サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 最後の純内燃機関・国産高性能スポーツセダン? スバルWRX S4の驚くべきコストパフォーマンス

ここから本文です
スバルが2021年11月25日に発表したスポーツセダン、WRX S4。登場前のティザーなどでは、「レヴォーグのセダン版」などという冷めた見方はあったが、実車を目の前にすればそのスタイルを含めて新しいスポーツセダンといえる。パフォーマンスも申し分なく、これが400万円前後で買える。これからの自動車業界の情勢を見る限り、このWRX S4が最後のICE(純内燃機関)を積んだ国産スポーツセダンになるかもしれない。

まずスタイルが特徴的。スバル共通のデザイン言語である“DYNAMIC×SOLID”をさらに進化させ、アグレッシブさを加えたという。

おすすめのニュース

サイトトップへ