現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > こいつは英国版ヤリスクロスか? MINIクロスオーバー改め「カントリーマン」が489万円~で予約開始!

ここから本文です

こいつは英国版ヤリスクロスか? MINIクロスオーバー改め「カントリーマン」が489万円~で予約開始!

掲載 16
こいつは英国版ヤリスクロスか? MINIクロスオーバー改め「カントリーマン」が489万円~で予約開始!

 日本でも大人気の輸入車MINI。そのSUVモデルである「クロスオーバー」が、「カントリーマン」としてフルモデルチェンジを果たした。おそらく内燃機関を積むMINIはそろそろ見納め。チェックしておいても損はないぞ!

文/ベストカーWeb編集部、写真/MINI

こいつは英国版ヤリスクロスか? MINIクロスオーバー改め「カントリーマン」が489万円~で予約開始!

■クロスオーバー改め世界共通のカントリーマンへ!

MINIカントリーマン(日本未導入のSE ALL4)

 日本の輸入車市場で、つねに販売台数のトップ争いを演じているMINI。手頃なサイズと個性的なルックス、きびきびした走りが魅力だが、2030年初頭にはEV専用ブランドとなることも決定している。

 そんなMINIは今年9月、電動化に向けた橋渡しモデルとでもいうべき新型へフルモデルチェンジした。

 とはいえMINIの原点ともいえるハッチバックモデルは、EV仕様のみの発表だったため(※後日エンジン仕様も追加予定)、日本市場へはハッチバックよりも先にSUVモデルが先行上陸することになった。それが今回紹介する「MINIカントリーマン」だ。

 MINIファンならご存じの通り、カントリーマンとはもともと、BMC時代のMINIのワゴンモデルに付けられていた名前。

 BMW傘下となった新世代MINIにおいてはSUVモデルをこう呼んでいたのだが、なぜか日本だけはクロスオーバーという名前で販売され、今回の改名でようやく世界共通の名称へと統一されことになる。

■旧クロスオーバーに比べて130mm長く、25mm広い

エッジを持ちシャープな印象になったエクステリア

 そのカントリーマンの詳細だが、ボディサイズは全長4445mm、全幅1845mm、全高1660mm。先代に比べて130mm長く、25mm広く、65mm高くなったことになる。

 この拡大は後席や荷室容積に貢献しており、たとえば後席使用時のラゲッジ容量は450Lから505Lへと1割以上拡大した。

 エクステリアでは、全体的に丸みを帯びていたフォルムが明確なエッジを持ち、シャープさが増した印象を受ける。ボンネットにも明確な盛り上がりが与えられたのだが、これはパワードームというそうで、BMWのM3のような呼び名だ。

 インテリアだが、大幅なデジタル化によってすっきりとした印象が強まった。ステアリングホイール背後のメーター類は廃止され、MINIのアイコンでもあるダッシュボード中央の円形エリアへと表示系が集約された。

 円形エリア自体も平板なタッチ式有機ELディスプレイとなったから、まるで丸いお皿がくっついているかのように見える。シフトレバーやパーキングブレーキスイッチもセンターコンソールからは消え去り、円形ディスプレイの下に小さく格納されている。

 シートを含むトリムレベルは、今回「クラシック」「フェイバード」「JCW」の3種類から選択できる。クラシックがタン、フェイバードは落ち着いたブルー、JCWがブラック基調のカラーリングとなる。

 ドアトリムからダッシュボードにかけても新素材が用いられており、グラデーションで変化する色味が美しい。さらにはMINIエクスペリエンスモードという機能も備えており、ダッシュボード上の発光グラフィックやアンビエントライト、ドライビングサウンドなどが好みに応じて変えられるそうだ。

[articlelink]

■多彩な運転支援機能を搭載

がぜんすっきりしたインテリア。中央の円形部分はタッチ式の有機ELディスプレイに

 運転支援機能がアップデートされたことも新型カントリーマンの大きなトピックだ。最大の話題は「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能」。親会社でもあるBMWがいち早く日本導入したこの優れた機能が、カントリーマンでも使用できることになった。

 この他、アダプティブ・クルーズコントロールやレーンチェンジ・ウォーニング(車線変更警告)、レーンディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告)、クロストラフィック・ウォーニングなどを搭載しているほか、輸入車としては貴重な「ペダル踏み間違い急発進抑制機能」も、BMW車に準じて採用している。

 後付けすることが多いドライブレコーダーを標準装備している点もありがたい。前方はもちろん後方録画にも対応しているので、気が滅入るおあり運転の証拠映像なども記録できる。

 さらにはインテリジェント・パーソナルアシスタントを搭載しているので、自然な音声でカーナビやエアコンをコントロールすることが可能だ。

■全4グレードでガソリンとディーゼルが選べる

317ps+4WDという快速仕様の「MINI ジョン・クーパー・ワークス・カントリーマン」

 MINIカントリーマンのグレード構成だが、ラインナップは全部で4つ。

 まずベーシックな1.5L直列3気筒ガソリンターボを積むのが「C」、2Lの直列4気筒クリーンディーゼルターボを積むのが「D」、2L直列4気筒ガソリンターボに4WDシステムを組み合わせた「S ALL4」、高出力な2L 4気筒ガソリンターボを4WDと組み合わせた「ジョン・クーパー・ワークス」となる。

 最高出力とトルクだが、「C」が115kW(約156ps)/230Nm、「D」が110kW(約150ps)/360Nm、「S ALL4」が150kW(約204ps)/300Nm、「ジョン・クーパー・ワークス」が233kW(約317ps)/400Nmだ。価格はこの順に489万円、509万円、566万円、667万円となる。

 新たにオンラインストアでの365日24時間注文も可能となったMINIカントリーマン。追ってBEV仕様も投入されそうだが、最後となりそうなエンジン仕様を手に入れるのは悪くないだろう!

こんな記事も読まれています

鮮やかなボディカラー、滑らかなボディライン! 日産「シルビア」はいつの時代も若者の憧れだった
鮮やかなボディカラー、滑らかなボディライン! 日産「シルビア」はいつの時代も若者の憧れだった
Merkmal
贅沢なオープンカーは超エレガント──新型ベントレー コンチネンタルGTC アズール V8試乗記
贅沢なオープンカーは超エレガント──新型ベントレー コンチネンタルGTC アズール V8試乗記
GQ JAPAN
話題のキャンピングカーや憧れの四駆車が集結!「アウトドアフェス」大阪・万博記念公園で開催
話題のキャンピングカーや憧れの四駆車が集結!「アウトドアフェス」大阪・万博記念公園で開催
グーネット
SUVやミニバンで「もっとキャンプ」…頭上に空間広がるポップアップテントという理想形
SUVやミニバンで「もっとキャンプ」…頭上に空間広がるポップアップテントという理想形
driver@web
島民の10%が天然記念物などの動物を「ひいちゃった」ことがある!? 奄美のロードキル調査で判明 改善策は
島民の10%が天然記念物などの動物を「ひいちゃった」ことがある!? 奄美のロードキル調査で判明 改善策は
乗りものニュース
ルノー 『メガーヌ』のEVは航続450km…ジュネーブモーターショー2024に登場予定
ルノー 『メガーヌ』のEVは航続450km…ジュネーブモーターショー2024に登場予定
レスポンス
ビザ・キャッシュアップRB、実際にチームをなんて呼ぶ? 体制変更めぐる議論に首脳陣はニッコリ「これは素晴らしい悩みごと」
ビザ・キャッシュアップRB、実際にチームをなんて呼ぶ? 体制変更めぐる議論に首脳陣はニッコリ「これは素晴らしい悩みごと」
motorsport.com 日本版
人と被らない希少な日本車が欲しい人へ──新型スバル ソルテラ試乗記
人と被らない希少な日本車が欲しい人へ──新型スバル ソルテラ試乗記
GQ JAPAN
「ここ私道なの!?」長大橋に海底トンネルまで とんでもない規模の「専用道路」3選
「ここ私道なの!?」長大橋に海底トンネルまで とんでもない規模の「専用道路」3選
乗りものニュース
クロカンSUVに“スポーツカーの心臓”を搭載! ランドローバー「ディフェンダーV8」公道での印象は? 走り味はまるで“どう猛な暴れ馬”
クロカンSUVに“スポーツカーの心臓”を搭載! ランドローバー「ディフェンダーV8」公道での印象は? 走り味はまるで“どう猛な暴れ馬”
VAGUE
結局…「EVインフラ」どうなの? 「クルマが先、インフラが先」の問題! 不便さは解消されるのか
結局…「EVインフラ」どうなの? 「クルマが先、インフラが先」の問題! 不便さは解消されるのか
くるまのニュース
レッドブル、”メルセデスのアイデア”採用に「感情的にならないように、より良いモノを選んだ」
レッドブル、”メルセデスのアイデア”採用に「感情的にならないように、より良いモノを選んだ」
motorsport.com 日本版
マイカー利用も可能な軽自動車登録の電気配送車【ASF 2.0】
マイカー利用も可能な軽自動車登録の電気配送車【ASF 2.0】
グーネット
WEC公式テスト“プロローグ”のスケジュールが再度変更。初日は2セッション/10時間の走行に
WEC公式テスト“プロローグ”のスケジュールが再度変更。初日は2セッション/10時間の走行に
AUTOSPORT web
新車フェラーリ296 GT3を富士でテスト。ロベルト・メリは好感触「アウディと比べると全く違うクルマ。特に一発の速さは間違いなくある」
新車フェラーリ296 GT3を富士でテスト。ロベルト・メリは好感触「アウディと比べると全く違うクルマ。特に一発の速さは間違いなくある」
motorsport.com 日本版
[サウンド制御術・実践講座]クロスオーバー編…サブウーファーの「カットオフ周波数」の設定方法を解説!
[サウンド制御術・実践講座]クロスオーバー編…サブウーファーの「カットオフ周波数」の設定方法を解説!
レスポンス
「ここにはF1より平等なチャンスがある」とトヨタに再加入するニック・デ・フリース
「ここにはF1より平等なチャンスがある」とトヨタに再加入するニック・デ・フリース
AUTOSPORT web
北九州高速「環状化」1期区間は2024年度中完成へ 小倉‐八幡結ぶ「戸畑枝光線」被災で復旧工事
北九州高速「環状化」1期区間は2024年度中完成へ 小倉‐八幡結ぶ「戸畑枝光線」被災で復旧工事
くるまのニュース

みんなのコメント

16件
  • tomo
    なにをもってヤリスクロスと表現したのか意味不明なんだが。。価格セグメント、ターゲット層など何もかも異なるというのに。。
  • ilt********
    丸目じゃないミニなんて魅力なしー
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

178.9209.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0534.2万円

中古車を検索
ミニの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

178.9209.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0534.2万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村