サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 一度消滅もなぜ復活? スズキが軽ホットハッチ「アルトワークス」を継続する理由

ここから本文です

■“尖った軽” スズキ「アルトワークス」の魅力とは?

 日本の新車市場の4割以上を占めるようになった、軽自動車。売れ筋はスーパーハイトワゴンと呼ばれる、ホンダ「N-BOX」やダイハツ「タント」、スズキ「スペーシア」、そして日産「ルークス」などです。

ブラジル製ジムニーがヤバいほどカッコイイ! ユニークな南米モデル5選

 車高が高く、車内スペースが広く、シートアレンジが豊富な軽スーパーハイトワゴンは、多様なライフスタイルに対応できることで、ファミリー層を中心に幅広い世代からの支持を得ています。

 また、2020年6月発売のダイハツ「タフト」など、軽SUVの人気も高まり始めています。

おすすめのニュース

サイトトップへ