サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 意外な共通点もあった! 国産自動車メーカーの歴史とルーツ【ダットサン・スバル・ダイハツ編】

ここから本文です

日本の産業界の姿が重なる3社

「日産」は、その歴史をたどるなかでもっとも古くから自動車製造と関りをもってきたメーカーである。その過程でプリンス自動車工業と合併したことは有名だが、プリンスと同様に航空機産業から歩みだしたのが「SUBARU」だ。また、日産と同様に、明治時代を創業とするのは「ダイハツ」。明治維新後、西洋の文明に追いつこうとした日本の産業界の姿が重なる。

「トリコロールカラー」は日産レーシングカーの象徴!赤・白・青の組み合わせを辞めてしまった理由とは

 さまざまな創業のいきさつを持つ日本の自動車メーカーだが、当初より自動車製造を目指したのが、1911(明治44)年創業の快進社自動車工場を祖とする日産自動車であろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ