サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【フォーミュラE】サム・バード、発足初年度から6シーズン所属したヴァージンを今季限りで離脱。来季はジャガーに移籍

ここから本文です

 フォーミュラE発足の2014-2015シーズンから一貫してヴァージンの一員として同シリーズを戦ってきたサム・バード。彼は今季限りでヴァージンを離れ、来たるシーズン7(2020-2021シーズン)に向けてジャガーと契約したことが明らかとなった。

 フォーミュラE最古参ドライバーのひとりであるバードは、これまで開催された63レース全てに出走。タイトル獲得経験こそないものの、6シーズン全てで勝利を収めているただひとりのドライバーだ。

■アウディ解雇のアプト、フォーミュラEで”再就職”。NIOからドイツ6連戦出走

 バードは今季いっぱいはヴァージンに残り、8月にベルリンのテンペルホーフ空港を舞台に行なわれる終盤6連戦に出場してシーズンを締めくくる。

おすすめのニュース

サイトトップへ