サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【MotoGP第2戦ドーハGP】世界戦に挑む日本人ライダー中上貴晶選手 苦渋の決断で17位フィニッシュ フロントタイヤのグリップ低下に苦しむ……

ここから本文です

■2021年シーズンのMotoGPに唯一の日本人ライダーとして参戦する中上選手、2戦目も苦しい結果に!!

 2輪ロードレースの世界最高峰、ロードレース世界選手権MotoGPの第2戦は、開幕戦に引き続きカタールのロサイル・インターナショナル・サーキットで2週続けての連戦、ナイトレースとして行われました。

スズキ「Ryuyo(竜洋)」(GSX-R1000Rレースバイク)軽量化された最強チューニングバイクが登場

 当初は第2戦としてアルゼンチンGPが予定されていたのですが、新型コロナウイルス感染症の影響により開催スケジュールが変更され、2戦連続カタールでの開催となったのです。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン