サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > FEチリ、改修で高難易度に? バンドーン 「フォーミュラEで最もトリッキーなコーナーが生まれた」

ここから本文です

 メルセデスのストフェル・バンドーンは、フォーミュラE第3戦サンティアゴePrixのレイアウト変更により、カレンダーの中で最もトリッキーなコーナーが生み出されたと語った。

 フォーミュラEのシーズン6(2019-20年)第3戦の舞台、チリのパーク・オイギンス・サーキットは、2度目のレース開催に先立ってレイアウトに大幅な変更が施された。

■DSテチータ、差別的なSNS投稿をしたチームメンバーを処罰

 シーズン5で事故が多発したシケインが削除され、ワイドな左のロングコーナーであるターン8が生まれた。全開でそこを抜けた後には、角度がきついブラインドの左コーナーが待ち受ける。

おすすめのニュース

サイトトップへ