サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ショーワもケーヒンも消滅! 「日立アステモ」の誕生と子会社を手放した「ホンダ車」の行方

ここから本文です

 次世代の自動車開発のために選んだ選択

 KEIHIN、SHOWA、NISSIN……二輪・四輪を問わずホンダ系のレーシングマシンではお馴染みのロゴではないだろうか。ケーヒンはもともとキャブレターの印象が強いブランドで、その後はインジェクターやエンジンマネージメントシステムを主力としたサプライヤー。ショーワはサスペンションを中心にパワーステアリングや4WDシステムで知られたサプライヤー、そしてニッシン(日信工業)はブレーキのスペシャリストという印象が強いのではないだろうか。

かつてのホンダは凄かった! 踏めば脳天まで痺れる「エンジンのホンダ」を感じさせる名車5選

 しかし、こうしたロゴをサーキットで見ることは、もうないかもしれない。

おすすめのニュース

サイトトップへ