現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 三菱eKクロスEV 長期テスト(4) アイミーブと2台持ち インタビュー

ここから本文です

三菱eKクロスEV 長期テスト(4) アイミーブと2台持ち インタビュー

掲載 1
三菱eKクロスEV 長期テスト(4) アイミーブと2台持ち インタビュー

アイミーブと2台持ちだと……?

今回取材させていただく三菱eKクロスEVのオーナー。わたしとキャラ丸かぶり!? な坂部裕さんは少し変わっている(褒め言葉)

【画像】細やかなカスタムに驚く! 坂部さんインタビューの現場から【詳細写真】 全24枚

今年1月の納車と同時に、三菱アイミーブ(13年落ち)も買ったのだ。

話をさらにさかのぼる。坂部さんは戸建てを新築した。そのときにV2Hを導入した。EVがぐっと身近になった。

検討した結果、生活環境(クルマを使うのは主に近場の買い物と子どもと公園にいくこと)に合ったクルマは日産サクラか三菱eKクロスEVのどちらかだと考えた。

日産と三菱、両方のショールームに話を聞きにいった結果、三菱にした。

理由は2つあった。

ダイナミックシールドは車格に対して強すぎるなとは思ったものの、日産サクラの樹脂パーツの面積の大きさと比べた結果、上質感は三菱eKクロスEVだと思った。

ボディカラーをナチュラルアイボリーメタリック(有料色)にしたのは、やっぱり以前取材させていただいた久保田さんと同じで「EVでござい」と主張したくなかったからだという。

もうひとつの理由は、アイミーブを三菱がずっと前から作っていた。その姿勢に賛同した。

あ、アイミーブも買っておかなきゃと思った。

は?

なんで軽のEVを2台持っているのか

なぜアイミーブを買ったかというと、10年後のeKクロスEVのバッテリー状態を予習しておきたいと思ったからだ。

一般的に充放電を繰り返したEVのバッテリーは「ヘタる」。購入した13年おちのアイミーブも例外なくヘタっていたけれど、航続距離から察するに10kWhくらいは残っていた。

アイミーブがあることで、eKクロスEVの未来を予測しつつ、また、eKクロスEVのバッテリーの減り/走行距離を押さえられるという算段だ。

はあ、なるほどな……。

eKクロスEVのグレードはPにした。運転にあまり慣れていない奥様も乗られることから、安全支援が充実した「P」にした。

普段は近所のお買い物や、通勤など、あまり距離が遠くならない程度に使っている。充電は自宅でおこなう。

いちばんの遠出は、往復180km。途中で充電をいちどした。普段の出先の充電は主に公園。子どもと遊びながら、というスタイルだ。

驚くのは坂部さんの手による細やかなカスタマイズだ。

圧巻の細やかなカスタマイズ

坂部さんが気になったのはまず、インパネ周りのボタンについて。

特にバッテリー容量の小さいEVは航続距離を気にするため、エアコンをこまめに操作する。その際、タッチ式だと操作しづらいと感じる。

またまっ黒なパネルは指紋が目立つ。カッティングシートを貼って、みずから問題を解決した。

ボタンの箇所にも、アンチグレアフィルムをカットして貼った。角まで丸く切り取っている。とにかく芸が細かい。

同じくダッシュボードが反射する光がフロントガラスに当たり運転中見づらいと思った。ドライバーとの位置関係だろうか。ここにもマットを敷いて解決した。

さらにEVゆえ、パワートレインじたいが音を発さない分、ロードノイズも気になった。リアトランクのパネルをめくると鉄板がむき出しだったため、フェルトをカットして貼った。

マグネット式のカーテンもぴたりとフィットさせた。

またステアリングにパドルを設置し、回生ブレーキの強さが選べたらな、とのことだった。

もちろん問題は解決してほしいけれど、坂部さんは誠にていねいに自分で克服した。

一方で、寒冷地パッケージの用意や天井/荷室の広さは三菱に感謝しているという。

坂部さんは、三菱eKクロスEVに出会うべくして出会ったのだろうと感じる。

長い付き合いは、まだ始まったばかりだ。

こんな記事も読まれています

KTC×エヒメマシン 限定コラボツールチェストに鮮やかなブルーの新色が登場!
KTC×エヒメマシン 限定コラボツールチェストに鮮やかなブルーの新色が登場!
グーネット
ベントレー正規輸入60周年!コーンズが3モデル18台の特別限定車を発表
ベントレー正規輸入60周年!コーンズが3モデル18台の特別限定車を発表
グーネット
優れた配光設計で視認性ヨシ!6500K純白色「LEDヘッドバルブ・ヘッド&フォグ」コメリ
優れた配光設計で視認性ヨシ!6500K純白色「LEDヘッドバルブ・ヘッド&フォグ」コメリ
グーネット
もしもの時はスマホにお知らせ!子どもの車内置き去り防止デバイス新発売 KEIYO
もしもの時はスマホにお知らせ!子どもの車内置き去り防止デバイス新発売 KEIYO
グーネット
手軽にホイールのドレスアップ!「リムブレード・オリジナル」新発売【動画あり】
手軽にホイールのドレスアップ!「リムブレード・オリジナル」新発売【動画あり】
グーネット
スバル クロストレック&インプレッサ 「2023ファイブスター大賞」受賞!安全性能が高評価
スバル クロストレック&インプレッサ 「2023ファイブスター大賞」受賞!安全性能が高評価
グーネット
カブト、システムヘルメット『RYUKI』に新色“フラットコヨーテ”を追加。2024年5月下旬に発売
カブト、システムヘルメット『RYUKI』に新色“フラットコヨーテ”を追加。2024年5月下旬に発売
AUTOSPORT web
お腹の大きい妊婦さんはどうするの? シートベルトのルールを再確認
お腹の大きい妊婦さんはどうするの? シートベルトのルールを再確認
ベストカーWeb
ガスリー、今季初入賞もオコンの接触に失望「チームの指示に背く行為」アルピーヌ代表も激怒/F1モナコGP
ガスリー、今季初入賞もオコンの接触に失望「チームの指示に背く行為」アルピーヌ代表も激怒/F1モナコGP
AUTOSPORT web
一生モノのステアリングは「ナルディ」と「モモ」! ロングセラー製品の愛される理由とは?「パーソナル」や「イタルボランテ」はどうなった?
一生モノのステアリングは「ナルディ」と「モモ」! ロングセラー製品の愛される理由とは?「パーソナル」や「イタルボランテ」はどうなった?
Auto Messe Web
アルファロメオ、主力『ジュリア/ステルヴィオ』に設定の限定車“スーペル・スポルト”の予約受付を開始
アルファロメオ、主力『ジュリア/ステルヴィオ』に設定の限定車“スーペル・スポルト”の予約受付を開始
AUTOSPORT web
スバル・トヨタ・マツダ「仲良くケンカ」 新エンジン開発で3社“共創/競争”宣言【動画あり】
スバル・トヨタ・マツダ「仲良くケンカ」 新エンジン開発で3社“共創/競争”宣言【動画あり】
グーネット
アルボン9位、ウイリアムズ今季初入賞を喜ぶも「角田の後ろでつらいレースだった」/F1モナコGP
アルボン9位、ウイリアムズ今季初入賞を喜ぶも「角田の後ろでつらいレースだった」/F1モナコGP
AUTOSPORT web
「正常進化」で富裕層をさらに誘惑 メルセデス・ベンツGクラスへ試乗 3L直6ディーゼルがベストフィット
「正常進化」で富裕層をさらに誘惑 メルセデス・ベンツGクラスへ試乗 3L直6ディーゼルがベストフィット
AUTOCAR JAPAN
このクルマの床、「竹」なんだぜ…? どうにかしたい“危険な植物”何に使える?
このクルマの床、「竹」なんだぜ…? どうにかしたい“危険な植物”何に使える?
乗りものニュース
三菱自動車の軽トラックが一部改良を実施。安全性と機能性を向上
三菱自動車の軽トラックが一部改良を実施。安全性と機能性を向上
カー・アンド・ドライバー
シンプルだけど気持ちがこもっている【ホンダ WR-V】
シンプルだけど気持ちがこもっている【ホンダ WR-V】
グーネット
ハミルトン、2ストップでファステストを記録もアンダーカットはならず「チームの指示にミス」とメルセデス/F1モナコGP
ハミルトン、2ストップでファステストを記録もアンダーカットはならず「チームの指示にミス」とメルセデス/F1モナコGP
AUTOSPORT web

みんなのコメント

1件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

254.7308.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

145.9383.9万円

中古車を検索
eKクロス EVの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

254.7308.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

145.9383.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村