サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 開発部門トップが語る「シアン FKP37」に込めたランボルギーニの決意

ここから本文です
「シアンとはボローニャ地方の古いスラングで、稲妻の光を意味しています。イタリア人はもちろん、ボローニャの人でも今、この言葉の意味の分かる人は恐らくもういないんじゃないでしょうか(笑)」。

シアン FKP37はV12ランボルギーニ史上もっとも重量対出力比が高く、2.8秒未満で0-100km/hまで加速する。最高速度は350km/h以上。ところはフランクフルトショーのランボルギーニブース内。階段を上がったラウンジの個室で、マウリツィオ・レッジャーニは笑顔で語り始めた。

おすすめのニュース

サイトトップへ