAV4並の価格で狙える!! 400万円前後で狙える輸入車SUV8選
ベストカーWeb
「くうねるあそぶ。」のキャッチコピーは衝撃だった! いまでも高値で取引される「日産セフィーロ」はドリフト好きからも熱視線
「くうねるあそぶ。」のキャッチコピーは衝撃だった! いまでも高値で取引される「日産セフィーロ」はドリフト好きからも熱視線
WEB CARTOP
「ほらEV減速したじゃん!」と色めき立つクルマ好きはちょっと待て! EVもHVもエンジン車も正しく評価できる視点の重要性
「ほらEV減速したじゃん!」と色めき立つクルマ好きはちょっと待て! EVもHVもエンジン車も正しく評価できる視点の重要性
WEB CARTOP
車検証にもカタログにも重さが2つ書いてあるのはナゼ? クルマの「車両重量」と「車両総重量」の違いとは
車検証にもカタログにも重さが2つ書いてあるのはナゼ? クルマの「車両重量」と「車両総重量」の違いとは
WEB CARTOP

みんなのコメント

23件
  • rvu********
    いまだに外車=高級というイメージの日本人が一定数いるのもヤナセの営業力の賜物だよね。
  • dar********
    海外のメーカーが日本法人を作って直接日本の市場に参入するようになったのは1981年のBMWが初めてです。その前はバルコムと言う代理店を通して販売していたが自社で直接やる事にした。設立当初の販売目標は「5年後に年間1万台」だったがそれまでの年間販売台数は2000台だったので業界関係者の間では「無理ではないか」と言う声が多かった。しかし価格を300万円に抑えた3シリーズが大ヒットして3年で年間1万台を達成したので他の海外メーカーも日本法人を作って直接販売するようになって行った。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村