現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > あぁ…。今でも心に響く「唯一無二のデザインCAR」私的TOP5

ここから本文です
あぁ…。今でも心に響く「唯一無二のデザインCAR」私的TOP5
写真を全て見る(7枚)

運営元:外車王SOKEN
著者 :柴太郎

ふと考えてみる。自分はなぜスーパーカーに乗り、何を求めているのか?

今をときめくSUVの輸入車たち。例えば、メルセデス・ベンツGLA、BMW X3、ジャガーFペイス、アルファ ロメオ ステルヴィオ。いずれもステキなスタイルで人気があるが……。大きく括ると、どれも「似たようなデザイン」だと感じないだろうか。



いや、似たようなデザインを否定するつもりはまったくないが、輸入車の旧モデルを振り返ってみると、個性がほとばしる「唯一無二のデザイン」をまとったモデルがいくつもある。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

スバル最強マシン!? 最新「ニュル参戦車両」公開! “速さ”と“信頼性”大幅アップデートされたSTIマシンで24時間レースに挑む
スバル最強マシン!? 最新「ニュル参戦車両」公開! “速さ”と“信頼性”大幅アップデートされたSTIマシンで24時間レースに挑む
くるまのニュース
ホンダ新型「最速SUV」登場! 全長5m超えで“NSX超え”「タイプS」設定! 新型「ZDX」米で納車開始
ホンダ新型「最速SUV」登場! 全長5m超えで“NSX超え”「タイプS」設定! 新型「ZDX」米で納車開始
くるまのニュース
4WDのパイオニアの意地の結晶! スバル「レオーネ3ドアクーペRX / II」とは
4WDのパイオニアの意地の結晶! スバル「レオーネ3ドアクーペRX / II」とは
バイクのニュース
ドゥカティ、アイルトン・セナを称える『モンスター』発表…世界限定341台
ドゥカティ、アイルトン・セナを称える『モンスター』発表…世界限定341台
レスポンス
ベントレーが北米エリア最後のV8モデル「エディション8」を発表! ボディカラーは60色からセレクトできちゃいます
ベントレーが北米エリア最後のV8モデル「エディション8」を発表! ボディカラーは60色からセレクトできちゃいます
Auto Messe Web
日産オリジナルグッズ「NISSAN/NISMO collection」の新商品発売。185アイテムを追加
日産オリジナルグッズ「NISSAN/NISMO collection」の新商品発売。185アイテムを追加
カー・アンド・ドライバー
【動画】竹岡圭の今日もクルマと「三菱アウトランダーPHEVその人気の秘密を探る」(2022年10月放映)
【動画】竹岡圭の今日もクルマと「三菱アウトランダーPHEVその人気の秘密を探る」(2022年10月放映)
Webモーターマガジン
岩佐歩夢、デビュー2戦目で初ポール獲得!|スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス:予選順位速報
岩佐歩夢、デビュー2戦目で初ポール獲得!|スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス:予選順位速報
motorsport.com 日本版
マツダが「謎のSUV」実車展示! SUVシルエットに「Coming Soon…」 正体は? 名古屋に登場!?
マツダが「謎のSUV」実車展示! SUVシルエットに「Coming Soon…」 正体は? 名古屋に登場!?
くるまのニュース
FIA F2&FIA F3参戦のPHM AIXレーシングをドバイの投資会社が買収。イモラ戦よりチーム名を変更
FIA F2&FIA F3参戦のPHM AIXレーシングをドバイの投資会社が買収。イモラ戦よりチーム名を変更
AUTOSPORT web
鈴鹿サンデーロード第2戦で『8耐トライアウト2nd』開催。35台が鈴鹿8耐の参戦権15枠に挑む
鈴鹿サンデーロード第2戦で『8耐トライアウト2nd』開催。35台が鈴鹿8耐の参戦権15枠に挑む
AUTOSPORT web
激レア! 一度は乗ってみたいリムジン! 足元が21cm広い[コロナスーパールーミー]と3列6ドア8人乗りの[ベンツ260Eロング]ってマジ?
激レア! 一度は乗ってみたいリムジン! 足元が21cm広い[コロナスーパールーミー]と3列6ドア8人乗りの[ベンツ260Eロング]ってマジ?
ベストカーWeb
技術ビジョンを体現する取り組みを展示! ヤマハが「人とくるまのテクノロジー展 2024」への出展を発表
技術ビジョンを体現する取り組みを展示! ヤマハが「人とくるまのテクノロジー展 2024」への出展を発表
バイクのニュース
中嶋一貴が今年もスーパー耐久富士SUPER TEC 24時間レースに挑戦。GR team SPIRITに加入
中嶋一貴が今年もスーパー耐久富士SUPER TEC 24時間レースに挑戦。GR team SPIRITに加入
AUTOSPORT web
車の「ワンタッチウインカー」 一見便利でも「違反の可能性」あり? 「キャンセルできない」不便さ指摘する声も 上手な使い方とは?
車の「ワンタッチウインカー」 一見便利でも「違反の可能性」あり? 「キャンセルできない」不便さ指摘する声も 上手な使い方とは?
くるまのニュース
商用車なのに前後ダブルウイッシュボーンってやっぱりホンダは走りへのやる気が半端ない! そのお陰で荷室が狭くなっちゃった「パートナー」という残念なバン
商用車なのに前後ダブルウイッシュボーンってやっぱりホンダは走りへのやる気が半端ない! そのお陰で荷室が狭くなっちゃった「パートナー」という残念なバン
WEB CARTOP
インディ500ルーキーと2022年王者エリクソンがクラッシュ。三日目首位はオワード、琢磨23番手
インディ500ルーキーと2022年王者エリクソンがクラッシュ。三日目首位はオワード、琢磨23番手
AUTOSPORT web
トヨタ「斬新アルファード」公開へ! めちゃ画期的な「後ろ向きスギシート」装着!? 「オシャレウッド」の“新技術”をトヨタ車体が披露
トヨタ「斬新アルファード」公開へ! めちゃ画期的な「後ろ向きスギシート」装着!? 「オシャレウッド」の“新技術”をトヨタ車体が披露
くるまのニュース

みんなのコメント

19件
  • 記憶に残るゲテモノ
  • ムルティプラのデザインのどこがゲテモノなのだろう。かつての牛車や馬車はこんなプロポーションだったわけで、これこそ健康的なデザインなのだ。むしろ、フェラーリやランボルギーニのような車を崇める文化こそがグロテスクだと思う。あんな地面になすりつけたようなものを。

    ムルティプラやPTクルーザーは当時各社から発売された、セダンのあり方を問い直す、再構築する提案のひとつだった。国産車でもティーノとかエディックスとか、ナディアとか最終型のビスタとか、みんなそうだった。特に最終型のビスタ・セダンはセダンの集大成、究極形というべきデザインだと思う。フィアットのマレア・セダンもそんな感じだ。

    そしてそれらを思うに、旧規格時代のミニカトッポの個性が際立つのである。三菱の真のオリジナリティはランエボやパジェロやデリカ4WDではなく、トッポ、ディンゴ、旧RVRの流れにこそあった。デリカミニよりトッポを復活すべきなのだ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村