現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 伝説のロングテールがオープンカーになって降臨! マクラーレン765LTスパイダーのオーダー受付中

ここから本文です

伝説のロングテールがオープンカーになって降臨! マクラーレン765LTスパイダーのオーダー受付中

掲載 更新
伝説のロングテールがオープンカーになって降臨! マクラーレン765LTスパイダーのオーダー受付中

 車名にちなんだ限定765台、ただし初年度分は完売

 マクラーレンにとってロングテール(=LT)の名前は特別だ。最初のLTは1997年に登場したF1 GTRロングテールであった。そう、F1の最終進化形であり、レースを戦うために作られた特別なモデル。そしてこれまでに「LT」の名は幾たびか復活している。

子ども専用のスーパーカー!? McLaren GTライドオンが新登場!

 そんなLTが昨年、765LTとして登場し、765台の限定販売を行った。もちろんこのとき発売されたクーペはすでに完売となっているが、今回新たに765LTスパイダーとして、またも765台の販売をすることが発表された。

 765LTスパイダーは、マクラーレン史上最もパワフルなコンバーチブル・スーパーカーとなり、ドライバーとの一体感を史上最高レベルにまで引き上げられているという。

 また、すべてのマクラーレン・ロングテールの最大の特長である、最小限の車重やサーキット志向のダイナミクス、最適化されたエアロダイナミクスに加えて、クーペバージョンが誇るクラストップの性能をすべて備えるモデルとして開発されている。765LTスパイダーの乾燥重量は、わずか1388kgで、720S スパイダーより80kg軽く、最も近い競合モデルより約100kgも軽量となる。

 765LTスパイダーのボディサイズは、全長が4600mm、ホイールベースは 2670mmとなる。765LTスパイダーのノーズは720Sより48mm長く、アクティブ・リア・ウイングは9mm延長され、全長は57mm長くなった。ただし、フロントのライドハイトは720Sよりも5mm低く、車体の前傾姿勢が強まったことでダウンフォースも増加しているという。

 一体型のカーボン・ファイバー製電動リトラクタブル・ハード・トップ(RHT)は、わずか11秒でオープントップ走行を可能にし、50km/hまでは走行中でも作動する。オープン時には、4本出しのチタン製エグゾースト・システムから放たれるドラマチックなサウンドがキャビンを満たし、ドライバーとの一体感が別次元に引き上げてくれることだろう。

 765馬力で0-100km/hは2.8秒、最高速度330km/h!

 765LTスパイダーは、クーペと同じツインターボM840T型エンジンを搭載。4リッターV8でドライサンプ潤滑方式。ターボチャージャーはツインスクロール式で、ウェイストゲートは電子制御。

 最高出力は765馬力/7500rpm、最大トルクは800Nm/5500rpm、0-100km/h加速は2.8秒。クーペと匹敵するこの並外れたパフォーマンスをいっそう引き出しやすくしているのが、最適化されたギアレシオでで、720Sより加速時間が15%も短縮され、すべてのギアで実質的に瞬時のスロットルレスポンスを得ることができるようになった。

 765LTスパイダーのコクピットに乗り込むと、ダッシュボードにデボス加工された765LTのロゴと、シリアルナンバーが刻まれた記念プレートがすぐ目に入る。LTの名にふさわしく、コクピットは徹底的にドライバーメインの設計となっており、多彩な軽量パーツやレースから生まれたコンポーネントが、広々とした空間、優れた人間工学、洗練された素材と組み合わされ、真にユニークなスーパーカー・エクスペリエンスを作り出している。

 さらに高いレベルの個性を求める人には、マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)による、MSOディファインドのパックが2種類用意されている。クラブスポーツ・パックと、LTブラック・パックがそれで、クラブスポーツ・パックは、一連の軽量オプションとパフォーマンス・アップグレードによって総重量を削減し、サーキット・パフォーマンスを引き上げる。一方のMSO LTブラック・パックの特徴は、いっそう「ステルス」なルックスで、トノー、フロント・スプリッター、リア・バンパー、ディフューザー、エアインテーク、ドアミラー・ケースといった外部テクニカル・コンポーネントがすべてグロス・ブラック仕上げとなっている。

 マクラーレン765LTスパイダーのスペックは以下の通り。

●全長×全幅×全高:4600×1930×1193mm ●ホイールベース:2670mm ●エンジン:3994cc V8ツインターボ ●最高出力:765馬力/7500rpm ●最大トルク:800Nm /5500rpm ●乾燥重量:1278kg ●0-100km/h:2.8秒 ●最高速度:330km/h

 マクラーレン史上最もパワフルなコンバーチブルにして、ロングテールの系譜に加わる最高に魅力的な最新モデル、765LTスパイダーは、現在、マクラーレンの正規販売代理店でオーダーを受け付け中。日本価格は税込み4950万円で、カスタマーオーダーで世界限定765台のみ生産される。ちなみに2021年生産分は完売となっている。

こんな記事も読まれています

MAXWIN のバイク用スマートモニター「M2-02」約20%OFF の6万500円で一般販売を開始!
MAXWIN のバイク用スマートモニター「M2-02」約20%OFF の6万500円で一般販売を開始!
バイクブロス
【MotoGP】アプリリアで勝利達成ビニャーレス、スズキ&ヤマハ時代とは「異なる価値がある」
【MotoGP】アプリリアで勝利達成ビニャーレス、スズキ&ヤマハ時代とは「異なる価値がある」
motorsport.com 日本版
【リコール】ステランティス プジョー、シトロエン、DSブランドの7車種5900台超でDPFフィルター不具合 
【リコール】ステランティス プジョー、シトロエン、DSブランドの7車種5900台超でDPFフィルター不具合 
Auto Prove
EV普及のゲームチェンジャーとともに、クルマづくりのゲームチェンジャーも明らかに!日産全固体電池パイロット生産ライン見学会レポート
EV普及のゲームチェンジャーとともに、クルマづくりのゲームチェンジャーも明らかに!日産全固体電池パイロット生産ライン見学会レポート
Webモーターマガジン
【ヤマハ】「Yamaha R3 bLU cRU Asia-Pacific Championship」第6戦をオーストラリアにて11/8~10開催
【ヤマハ】「Yamaha R3 bLU cRU Asia-Pacific Championship」第6戦をオーストラリアにて11/8~10開催
バイクブロス
トヨタ車体が1人乗り「りょくまる」実車展示! 小さな丸目が斬新スギ!? 「謎の小型車」が実は凄かった
トヨタ車体が1人乗り「りょくまる」実車展示! 小さな丸目が斬新スギ!? 「謎の小型車」が実は凄かった
くるまのニュース
ヤマハ主催「The Dark side of Japan Night Meeting 2024」 “MTのMTによるMTのためのMeeting”開催
ヤマハ主催「The Dark side of Japan Night Meeting 2024」 “MTのMTによるMTのためのMeeting”開催
バイクのニュース
ギャルにも響く メッチャかわいい人生初の愛車[ワゴンRスマイル]を仮免で早くも納車された強者がいたああ
ギャルにも響く メッチャかわいい人生初の愛車[ワゴンRスマイル]を仮免で早くも納車された強者がいたああ
ベストカーWeb
ヤマハYZF-R7はバイク版のユーノス ロードスター(初代)だ!!「自分の腕だけで勝負したいアナタに」
ヤマハYZF-R7はバイク版のユーノス ロードスター(初代)だ!!「自分の腕だけで勝負したいアナタに」
モーサイ
アルファロメオ、新コンパクト『ミラノ』……改め『ジュニア』が世界初公開。HVに加え初BEVも
アルファロメオ、新コンパクト『ミラノ』……改め『ジュニア』が世界初公開。HVに加え初BEVも
AUTOSPORT web
70.5kWhの高電圧バッテリー搭載で一充電走行距離は591kmに延長! メルセデス・ベンツが新型EQAを発売
70.5kWhの高電圧バッテリー搭載で一充電走行距離は591kmに延長! メルセデス・ベンツが新型EQAを発売
THE EV TIMES
日産が新型「小さな高級車」世界初公開! 全長4.4m級にクラス超え「上質内装」×斬新グリル採用! “日本的”デザインに一新の「新型キャシュカイ」欧州で発表
日産が新型「小さな高級車」世界初公開! 全長4.4m級にクラス超え「上質内装」×斬新グリル採用! “日本的”デザインに一新の「新型キャシュカイ」欧州で発表
くるまのニュース
ランクル250の実車が見られる! 東京、大阪の2拠点に展示
ランクル250の実車が見られる! 東京、大阪の2拠点に展示
driver@web
低くてワイドな“走りのホンダ”新型でた! 新「H」ロゴ採用の次世代EVシリーズ 中国で発表
低くてワイドな“走りのホンダ”新型でた! 新「H」ロゴ採用の次世代EVシリーズ 中国で発表
乗りものニュース
トヨタ「クラウン“オープン”」実車公開! 世界に一つだけの”エレガント”モデル! “完全復活”遂げた「爆レア」仕様とは
トヨタ「クラウン“オープン”」実車公開! 世界に一つだけの”エレガント”モデル! “完全復活”遂げた「爆レア」仕様とは
くるまのニュース
「スタイリッシュなオラオラ顔」で超絶人気のノア! 大ヒットの裏側にある2つの「要素」にナットク!!
「スタイリッシュなオラオラ顔」で超絶人気のノア! 大ヒットの裏側にある2つの「要素」にナットク!!
ベストカーWeb
フェラーリ「275P」がたった182万円!? 12台のみ手作りされたヴェスパのエンジンを搭載したジュニアカーでした
フェラーリ「275P」がたった182万円!? 12台のみ手作りされたヴェスパのエンジンを搭載したジュニアカーでした
Auto Messe Web
スズキ スイフト【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
スズキ スイフト【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

4691.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

2798.03250.0万円

中古車を検索
675LT スパイダーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

4691.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

2798.03250.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村