サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ニッサン、フォーミュラEドライバーのパフォーマンス向上を目指し脳機能研究プログラムを開始

ここから本文です
 7月14日、日産自動車は現在参戦しているABBフォーミュラEのドライバーふたりを対象として、脳機能および脳構造の研究をもとにトレーニングを開発する『ブレイン・トゥ・パフォーマンス』という革新的なプログラムを開始したと発表した。

 今季のABBフォーミュラEにセバスチャン・ブエミとオリバー・ローランドのふたりを擁し参戦しているニッサン。そのふたりを対象に、『ブレイン・トゥ・パフォーマンス』と名付けられた脳機能を研究し、パフォーマンスアップを目指すプログラムが行われることになった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン