現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アルファタウリの新フロア、リカルドも好感触「間違いなくポジティブなモノを見つけた。今は微調整……トップ10のマシンになっているはず」

ここから本文です

アルファタウリの新フロア、リカルドも好感触「間違いなくポジティブなモノを見つけた。今は微調整……トップ10のマシンになっているはず」

掲載
アルファタウリの新フロア、リカルドも好感触「間違いなくポジティブなモノを見つけた。今は微調整……トップ10のマシンになっているはず」

 アルファタウリF1のダニエル・リカルドは、最終戦に投入されたアップデートに好感触を得ているようで、うまく使いこなせるように微調整を行なっていると語った。

 アルファタウリはF1最終戦アブダビGPに、アップデート版のフロアを投入。シーズン最終戦にこれほどまで大きなアップデートを持ち込むのは、異例とも言える。

■角田裕毅、アルファタウリF1の最終アップデートに確かな手応えも「扱いにくさも増した」

 ただこのフロアは確実にパフォーマンス向上に繋がっているようで、角田裕毅は初日を終えた段階で「パフォーマンスは確実に一歩前進している」と評価している。ただその一方で、新しいフロアによってマシンの挙動が変わり、少し扱いにくくなったとも指摘している。

 このアップデートについて角田のチームメイトであるリカルドも、高評価を下している。

「今日の走行はポジティブだった」

 リカルドは初日のセッション終了後にそう語った。

「(FP2では)12番手だったけど、あまり気にしていない。僕らはそれ以上に優れていると思う。FP2ではいくつか変更を加えたけど、いくつかの部分では限界を少し超えてしまったのかもしれない。なので、かなり安心して明日を迎えることができると思う」

「このマシンからは、間違いなくいくつかポジティブなモノを見つけられたと思う。そのため、現在微調整を行なっているところだ。いくつかのことを少し変更し、それによって全てをまとめようとしているだけだ」

 レースに向けても、手応えを感じている様子のリカルド。チームのプレスリリースにも次のように語り、入賞に向けた期待感を示した。

「ミディアムタイヤでは、それなりのペースを出せていたように見えた。うまくいけば、トップ10に入れるだけのマシンになると思う」

 なおこのアブダビGPを終えると、F1はオフシーズンに入ることになる。リカルドは休みに入るのを楽しみにしているとしながらも、怪我により欠場していた期間も長かったことから、まだやりたいことが残っていると語った。

「通常アブダビのレースを迎える時には、『早く家に帰って、クリスマスツリーを見たい』と思うモノだ。家に帰れるというのは、いつでも楽しみなんだけど、それでももう少しやりたいことがあるとも感じている」

「その一方で、オフシーズンにトレーニングを行なって、自分の身体を理想的なモノに変えるのも待ちきれないね」

関連タグ

こんな記事も読まれています

シリンダー内の「旋回流」が鍵? アンモニアは化石燃料の代わりになるか 上智大学の研究チームが発表
シリンダー内の「旋回流」が鍵? アンモニアは化石燃料の代わりになるか 上智大学の研究チームが発表
AUTOCAR JAPAN
2024年もマツダはカーボンニュートラルでモータースポーツ! 「ENEOSスーパー耐久シリーズ2024年」にマツダ3と2台のロードスターで挑戦
2024年もマツダはカーボンニュートラルでモータースポーツ! 「ENEOSスーパー耐久シリーズ2024年」にマツダ3と2台のロードスターで挑戦
WEB CARTOP
恒例のBTCC公式シーズンラウンチ開催。最後のドニントン・テストは王者サットンが最速
恒例のBTCC公式シーズンラウンチ開催。最後のドニントン・テストは王者サットンが最速
AUTOSPORT web
無限、ホンダ・シビック・タイプR専用パーツ『グループA』を発表。新開発エアロで空力性能が大幅向上
無限、ホンダ・シビック・タイプR専用パーツ『グループA』を発表。新開発エアロで空力性能が大幅向上
AUTOSPORT web
性能調整変更でも『ポルシェが本命』とフェラーリのフォコ「僕らには少し厳しいコース」/WEC第2戦
性能調整変更でも『ポルシェが本命』とフェラーリのフォコ「僕らには少し厳しいコース」/WEC第2戦
AUTOSPORT web
“アンチ・スプリント”のフェルスタッペン、新フォーマットにはある程度満足?「前よりは良い。でも“レース”の後に予選というのがね……」
“アンチ・スプリント”のフェルスタッペン、新フォーマットにはある程度満足?「前よりは良い。でも“レース”の後に予選というのがね……」
motorsport.com 日本版
レクサスの“高級オフローダー”日本上陸! 新型「GX」秋頃発売へ “限定仕様車”は早くも抽選受付スタート
レクサスの“高級オフローダー”日本上陸! 新型「GX」秋頃発売へ “限定仕様車”は早くも抽選受付スタート
乗りものニュース
「800万円!?」 超高級な「軽自動車」に驚きの声! 今も「新車」で買える“超高性能”な「斬新モデル」に世界も注目!
「800万円!?」 超高級な「軽自動車」に驚きの声! 今も「新車」で買える“超高性能”な「斬新モデル」に世界も注目!
くるまのニュース
マセラティから第3のEVモデル登場! 新型「グランカブリオ フォルゴレ」にはフォーミュラEカーの技術がフィードバックされていました
マセラティから第3のEVモデル登場! 新型「グランカブリオ フォルゴレ」にはフォーミュラEカーの技術がフィードバックされていました
Auto Messe Web
うぉぉぉ! バスなのに線路も走れるだと!? 徳島県で実用化された「DMV」が「少年の夢」感アリアリで胸熱すぎる
うぉぉぉ! バスなのに線路も走れるだと!? 徳島県で実用化された「DMV」が「少年の夢」感アリアリで胸熱すぎる
WEB CARTOP
スバルとAMDがSoC設計で協業開始。ステレオカメラとAI処理を融合させ、次世代アイサイトに搭載へ
スバルとAMDがSoC設計で協業開始。ステレオカメラとAI処理を融合させ、次世代アイサイトに搭載へ
AUTOSPORT web
RB、角田裕毅苦戦の原因究明急ぐ「まだ彼のマシンに問題は見つかっていない」F1中国GP予選では19番手に沈む
RB、角田裕毅苦戦の原因究明急ぐ「まだ彼のマシンに問題は見つかっていない」F1中国GP予選では19番手に沈む
motorsport.com 日本版
フォーミュラEの東京大会が想像以上に盛り上がった理由
フォーミュラEの東京大会が想像以上に盛り上がった理由
@DIME
サインツJr.、決勝に向けて慎重な構え「レッドブルと対峙することを考えるより、マクラーレンやアストンに勝つ方法を考えなきゃ!」
サインツJr.、決勝に向けて慎重な構え「レッドブルと対峙することを考えるより、マクラーレンやアストンに勝つ方法を考えなきゃ!」
motorsport.com 日本版
2024年全日本ラリー第2戦「ツール・ド・九州 in 唐津」リポート! 新井/松尾組が駆るシュコダ・ファビアR5がワークスチームに立ち向かう!
2024年全日本ラリー第2戦「ツール・ド・九州 in 唐津」リポート! 新井/松尾組が駆るシュコダ・ファビアR5がワークスチームに立ち向かう!
くるまのニュース
レゴ ブロック初心者再び! セナが愛用した「マクラーレン MP4/4」を組み立ててみたら感激した
レゴ ブロック初心者再び! セナが愛用した「マクラーレン MP4/4」を組み立ててみたら感激した
レスポンス
ハミルトン、スプリント2位から一転まさかの予選Q1敗退。マシン大幅変更も、ミスの原因は風か
ハミルトン、スプリント2位から一転まさかの予選Q1敗退。マシン大幅変更も、ミスの原因は風か
motorsport.com 日本版
ファルケンポルシェがニュルブルクリンク24時間の予選レースで2連勝。前哨戦で強さを見せる
ファルケンポルシェがニュルブルクリンク24時間の予選レースで2連勝。前哨戦で強さを見せる
AUTOSPORT web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村