サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ゴツさがカッコ良かった! RVブームで輝いたクロカン4WD車5選

ここから本文です

ゴツさがカッコ良かった! RVブームで輝いたクロカン4WD車5選

■ズバ抜けてなくても快速なステーションワゴン

 1980年代後半の日本では、リゾート開発が急激に進んだことでスキーが大ブームとなり、それに伴ってアウトドアレジャーが盛んになりました。

キムタクが乗っていた車が人気!? ドラマに登場して話題となった車5選

 その頃に人気となったクルマが「RV」です。RVとは「Recreational Vehicle(レクレーショナル・ビークル)」の略で、クロスカントリー4WD車やミニバン、ステーションワゴンなど、主にレジャー用途に向いたクルマが該当します。

 なかでもクロスカントリー4WD車の人気ぶりは、現在のSUV人気を遥かに上まわる規模で、「RVブーム」に発展すると各メーカーから次々とクロスカントリー4WD車が発売されました。

 そこで、RVブームの頃にとくに人気だったモデルを、5車種ピックアップして紹介します。

●三菱「パジェロ」

 1982年にデビューした「パジェロ」は、機動性に優れたクロスカントリー4WD車ながら、「ジープ」よりも乗用車に近い使い勝手の良さで人気となります。

 そして、1991年には走行性能、快適性、安全性を大きく向上させた2代目が登場。

 ボディバリエーションは、2ドアで後席上部がオープントップとなる「Jトップ」、3ドアショートボディの「メタルトップ」、5ドアロングボディのラグジュアリー性を兼ね備えた「ミッドルーフ」の3タイプです。

 それぞれに5ナンバーサイズのナロータイプと、ワイドフェンダーが装着された3ナンバーサイズが設定されました。

 トップグレードの「ミッドルーフワイド スーパーエクシード」に搭載されたエンジンは、最高出力155馬力の3リッターV型6気筒ガソリンで、4速ATが組み合わされています。

 また、ガソリンエンジン、ディーゼルエンジンともにバリエーションが豊富で、さまざまなニーズに対応するなど、2代目パジェロはRVブームをけん引する存在でした。

トヨタ「ハイラックスサーフ」●

 現在、トヨタが販売しているピックアップトラックの「ハイラックス」はRVブームの頃にも存在し、なかでもダブルキャブが人気でした。

 このハイラックスをベースにFRP製キャノピーを取り付け、ワゴンタイプに仕立てたモデルが、1984年に発売された初代「ハイラックスサーフ」です。

 なお、スキーブームだった頃の1989年には2代目が登場していましたが、スタイリッシュでアメリカナイズされたデザインの初代も人気がありました。

 初代ハイラックスサーフは、4ナンバー登録のライトバンとしてデビューしたため、トラックのハイラックス4WDと同じ4輪リーフリジッド式サスペンションを採用。乗り心地は硬く、悪路走破性や信頼性が重視されていました。

 そのため、1985年のマイナーチェンジでフロントサスペンションの形式を変更し、乗り心地の改善をおこなっています。

 搭載されたエンジンは2リッター直列4気筒ガソリンと2.4リッター直列4気筒ディーゼルを設定。後にディーゼルにはターボが装着されました。

 1986年には5ナンバーの乗用車モデルを追加したことでユーザー層を拡大し、後述の日産「テラノ」と人気を二分しました。

●日産「テラノ」

 1986年に日産は、ハイラックスサーフと同様に、「ダットサントラック」のシャシにワゴンタイプのボディを架装する手法で製作された「テラノ」を発売しました。

 発売当初のテラノは2ドアのみで、使い勝手は決して良かったとはいえませんでしたが、そんなネガティブさを払拭するほど優れたデザインが評価され大ヒットします。

 搭載されたエンジンは2.7リッター直列4気筒ディーゼルエンジンのみで、1987年には3リッターV型6気筒ガソリンエンジン搭載車を追加ラインナップ。

 同時に当時のクロスカントリー4WD車としては珍しい4速AT車が設定され、イージードライブを求めるユーザーを獲得しました。

 そして、1989年にライバルのハイラックスサーフが2代目となり、4ドア車をラインナップすると、直後にテラノも4ドア車を発売。

 なお、テラノの4ドア仕様はリアドアのハンドルを目立たないようにデザインすることで、現代に続く2ドアにも見える4ドアをいち早く採用していました。

■セレブ御用達だったクロカン4WD車とは!?

●いすゞ「ビッグホーン」

 現在、いすゞは国内市場向け乗用車の生産から撤退していますが、かつてRVを数多くラインナップしていました。その1台が1981年に発売された「ロデオビッグホーン」です。

 ロデオビッグホーンもピックアップトラックのシャシにワゴンタイプのボディを架装することで製作され、当初は商用登録車のみでしたが、後に乗用登録車が追加されます。

 そして、1991年に車名を「ビッグホーン」に改めた2代目が登場。ショートボディとロングボディがあり、全車乗用登録となりました。

 搭載されたエンジンはクロスカントリー4WD車の定石であるディーゼルとガソリンを設定。

 また、ビッグホーンの特徴として、イギリスのスポーツカーメーカーのロータスが監修した「ビッグホーン ハンドリグバイロタース」と、ドイツのチューニングメーカーのイルムシャーが監修した「ビッグホーン イルムシャー」という、2種類のスポーティグレードがラインナップされていました。

 ビッグホーンは他メーカーにもOEM供給されるなど販売を拡大しましたが、RVブームの終焉とともに販売は低迷し、2002年に生産を終了。その後、いすゞは乗用車の販売から完全撤退しました。

●ランドローバー「レンジローバー」

 イギリスのSUVメーカーであるランドローバーは、数多くのブランドを束ねていたブリティッシュレイランドグループ傘下でスタートしました。

 当初、ランドローバーが生産していたモデルは、快適性とは無縁の無骨なクロスカントリー4WD車でしたが、1970年に初代「レンジローバー」を発売。

 フルタイム4WDシステムを採用して高い悪路走破性能を発揮しながら、高級車並の快適性を両立するというコンセプトで開発されました。

 ボディは大型のワゴンタイプで、当初は2ドアのみでしたが後に4ドアが設定され、簡素だった装備も年を追うごとに充実し、よりラグジュアリーなクルマへと進化します。

 エンジンは3.5リッターV型8気筒ガソリンを搭載し、徐々に排気量を拡大。後年にはディーゼルエンジンも追加されました。

 1980年代後半に高級4WD車としての地位が盤石になると、バブル景気に湧く日本でも人気となります。当時の価格は800万円代からと高額ながら、セレブや芸能人がこぞって買いました。

 現在もランドローバーシリーズは、世界中の富裕層に愛されるSUVとして君臨しています。

※ ※ ※

 今回、紹介したようなクロスカントリー4WD車は、日本の道路で性能を発揮する機会は滅多にありません。これはスポーツカーも同様です。

 しかし、本物だけが持つ優れた機能や性能は魅力的で、オーバースペックなのは理解していても、人々を引きつけるオーラに惹かれてしまいます。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します