サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【さまよえるスバルの旗艦車はどこへゆく?】レガシィは新型投入で復活するのか!?

ここから本文です

【さまよえるスバルの旗艦車はどこへゆく?】レガシィは新型投入で復活するのか!?

 1989年の登場以来、スバルを代表する基幹車種に成長した「レガシィ」。これまで通算6代にわたって生産・販売を続けており、正式アナウンスはないが、2020年に新型(7代目)が発売されるとみられる。

 しかし、スバルの旗艦車と言われ、過去には高い人気を誇ったレガシィだが、アメリカ市場に軸足を移した10年前からその人気は陰りを見せている。ライバルメーカーのマツダ「マツダ6(アテンザ)」には勝っているものの、厳しいと言わざるを得ない状況だ。

【ライズ、ハスラー、マツダ2…】 掴んだぞ2020年SUV&コンパクト重要新車戦略!!

 なぜこのような状況に陥ってしまったのだろうか!? 今回は、これまでのレガシィの歩みと、その復活への課題に迫る。

文/渡辺陽一郎
写真/SUBARU

【画像ギャラリー】日本市場でその人気を回復させることができるのか!? 7代目レガシィの内外装をチェック!

■基幹車種として地位を確立したはずが、崩れた国内販売

「スバルの主力車種は何か?」と問われた時、レガシィの車名を挙げる人は多い。ところが、今は売れ行きが低迷している。1カ月の登録台数は、レガシィのアウトバックとセダンのB4を合計して350~400台程度だ。インプレッサ&XVは1カ月に3800台、フォレスターも2800台前後を登録しているから、レガシィはかなり少ない。

 過去を振り返ると、1990年代には、5ナンバーサイズだった初代/2代目/3代目レガシィが1カ月平均で6000~7000台は登録されていた。当時は今に比べるとクルマの売れ行きが全般的に好調だったが、このなかでもレガシィは、販売ランキングの中堅から上位に位置した。

 4代目レガシィは2003年に発売され、すべてのボディが3ナンバーサイズに拡大されたが、堅調な売れ行きを保って、2004~2005年の1カ月の登録台数は5000~6000台であった。

10万km耐久走行やWRC参戦でファンの心をつかんだ初代レガシィ。セダンとツーリングワゴンを設定。特にツーリングワゴンは、パワフルかつユーティリティ性能も高いということで、一躍人気モデルとなった

 この勢いが衰えたのは、2009年に発売された5代目だ。発売の翌年に当たる2010年の登録台数は2300台にとどまる。販売ランキングの順位も後退した。5代目の特徴は、4代目に比べてボディを大型化したことだ。ツーリングワゴンの場合、全長は約60mm、全幅は50mm、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は80mm拡大された。全長は4775mm、全幅は1780mmとなる。

 全高は1535mmで、セダンのB4も1505mmと高い。ボディの大きさはミドルサイズでも、天井が高く(セダンで全高が1500mmに達するのはレガシィB4とフーガくらいだ)、後席の足元空間も広いから4名乗車時の居住性は抜群に優れていた。柔軟に伸縮するサスペンションによって乗り心地も快適で、後席はシートの造りも上質になったから、4名乗車時の機能は大幅に向上した。

アメリカ市場を重視し、ボディサイズの大型化を図った5代目。国内市場ではミニバン人気に押され売れ行きが低下。大型化を受け、一部ファンからは「レガシィが日本市場を捨てた」という声も上がった

 しかしボディが大柄になったことで、レガシィが本来備えていたスポーティな性格は薄れ、落ち着いた印象になった。ちなみに2008年には、Lサイズミニバンのアルファードがフルモデルチェンジを行って2代目になり、姉妹車のヴェルファイアも加わって売れ行きを伸ばしている。

 エスティマも最終型の3代目が好調に売れていたから、広くて快適なクルマを求めるユーザーはすでにミニバンを買っていた。そうなると大柄になったレガシィは、セダンやワゴンを求めるユーザーのニーズに合わず売れ行きを下げた。

 そして2014年に発売された6代目の現行型は、ボディをさらに大型化した。全長はアウトバックが4820mm、B4も4800mmと長く、全幅は両車とも1840mmに達する。

 初代から5代目まで主力とされたツーリングワゴンは廃止され、その代わりミドルサイズワゴンのレヴォーグを加えた。レヴォーグは、今では海外でも売られるが、発売時点では国内専用とされて全幅も1800mmを下まわっている。

ツーリングワゴンが廃止され、B4とアウトバックだけとなった現行型(6代目)。アウトバックは「Xモード」を搭載するなど 、よりSUVらしく進化を遂げた

 つまり、かつてのレガシィツーリングワゴンはレヴォーグに切り替わり、B4のニーズもインプレッサG4が引き継いでいる。アウトバックの需要もXVとフォレスターである程度は応えられるから、レガシィは海外向けの車種になり、日本国内の役割を終えたと見ることもできるだろう。その結果、1カ月の登録台数も前述の350~400台まで下がり、最盛期の5%にとどまるわけだ。

 ただし冒頭で述べたように「スバルの主力車種は何か?」と問われた時、レガシィの車名を挙げる人は今でも多い。レヴォーグ、インプレッサG4、XVが立派なクルマに成長しても、レガシィはスバルの基幹車種であり続ける。

 特にアウトバックは、最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)が200mmに達するから、悪路のデコボコを乗り越えやすい。ワゴンスタイルによって全高は1605mmに収まるため、重心高が適度で走行安定性も良好だ。舗装路と悪路の両方で、優れた性能を発揮する。

 B4も全高が1500mmのボディによって前後席ともに居住性が快適で、4WDの採用により、雪道まで含めて走行安定性は抜群に高い。海外向けになったとはいえ、レガシィでなければ手に入らない独特の機能がある。スバルが販売に積極的になれば、レガシィが1カ月に1000台前後を登録することは十分に可能だろう。

■海外では新型投入も冷遇の日本市場。このままではファン離れは止まらない

 そこまで考えると、国内におけるレガシィの取り扱いには不満がある。海外ではレガシィがフルモデルチェンジされ、2019年7月から北米で新型を生産しているのに、日本では旧型を継続販売しているからだ。しかも日本仕様は2019年9月に一部改良を実施したから、しばらくは旧型を売り続ける。

2019年2月のシカゴショーで公開された7代目。 スバル・グローバル・プラットフォーム を採用したボディは、全長4840× 全幅1840 × 全高1500mmとなった

 海外で売られる新型レガシィにもアウトバックとセダンがあり、設計の新しいスバル・グローバル・プラットフォームを採用する。ドライバーの運転状態をチェックして安全性を高めるドライバーモニタリングシステムも採用した。このように新型レガシィは走行安定性、予防安全性、衝突安全性などを幅広く向上させたから、日本のユーザーには、海外よりも危険な旧型レガシィを売ることになってしまう。

 この点をスバルに尋ねると「従来型レガシィは、日本と北米でほぼ同時にフルモデルチェンジを行ったが、現行型は時間差が生じている。北米仕様は原材料やパーツなどの調達から生産までを北米中心に行い、日本仕様は日本が中心だ。同じ車種でも北米と日本仕様では生産に関する事情が異なり、設計変更も必要になるから、時間差が生じた」と説明している。

 要は日本はレガシィにとって主力市場ではないため、フルモデルチェンジが後まわしにされた。このように日本のレガシィユーザーを冷遇していたら、現行型の売れ行きが最盛期の5%に落ち込んでも仕方がない。

 スバルは安全を最優先させるメーカーで「0次安全」の考え方がある。良好な視界、扱いやすいスイッチ類など、デザインの段階、いい換えれば走り始める前から安全性を高める発想だ。旧型レガシィの国内販売は、このような安全にこだわるスバルの生き様に反するものだろう。

【画像ギャラリー】日本市場でその人気を回復させることができるのか!? 7代目レガシィの内外装をチェック!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します