現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ご当地売上No.1!カテゴリー 中国の電動軽自動車ってどんな感じ? ジーリー・ジオメトリー・パンダへ試乗

ここから本文です
ご当地売上No.1!カテゴリー 中国の電動軽自動車ってどんな感じ? ジーリー・ジオメトリー・パンダへ試乗
写真を全て見る(4枚)

中国で人気を集める小さなバッテリーEV

小さなバッテリーEV、ジーリー・ジオメトリー・パンダは、6000ポンド(約116万円)の中古車より良いだろうか。装備は充実している。エアコンやパワーウインドウだけでなく、アップル・カープレイに対応したタッチモニターも付いている。

【画像】ご当地売上No.1!カテゴリー ジーリー・ジオメトリー・パンダ 欧州のマイクロEV 軽規格のサクラとeKクロス EVも 全169枚

このパンダは、中国に設けられた新しい小型車クラスに該当する。ちゃんと4シーターで、100km/h近い速度まで加速でき、1度の充電で約200km走れる。今回は北京郊外のサーキットのみでの試乗だったが、運転も想像より楽しかった。

このクラスのバッテリーEVは、最近の中国では人気が高い。

記事全文を読む
【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

2024年版 「こりゃ欧州で売れるかも…」コスパ優秀な最新EV 10選 「乗りたい」と思える電気自動車
2024年版 「こりゃ欧州で売れるかも…」コスパ優秀な最新EV 10選 「乗りたい」と思える電気自動車
AUTOCAR JAPAN
2024年版 最新の格安EV 10選 英国で「コスパ」の高い電気自動車は?
2024年版 最新の格安EV 10選 英国で「コスパ」の高い電気自動車は?
AUTOCAR JAPAN
プジョーの「7シーター」SUV刷新 E-5008へ試乗 クルマへ求めるモノを満たす次世代!
プジョーの「7シーター」SUV刷新 E-5008へ試乗 クルマへ求めるモノを満たす次世代!
AUTOCAR JAPAN
むしろ2024年にピッタリ! ホンダ・インサイト アウディA2(2) 軽く小さいクルマは走りも楽しい
むしろ2024年にピッタリ! ホンダ・インサイト アウディA2(2) 軽く小さいクルマは走りも楽しい
AUTOCAR JAPAN
カタチに「不釣り合い」な速さ! ボルボEX90と技術を共有 ポールスター3へ試乗 内装も強み
カタチに「不釣り合い」な速さ! ボルボEX90と技術を共有 ポールスター3へ試乗 内装も強み
AUTOCAR JAPAN
これまでと印象が「まったく」違う! アウディQ6 e-トロンへ試乗 航続距離600km以上
これまでと印象が「まったく」違う! アウディQ6 e-トロンへ試乗 航続距離600km以上
AUTOCAR JAPAN
フォード・トルネオ・クーリエ 詳細データテスト 商用由来らしからぬ足さばきと乗り心地 価格は高い
フォード・トルネオ・クーリエ 詳細データテスト 商用由来らしからぬ足さばきと乗り心地 価格は高い
AUTOCAR JAPAN
発売は「25年」早かった? ホンダ・インサイト アウディA2(1) デザインは今でも新鮮!
発売は「25年」早かった? ホンダ・インサイト アウディA2(1) デザインは今でも新鮮!
AUTOCAR JAPAN
【自治体や企業、一般顧客へのリース形式】 ホンダ新型燃料電池自動車「CR-V e:FCEV」発売
【自治体や企業、一般顧客へのリース形式】 ホンダ新型燃料電池自動車「CR-V e:FCEV」発売
AUTOCAR JAPAN
【日本での欠点はボディサイズぐらい?】 ランドローバー・レンジローバーSV P510e 目下PHEV強化中
【日本での欠点はボディサイズぐらい?】 ランドローバー・レンジローバーSV P510e 目下PHEV強化中
AUTOCAR JAPAN
こう見えて「85%」の電動なんです! ベントレー・ブロワー・ジュニアへ試乗 2000万円の大人のおもちゃ
こう見えて「85%」の電動なんです! ベントレー・ブロワー・ジュニアへ試乗 2000万円の大人のおもちゃ
AUTOCAR JAPAN
楽しさと完成度はクラストップ! トヨタ・ヤリス・クロスへ試乗 130馬力のHV追加で競争力強化
楽しさと完成度はクラストップ! トヨタ・ヤリス・クロスへ試乗 130馬力のHV追加で競争力強化
AUTOCAR JAPAN
シトロエン次期型C4 先鋭的スクエアボディに? 質素で安価なEVとして2027年頃導入か
シトロエン次期型C4 先鋭的スクエアボディに? 質素で安価なEVとして2027年頃導入か
AUTOCAR JAPAN
なぜSUVに "スポーツカー" の名称? 航続距離600km以上、新型フォード・カプリ鮮烈デビュー
なぜSUVに "スポーツカー" の名称? 航続距離600km以上、新型フォード・カプリ鮮烈デビュー
AUTOCAR JAPAN
367馬力のスポーティセダン アウディ新型「S5」初公開 内装も大幅アップグレード
367馬力のスポーティセダン アウディ新型「S5」初公開 内装も大幅アップグレード
AUTOCAR JAPAN
日本での走行テストを確認! 中国BYDの新たな刺客「Sea Lion 07」の驚異の性能
日本での走行テストを確認! 中国BYDの新たな刺客「Sea Lion 07」の驚異の性能
THE EV TIMES
ホンダが斬新タテ目の「新型スポーティSUV」24年発売!エックスフェイス×カクカクデザイン採用!? 「S7」スペック新公開! 中国に投入へ
ホンダが斬新タテ目の「新型スポーティSUV」24年発売!エックスフェイス×カクカクデザイン採用!? 「S7」スペック新公開! 中国に投入へ
くるまのニュース
先進機能が凝縮! 悩みも多し? メルセデス・ベンツSL(R230) UK版中古車ガイド(1) 怪物級なブラックも
先進機能が凝縮! 悩みも多し? メルセデス・ベンツSL(R230) UK版中古車ガイド(1) 怪物級なブラックも
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

28件
  • hir********
    いつも思うんだけど、なぜ中国車のレビューって、こうやって中身スカスカなんだろう?
    スペースユーティリティーとか、高速操安性とか、もっとレビューすべき所沢山あるだろ?
    何が何でも批判しない、中国様々という態度が丸見えで気に食わない。
  • アホの丸出し
    問題は長持ちするかどうか。
    1年や2年で壊れたのでは元も子もない。
    特に中国製品には要注意。
    10年以上変わらず使用できるかどうか、の問題だから飛びつかず様子を見るのが賢明。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

289.0316.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

10.0350.0万円

中古車を検索
パンダの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

289.0316.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

10.0350.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村