現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ヘルムート・マルコ、レッドブル社の長引く調査を擁護「彼らは公正な調査を行っている」

ここから本文です

ヘルムート・マルコ、レッドブル社の長引く調査を擁護「彼らは公正な調査を行っている」

掲載
ヘルムート・マルコ、レッドブル社の長引く調査を擁護「彼らは公正な調査を行っている」

 レッドブルのチーム・コンサルタントであるヘルムート・マルコは、レッドブル・レーシングの女性メンバーに対するクリスチャン・ホーナーの行為に関する疑惑についてオーストリアのテレビ局『Servus TV』のインタビューに応じ、同じくオーストリアに本拠を置くエナジードリンク会社による長引く調査を擁護した。

 レッドブルの対応に多くの批判が向けられているなか、マルコは結果が出るのは「早ければ早いほど良い」と認めている。それはもちろん、この問題が長期化するにしたがってうわさやその他の話が飛び出すのは避けられないからだ。

3日間の2024年F1プレシーズンテストが始まる。10チームの新車がコースイン、角田裕毅も走行開始

 とはいえ、かつてのル・マン勝者はこの30年間彼を雇用してきた会社を支持し、「レッドブルはこの件に関して非常によく対応していると思う」と述べた。そしてマルコは「この調査が長引いているのは、彼らの責任ではない。彼らは公正な調査を行い、それに基づいて対応しようとしている」と説明した。

 最近になって明らかになったのは、調査を主導した弁護士との最初の面談の際、ホーナーは健康上の問題を理由に辞任する可能性を打診されたが、彼は仕事を続け、自身の汚名を晴らす決意を固めているためその申し出を断ったということだ。

 レッドブルの経営陣は、ホーナーの行動を調査することを決めたとき、実際にはそのような可能性を考慮していなかった。そのため、オーストリアの企業は戦略を変更しなければならなかった。調査の取り扱いは外部の会社に委ねられ、その調査結果がザルツブルクの本社に届き今後の進め方について法的助言があるまでは、ホーナーの運命について最終的な決定は下されない。

 マルコにとって現在の状況は少々居心地が悪いものだろう。彼はホーナーの大ファンではないし、レッドブルの創設者であるディートリッヒ・マテシッツが亡くなって以来、イギリス人マネージャーが必死に彼を追い出そうとしていたことは知っているが、異なるチーム代表に対応しなければならないよりは、現状を維持するほうがマシだからだ。

 仮にホーナーが失脚して新しいチーム代表がやってきた場合、そこには新しい方法や新しいアイデア、さらには新しいアドバイザーも入ってくることになるため、マルコにとっては“知らない悪魔より知っている悪魔のほうがいい!”というケースになる。

関連タグ

こんな記事も読まれています

6つのスタイルを楽しめるヘルメット「G-FORCE X」がウインズジャパンから7月下旬発売!
6つのスタイルを楽しめるヘルメット「G-FORCE X」がウインズジャパンから7月下旬発売!
バイクブロス
新型[フリード]も真っ青!? [シエンタ]が一部改良! 装備がグレードアップ! 巻き返しを図れるか?
新型[フリード]も真っ青!? [シエンタ]が一部改良! 装備がグレードアップ! 巻き返しを図れるか?
ベストカーWeb
まさかの「V16」搭載“セダン”あった!? 6速MT×400馬力超え「最高級モデル」がスゴい! ド迫力「エラ」装備の斬新セダンとは何者だったのか
まさかの「V16」搭載“セダン”あった!? 6速MT×400馬力超え「最高級モデル」がスゴい! ド迫力「エラ」装備の斬新セダンとは何者だったのか
くるまのニュース
危険じゃない? バイクをレトロに変身させるヘッドライトバイザーとは
危険じゃない? バイクをレトロに変身させるヘッドライトバイザーとは
バイクのニュース
次世代EVなど23車種を発売へ、2030年までに…印マヒンドラ
次世代EVなど23車種を発売へ、2030年までに…印マヒンドラ
レスポンス
自動運転、乗用車には非現実的 仏ルノーが新方針 「レベル3以上」は公共交通機関へ
自動運転、乗用車には非現実的 仏ルノーが新方針 「レベル3以上」は公共交通機関へ
AUTOCAR JAPAN
激レアなホンダ「ライフピックアップ」を「NSX」のパールホワイトで全塗装! 総生産1000台少しの希少車をカスタムして楽しんでます
激レアなホンダ「ライフピックアップ」を「NSX」のパールホワイトで全塗装! 総生産1000台少しの希少車をカスタムして楽しんでます
Auto Messe Web
矢崎総業と東レ、リサイクルPBT樹脂を共同開発 ワイヤーハーネス用コネクターに適用
矢崎総業と東レ、リサイクルPBT樹脂を共同開発 ワイヤーハーネス用コネクターに適用
日刊自動車新聞
道路の真下には川があった!?  渋谷川の暗渠からその痕跡を見つける。
道路の真下には川があった!? 渋谷川の暗渠からその痕跡を見つける。
くるくら
損保大手3社、決算は最高益を更新、自動車保険料は値上げ検討[新聞ウォッチ]
損保大手3社、決算は最高益を更新、自動車保険料は値上げ検討[新聞ウォッチ]
レスポンス
覆面パト“装い”事故… 「パトカーもどきカスタム」どこからが違反? 過去には「白黒パトカー仕様」で検挙事例も
覆面パト“装い”事故… 「パトカーもどきカスタム」どこからが違反? 過去には「白黒パトカー仕様」で検挙事例も
くるまのニュース
これからさらに気をつけたい紫外線! バイクや人にどのような影響を与えるのか
これからさらに気をつけたい紫外線! バイクや人にどのような影響を与えるのか
バイクのニュース
プジョーの次世代EVは航続800km 、680馬力ツインモーター搭載…仏 VIVATECH 2024 出展へ
プジョーの次世代EVは航続800km 、680馬力ツインモーター搭載…仏 VIVATECH 2024 出展へ
レスポンス
デンソー、ルネサス株を売却 保有の半数以上 政策保有株の見直しで
デンソー、ルネサス株を売却 保有の半数以上 政策保有株の見直しで
日刊自動車新聞
【セミナー見逃し配信】※プレミアム会員限定「インド」の捉え方と日系サプライヤー進出の落とし穴
【セミナー見逃し配信】※プレミアム会員限定「インド」の捉え方と日系サプライヤー進出の落とし穴
レスポンス
スバル新型「4ドア・セダン」初公開! 進化版WRX S4!? 改良「水平対向ターボエンジン」搭載! SNSの反響は? 今週末に発表へ
スバル新型「4ドア・セダン」初公開! 進化版WRX S4!? 改良「水平対向ターボエンジン」搭載! SNSの反響は? 今週末に発表へ
くるまのニュース
世界初の量産ストロングハイブリッドバイク カワサキ「NINJA 7 HYBRID/Z7 HYBRID」発売日延期
世界初の量産ストロングハイブリッドバイク カワサキ「NINJA 7 HYBRID/Z7 HYBRID」発売日延期
バイクのニュース
マクラーレンF1、没後30年のアイルトン・セナに捧げる特別カラーリングを公開。黄・緑・青のマシンがモナコ駆ける
マクラーレンF1、没後30年のアイルトン・セナに捧げる特別カラーリングを公開。黄・緑・青のマシンがモナコ駆ける
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村