サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > 原チャリのサブコンチューニングってどンな感じ? エニグマで実践! ♯1

ここから本文です

原チャリのサブコンチューニングってどンな感じ? エニグマで実践! ♯1

 ホンダ・モンキーやグロム、ヤマハ・シグナスXやアドレスV125Sといったエンジンチューニングの得意なFI車に欠かすことができないのがサブコン、フルコンを用いた燃調チューンだ。

 サブコンとは、純正ECU(エンジンコントロールユニット)が発する燃料噴射量や点火時期といった信号に割り込ませて、これらの一部を制御するコンピューター。
 一方のフルコンは、純正ECUに代わって、サブコンよりもエンジンを広範囲で制御するもの。

原チャリのチューニングは、今やサブコン・フルコンが当たり前の時代です!? ♯0

 例えばボアアップや高性能ヘッド化といったチューニングメニューが揃うシグナスXに、ディルツジャパン製サブコン「ENIGMA FIRE PLUS(ファイアープラス:32,184円~)」を使用した場合……。





 まずは装着。外装を取り外して、ECUの配線にENIGMA FIRE PLUSを割り込ませる。ENIGMA FIRE PLUS にはRTFと呼ばれるカプラーオンタイプのモデルがあるので取り付けは簡単だ。

 スマートフォンに専用アプリ(Android OS/i OS対応)をダウンロードしたら、Bluetooth通信でENIGMA FIRE PLUSに接続し、自分で作成した点火マップに書き換える、といった流れとなる。

 セッティング画面解説は次回に続く

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します