サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「アウトドア派のプロボックス」の次は? コロナ禍で注目 意外な車のSUV風カスタム

ここから本文です

「アウトドア派のプロボックス」の次は? コロナ禍で注目 意外な車のSUV風カスタム

やはりプロボックスはプロボックスなのか…?

 クルマのカスタムといえば、エアロパーツを取り付けたり、エンジンやマフラーを換装したり、車高を下げたりする「走り」重視のスタイルが長らく主流を占めていましたが、2020年現在、別の潮流も生まれつつあります。

「世界一黒い」BMWを実見! 脳が混乱するほどの「黒を超える黒」、公道は走れるの?

 それは、タイヤをやや大きくして車高を「上げる」スタイルのカスタムです。もともとオフロード走行を想定したSUVやRV車では一般的なカスタムですが、これを、全く違うジャンルのクルマに適用し、「SUV風」に仕立てるというもの。カーショップが中古車を活用し、このようなコンプリートカスタム車を販売するケースも増えています。

 その代表的な種車のひとつが、トヨタの姉妹商用バン「プロボックス」「サクシード」。オフロードタイヤを履かせて車高を上げたり、塗装をマット調にしたり、ルーフキャリアなどの装飾を施したりして、商用車のイメージを一変。まさに“アウトドアギア”といったスタイルの提案が、全国のショップで行われています。

 プロボックスのコンプリートカスタム車を販売するカージャパン ギネス(仙台市若林区)によると、コロナ禍でアウトドアなスタイルが注目されていることもあり、引き合いが増えているといいます。その一方で、「プロボックスじゃちょっと……」という声も出てきたとか。5ナンバーサイズの商用車は元来、装備も簡素であるうえ、車内空間も狭いと感じる人がいるそうです。

 そこで、プロボックス・サクシード以外の車種で、同じように印象をガラッと変えるようなカスタムも出てきました。

そう来たか! ワイルドになった「HV代表」

 カージャパン ギネスがプロボックス以外でSUV風カスタムを展開する種車として、白羽の矢を立てたもののひとつが、「プリウス」のステーションワゴンモデル「プリウスα」です。全体をアースカラーと一部マットブラックで再塗装し、オフロードタイヤを履かせてリフトアップ、ルーフキャリアのほか、ボンネットにバグガードまで装着しています。

 他店でもプリウスαのほか、本家プリウスを活用したコンプリートカスタム車まで展開しているのが、中古車サイトなどで見られます。ベース車にプリウスαを選んだ理由をカージャパン ギネスに聞いたところ、「積載量があり、スタイリングのバランスもよいため」だからとのこと。なお、流通している数は少ないものの、αには3列7人乗りモデルもあり、こちらでもカスタム可能だそうです。

 カージャパン ギネスでは、このプリウスαのコンプリートカスタムを、2011(平成23)年から12年前後の年式、走行距離6 8万kmの中古車で、169万円から展開しています。カスタム代金を考慮すると、種車の価格を抑えめにする必要があるといいますが、「プリウスαは丈夫ですから、全然走りますよ」ということです。

 ちなみに、このようなスタイルのカスタムには、やはり車種により向き不向きがあるのだとか。ステーションワゴンスタイルでも、低重心のクルマ、たとえば4代目「オデッセイ」などには、リフトアップカスタムはそぐわないそうです。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します