サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 見た目が良ければイイ! 排ガス規制で「牙が抜かれた」けど意外とイケてた車3選

ここから本文です

■排出ガス規制の強化で「牙が抜かれた」状態ながらイケてたクルマを振り返る

 1960年代の日本ではマイカーの普及が本格化し、自動車の保有台数も急激に上がっていました。すると、大きな問題としてクローズアップされたのが、大気汚染でした。

オヤジセダンに280馬力のエンジンを搭載!? 隠れ高性能車5選

 大気汚染の原因はクルマだけでなく、工場から排出される「ばい煙」や「揮発性物質」などもありましたが、やはり注目されたのはクルマの排気ガスで、一酸化炭素(CO)、炭化水素(HC)、窒素酸化物(NOx)、そして粒状物資(PM)と、多くの大気汚染物質が含まれていました。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン