サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハミルトン初日最速も「レッドブルと比べると1ラップペースが良くない」解決策の絞り込みに入るメルセデス/F1第21戦

ここから本文です

 2021年F1サウジアラビアGPの金曜、メルセデスのルイス・ハミルトンはフリー走行1=1番手/2=1番手、バルテリ・ボッタスはフリー走行1=3番手/2=2番手だった。

 トラックサイド・エンジニアリング・ディレクターのアンドリュー・ショブリンは「FP2ではシングルラップのペースに少し苦労した」と一日を振り返った。
「これにどう対処するか、いくつか考えがあるので、今夜、ブラックリーのシミュレーターを使って、方向性を探る。ロングランペースは良さそうだ」

フェルスタッペン初日4番手も代表は「予想と異なりメルセデスが圧倒的有利ではない」とポジティブ/F1第21戦

「今日は最終的に2台が全く異なるセットアップで終えた。この後、データを検証するが、興味深い比較になりそうだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン