現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1、FIA、エクストリームHが水素ワーキンググループ結成へ「モータースポーツには短時間で新技術を広める伝統がある」

ここから本文です

F1、FIA、エクストリームHが水素ワーキンググループ結成へ「モータースポーツには短時間で新技術を広める伝統がある」

掲載
F1、FIA、エクストリームHが水素ワーキンググループ結成へ「モータースポーツには短時間で新技術を広める伝統がある」

 2025年から、F1とFIA、エクストリームHの3団体が、共同で水素ワーキンググループを結成すると発表した。

 エクストリームHは、電動SUVによるオフロードレースを展開するエクストリームEの姉妹シリーズ。FIAと共に2025年から、水素を動力源としたSUVによるオフロードレースとして発足することとなっている。2024年初頭からの包括的なテストプログラム開始に先立ち、彼らは今年末までに水素SUVの全速力でのシェイクダウン走行を予定している。

■空気と水さえあれば、ガソリンと同じような燃料が作れる……ホンダF1で加速する、未来への技術”カーボンニュートラル燃料”の開発

 今回発表された水素ワーキンググループは、バッテリーシステムと燃料電池の両方を含む水素技術をモータースポーツ全体でどのように活用できるかを研究し、輸送とインフラにおける持続可能性を高めることに重点を置いている。

 このワーキンググループには、F1の代表としてチーフテクニカルオフィサーのパット・シモンズ、FIAからはシングルシーター部門のディレクターを務めるニコラス・トンバジス、エクストリームHの代表者としてエクストリームEでテクニカルディレクターを務めるマーク・グレインが参加する。

 シモンズはワーキンググループ結成の発表に際して、次のように語った。

「我々のスポーツは、信じられないほど短時間で新技術を世間に知らしめるという伝統を持っている」

「我々はあらゆる解決策にオープンマインドで臨み、分野横断的なエンジニアリングを採用することでそれを実現する」

「気候変動の抑制が全ての人の頭の片隅にある今、我々は持続可能性の推進に取り組み、モビリティ業界における脱炭素化のあらゆる分野を探求する必要がある。これには持続可能な炭化水素燃料、電動、水素が含まれている」

「このワーキンググループは、我々が直接経験を積み、エクストリームHが取り入れる水素技術促進の様々な側面の理解と発展に貢献することを可能にするコラボレーションを実現する」

 また、FIAのトンバジスは次のように語った。

「FIA フォーミュラ1世界選手権と、2025年に開幕するFIAエクストリームH選手権を統括する団体として、この新たなコラボレーションを歓迎する」

「FIAの技術部門は、水素技術に関する経験とノウハウを持っており、我々はスポーツと安全、レギュレーションに関する専門知識と共に、このワーキンググループに参加することになる」

「現在、FIAモータースポーツのポートフォリオ全体がそうであるように、我々はこの協力関係から学んだことをスポーツとモビリティのために役立てたい」

 モータースポーツにおける水素技術という面では、ル・マン24時間レースと世界耐久選手権(WEC)を主催するACO(フランス西部自動車クラブ)は、水素を動力源とするプロトタイプクラスを予定から1年遅れの2027年に導入することを予定。既に水素燃料を使用したマシンでのレース経験を持つトヨタがこれに強い関心を示している。

 また、ダカールラリーや世界ラリー選手権(WRC)でも、同様に水素技術を競技へ持ち込む動きが出ている。

 ただ、先月motorsport.comの姉妹誌GP Racingに寄稿したシモンズは、水素燃料電池は多くの熱を発生させる一方で比較的低温で作動させる必要があるため、モータースポーツにおいては非効率的だと指摘した。そうした特性により、水素燃料電池車は大型のラジエターを備える必要がある。

「水素はレース用エンジンのエネルギー源として有効なのだろうか? 答えは間違いなくイエスだと思う。しかし、先進的な持続可能バイオ燃料とeフューエルの混合よりも優れたソリューションなのだろうか?」

 シモンズはそう記した。

「今後10年から20年の間に、輸送用燃料のインフラがどのように発展していくかに大きく左右されるから、この問いに答えるのは余計に難しい」

こんな記事も読まれています

免許の「更新講習」がオンライン化! 「ゴールド免許」以外でも対象、エリアは? 反響は? 24年末にエリア拡大へ
免許の「更新講習」がオンライン化! 「ゴールド免許」以外でも対象、エリアは? 反響は? 24年末にエリア拡大へ
くるまのニュース
お尻が痛い!バイクのシートを交換する方法とは
お尻が痛い!バイクのシートを交換する方法とは
バイクのニュース
アメリカで拡大目指すMotoGP、NASCARとの協力で『Win-Win』間違いない? トラックハウスの現役ドライバー期待
アメリカで拡大目指すMotoGP、NASCARとの協力で『Win-Win』間違いない? トラックハウスの現役ドライバー期待
motorsport.com 日本版
三菱ふそうが苦肉の策、工場の従業員を“出稼ぎ”でバスの運転手に[新聞ウォッチ]
三菱ふそうが苦肉の策、工場の従業員を“出稼ぎ”でバスの運転手に[新聞ウォッチ]
レスポンス
「美ら海水族館」直結のバイパス道路が実現へ!? 名護東道路「本部延伸」いよいよ概略ルート決定へ 那覇から”信号ゼロ”アクセス図る
「美ら海水族館」直結のバイパス道路が実現へ!? 名護東道路「本部延伸」いよいよ概略ルート決定へ 那覇から”信号ゼロ”アクセス図る
くるまのニュース
アプリリア「RSV4 Factory/トゥオーノV4 Factory」特別仕様車「SE-09 SBK」発表
アプリリア「RSV4 Factory/トゥオーノV4 Factory」特別仕様車「SE-09 SBK」発表
バイクのニュース
マツダの新型セダン、ティザー…間もなく中国で実車発表へ
マツダの新型セダン、ティザー…間もなく中国で実車発表へ
レスポンス
あっと驚く5000万円車もあった! かと思えば200万円台が最高のメーカーも! 日本車の各ブランド「最高額車」を調べてみた
あっと驚く5000万円車もあった! かと思えば200万円台が最高のメーカーも! 日本車の各ブランド「最高額車」を調べてみた
WEB CARTOP
アルファロメオが新型コンパクトクロスオーバーSUVを初公開。車名は「ミラノ」を予定していたが……
アルファロメオが新型コンパクトクロスオーバーSUVを初公開。車名は「ミラノ」を予定していたが……
カー・アンド・ドライバー
【スタッフ通信】シボレーカマロ ファイナルエディションに乗ったゾっと
【スタッフ通信】シボレーカマロ ファイナルエディションに乗ったゾっと
Auto Prove
ゴルフ、50歳の誕生日おめでとう!8世代にわたるVWゴルフの高みと低み、そして新型VWゴルフ8 GTEへの展望
ゴルフ、50歳の誕生日おめでとう!8世代にわたるVWゴルフの高みと低み、そして新型VWゴルフ8 GTEへの展望
AutoBild Japan
5年ぶり開催中国……いきなりスプリント形式は「賢明なことだね!」フェルスタッペン思わず皮肉
5年ぶり開催中国……いきなりスプリント形式は「賢明なことだね!」フェルスタッペン思わず皮肉
motorsport.com 日本版
なぜ? アルファロメオ『ミラノ』の車名を禁じられる…なら『ジュニア』だ!
なぜ? アルファロメオ『ミラノ』の車名を禁じられる…なら『ジュニア』だ!
レスポンス
日産サクラの売れ行きを見れば日本でBEVが売れないなんてことはない! ただし大ヒットの裏で必要な「次の一手」とは
日産サクラの売れ行きを見れば日本でBEVが売れないなんてことはない! ただし大ヒットの裏で必要な「次の一手」とは
WEB CARTOP
ホンダが新型「CBR650R」を6/13に発売! 新技術Eクラッチ仕様車にはグランプリレッドも
ホンダが新型「CBR650R」を6/13に発売! 新技術Eクラッチ仕様車にはグランプリレッドも
WEBヤングマシン
東京・北区のコミュニティーバスに乗って、B級グルメ「区役所カレー」を食べに行ったら絶品だった件
東京・北区のコミュニティーバスに乗って、B級グルメ「区役所カレー」を食べに行ったら絶品だった件
Merkmal
スズキ新型「ジムニー」発売!何が変わった? 約2年ぶり刷新のカクカクSUV… 165万円から、反響は?
スズキ新型「ジムニー」発売!何が変わった? 約2年ぶり刷新のカクカクSUV… 165万円から、反響は?
くるまのニュース
ホンダ「レブル250」をアドベンチャーに! コンプリート車両「VESGRIDE-hygge」登場
ホンダ「レブル250」をアドベンチャーに! コンプリート車両「VESGRIDE-hygge」登場
バイクのニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村