現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 苦しんだ2023年から得た大きな学び。ペレス、レッドブルF1の新車RB20に手応え「今年はベストな状態で臨めるはず」

ここから本文です

苦しんだ2023年から得た大きな学び。ペレス、レッドブルF1の新車RB20に手応え「今年はベストな状態で臨めるはず」

掲載 更新
苦しんだ2023年から得た大きな学び。ペレス、レッドブルF1の新車RB20に手応え「今年はベストな状態で臨めるはず」

 レッドブルのセルジオ・ペレスは、チームとマシン特性の理解を深めたことで、2024年のニューマシンRB20では昨年の二の轍は踏まないと手応えを感じているようだ。

 ペレスは昨年、ドライバーズランキング2位を獲得したものの、Q3進出を9回も逃した挙げ句に直近18戦では勝利から見放され、最終的にチームメイトのマックス・フェルスタッペンには290ポイント差もつけられるという、彼にとって多くの点で忘れられないシーズンとなった。

■レッドブルRB20、日本GPから”ゼロポッド”にアップデート? メルセデスが捨てたコンセプトは、実は正解だったのか

 またペレスは、シーズンが進むにつれて先代のRB19のフィーリングが徐々に悪くなっていったことも問題を加速させたという。

「マシンの開発が進むにつれて、いくつか問題が出てきたんだ」とペレスは振り返る。

「その問題を改善しようとした結果、マシンからパフォーマンスが奪われてしまった。速くなるとは限らなかった。より快適にすることが必ずしもスピードに繋がる訳じゃないんだ」

「カタールと日本ではシーズンの底辺を過ごしたけど、そこで僕らは多くのことを理解できた」

 昨シーズン中盤スランプに陥っていたペレスは、昨年のアメリカGPに先立ちシミュレータで徹底的に走り込みを実施したが、そこでの理解がRB20を操る上で活きてくるという。

「昨年の反省を生かし、何がいけなかったのかを学び、ミスから学ぶことがとても重要だ」とペレスは言う。

「僕らは多くのことを理解できたと思う。僕はレッドブルで4年目になるし、今年はベストな状態で臨めるはずだ」

「苦しんだレースとその原因、マシンの方向性、補正し過ぎることが必ずしもマシンを良くするとは限らないというのを理解することに取り組んだ。その全てを学ぶことができたと思う」

 そしてペレスは、先日発表されたレッドブルのRB20について「シミュレータでの良い数字」に満足していると語り、来る2024年シーズンに向けて楽観的な姿勢を見せた。

 ペレス曰く、昨年のRB19と比べて特に改善された領域があるとして「基本的には低速域でのウィンドウが改善されているようだけど、サーキットを走ってみないと分からないのは確かだね」と明かした。

 そしてペレスは2024年シーズンでは一貫したパフォーマンスを発揮することを目指し、「序盤で強力な基盤を築くためにあらゆるチャンスを活かす。そして、それをシーズン全体に繋げ、1年を通して成長できるようにする」と語った。

関連タグ

こんな記事も読まれています

新型電動SUV『T9』、東洋の美学を取り入れたデザイン…奇瑞「風雲」ブランドが発表
新型電動SUV『T9』、東洋の美学を取り入れたデザイン…奇瑞「風雲」ブランドが発表
レスポンス
運転支援だらけで運転がつまらない……なんて感じてないか? あるぞ「クルマとガッツリ対話できる」運転の楽しいクルマ5台
運転支援だらけで運転がつまらない……なんて感じてないか? あるぞ「クルマとガッツリ対話できる」運転の楽しいクルマ5台
WEB CARTOP
Nissan Z NISMO Racing Conceptの本山哲「良いメンバー」とのニッサン車でのレースに笑顔
Nissan Z NISMO Racing Conceptの本山哲「良いメンバー」とのニッサン車でのレースに笑顔
AUTOSPORT web
「史上最も美しい」ランボルギーニのスーパーSUV『ウルスSE』日本発表 HV化も「ダウンサイジングではない」
「史上最も美しい」ランボルギーニのスーパーSUV『ウルスSE』日本発表 HV化も「ダウンサイジングではない」
レスポンス
トヨタが“新”「ヤリスクロス」初公開!? オシャグリーンの“ジャングル”仕様! ファッショナブルな「都市型クロスオーバー」墨に登場
トヨタが“新”「ヤリスクロス」初公開!? オシャグリーンの“ジャングル”仕様! ファッショナブルな「都市型クロスオーバー」墨に登場
くるまのニュース
【MotoGP現場ぶら歩き】広大な駐輪場で上がる興奮のエキゾーストノート。ヘレスで感じた2度目の熱情
【MotoGP現場ぶら歩き】広大な駐輪場で上がる興奮のエキゾーストノート。ヘレスで感じた2度目の熱情
バイクのニュース
“33年落ち”のホンダ初代「NSX」が なぜか日産の“認定中古車”として販売中! ワケあり車両でも「1年間の保証つき」だから安心して買える!?
“33年落ち”のホンダ初代「NSX」が なぜか日産の“認定中古車”として販売中! ワケあり車両でも「1年間の保証つき」だから安心して買える!?
VAGUE
F1 Topic:イモラを訪問したタイ首相はレース関係者とも対談。“タイ側”に接近するホーナーはF1開催を後押しか
F1 Topic:イモラを訪問したタイ首相はレース関係者とも対談。“タイ側”に接近するホーナーはF1開催を後押しか
AUTOSPORT web
【試乗】悪路シロートでも安心かつ余裕で走れる! 迷ったら「ヨコハマタイヤ ジオランダーA/T4」に偽りなし!!
【試乗】悪路シロートでも安心かつ余裕で走れる! 迷ったら「ヨコハマタイヤ ジオランダーA/T4」に偽りなし!!
WEB CARTOP
決勝前最後のプラクティス、カーブデーはディクソントップ。14番手佐藤琢磨は「クルマはまずまず妥当な仕上がり」
決勝前最後のプラクティス、カーブデーはディクソントップ。14番手佐藤琢磨は「クルマはまずまず妥当な仕上がり」
motorsport.com 日本版
〈人テク展2024横浜〉東レ、次世代モビリティコンセプトが進化 人テク名古屋ではさらなる機能拡充も
〈人テク展2024横浜〉東レ、次世代モビリティコンセプトが進化 人テク名古屋ではさらなる機能拡充も
日刊自動車新聞
ボルボが電動油圧ショベル『EC230 Electric』を日本に導入---20tクラス
ボルボが電動油圧ショベル『EC230 Electric』を日本に導入---20tクラス
レスポンス
実車メーカーの方から来ました!amtが採ったグリフトすれすれの方策とは…【アメリカンカープラモ・クロニクル】第27回
実車メーカーの方から来ました!amtが採ったグリフトすれすれの方策とは…【アメリカンカープラモ・クロニクル】第27回
LE VOLANT CARSMEET WEB
マツダ最強版「新型ロードスター」実車公開! 国内初の「2L」仕様は“市販化”前提!? めちゃスゴイ新型「RS C」とは
マツダ最強版「新型ロードスター」実車公開! 国内初の「2L」仕様は“市販化”前提!? めちゃスゴイ新型「RS C」とは
くるまのニュース
今週、話題になったクルマのニュース3選(2024.5.25)
今週、話題になったクルマのニュース3選(2024.5.25)
@DIME
トヨタ 改良された液体水素燃料車のカローラH2コンセプトで富士24時間レースに出場
トヨタ 改良された液体水素燃料車のカローラH2コンセプトで富士24時間レースに出場
Auto Prove
スーパー耐久第2戦富士24時間を前にTECHNO FIRST R8 LMS GT4が無念のリタイアに
スーパー耐久第2戦富士24時間を前にTECHNO FIRST R8 LMS GT4が無念のリタイアに
AUTOSPORT web
「最高の1日だった」ハミルトン、モナコGP初日終えてメルセデスの予選ペースに自信。残る課題はロングラン?
「最高の1日だった」ハミルトン、モナコGP初日終えてメルセデスの予選ペースに自信。残る課題はロングラン?
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村