現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 英国の絶滅危惧種 まだ新しいのに消滅しそうなクルマ 40選 後編 21世紀の希少車

ここから本文です

英国の絶滅危惧種 まだ新しいのに消滅しそうなクルマ 40選 後編 21世紀の希少車

掲載 9
英国の絶滅危惧種 まだ新しいのに消滅しそうなクルマ 40選 後編 21世紀の希少車

20:レクサスIS-F

発売:2008年
総販売台数:232台
残存台数:182台

【画像】有名だが英国では不振だった高級車【インフィニティQ60、アストン マーティン・シグネット、レクサスIS Fを写真で見る】 全50枚

BMW M3に対抗するエキサイティングな日本車。

19:インフィニティG37

発売:2009年
総販売台数:207台
残存台数:161台

BMW 3シリーズと同クラスのクーペとカブリオレで、新車当時よりも注目度が高い。

18:インフィニティQ60

発売:2014年
総販売台数:200台
残存台数:173台

BMW 3シリーズへのもう1つの挑戦。今回はさらに希少。

17:ルノー・アヴァンタイム

発売:2002年
総販売台数:393台
残存台数:147台

高級ミニバン・クーペというのは、ウォシュレット付きの庭小屋と同じくらい便利だ。しかし、アヴァンタイムにはファンがいて、れっきとしたオーナーズクラブもある。開発の背景には、以前エスパスを生産していたマトラの工場を活用するという目論見もあったが、それは達成されず、また新しいセグメントを確立することもできなかった。

16:ルノー・ヴェルサティス

発売:2001年
総販売台数:1284台
残存台数:109台

ルノーが高級車ブランドを打ち負かすために行った最後の挑戦。野心的で高価、そして見事なまでに効果のない試みであった。ヴェルサティスは紛れもなく異彩を放ち、予想外によくできていたが、奇妙すぎて売れないフランス車という巨大な倉庫に加わってしまった。

15:インフィニティEX30/EX37

発売:2009年
総販売台数:174台
残存台数:148台

どれがどのモデルなのかわからないほど、インフィニティのネーミング・システムは素っ気ない。EX30/EX37は魅力的なSUVで、ディーゼルの設定もあった。しかし、それだけでは十分ではなく、売れ行きは散々に終わる。こうした積み重ねから、インフィニティの英国販売は現在、閉鎖されてしまっている。

14:アストン マーティン・シグネット

発売:2011年
総販売台数:154台
残存台数:127台

アストンのウルリッヒ・ベズCEOとトヨタの豊田章男社長の会話から生まれたとされる、変わり種の超高級コンパクトカー。アストン マーティンの中でも希少な部類に入るが、お馴染みのスポーツカーではない。驚くことに、シグネットは現在、V8ヴァンテージの初期型よりも価値がある。

13:キャデラックCTS

発売:2005年
総販売台数:299台
残存台数:105台

アメリカン・スタンダードのコンパクトセダン。販売台数は非常に少ない。

12:シボレー・ボルト

発売:2012年
総販売台数:130台
残存台数:110台

シボレー・ボルトは低排出ガス革命の引き金となるはずだった。トヨタ・プリウスの車輪の跡をたどる革命だったのは事実だが、プラグインハイブリッドのボルトは一定の成果を上げた。しかし、英国では事情が異なる。また、兄弟車ヴォグゾール・アンペラは1288台しか売れず、両車とも高すぎる価格が足かせとなった。

11:ヒョンデXG

発売:2000年
総販売台数:698台
残存台数:28台

ビジネスマン向けの韓国出身のミドルサイズセダン。

10:ルノー・フルエンスZ.E.

発売:2012年
総販売台数:79台
残存台数:44台

メガーヌ・セダンの後継となるEVで、記憶に残るほど猛烈な発進加速性能と、同じく猛烈な充電頻度を特徴とする。高価格と充電インフラの不足により、すぐに廃れた。しかし、最近のEVブームで中古車価格は上昇している。

9:マイバッハ57&62

発売:2003年
総販売台数:81台
残存台数:35台

BMWによるロールス・ロイス買収と、フォルクスワーゲンによるベントレー買収に対抗しようとしたダイムラーの無分別な試み。マイバッハはほとんど無名のブランドだったが、最大の問題は57および62の印象の薄いスタイリングだった。ローバー75を引き伸ばしたようだが、そこにエレガンスはない。

8:キャデラックSRX

発売:2006年
総販売台数:55台
残存台数:28台

急速に姿を消しつつある大型高級アメリカンSUV。

7:スマート・クロスブレード

発売:2003年
総販売台数:27台
残存台数:17台

太陽を求め、風を好み、駐車場に制約のある、無限の資金力を持つ都市生活者のための、愚かな屋根なし、フロントガラスなしのコンパクトカー。そのような人は驚くほど少ない。左ハンドルのみであること、価格が高いこと、屋根付き駐車場で保管する必要があることなどが、販売を妨げる要因となった。

6:ヒョンデ・グランディア

発売:2005年
総販売台数:39台
残存台数:21台

野心的な高級セダンであったが、英国では今も昔も希少なクルマである。

5:キャデラックSTS

発売:2008年
総販売台数:31台
残存台数:23台

CTSよりやや大型のアメリカン・サルーンだが、販売台数はもっと少ない。

4:MG XパワーSV

発売:2004年
総販売台数:36台
残存台数:19台
デ・トマソをベースとしたSVは、ポルシェ911に匹敵する野心的な価格設定で、醜く、未完成で、事実上販売不可能だった。MGローバーの最も軽率な冒険と言える。しかし、走らせてみると確かに速く、カーボンファイバー製パネルなどはとても上質だった(インテリアを除く)。

3:インフィニティM37

発売:2010年
総販売台数:13台
残存台数:13台

ガソリンエンジン搭載のM37は、英国向けのインフィニティで最も販売台数が少ない。

2:ミア・エレクトリック

発売:2013年
総販売台数 18
残存台数:12台

ベビーカーとバスとバンを掛け合わせたような奇妙なフランス車。中央に運転席があり、スライドドア、電気駆動と珍しいもの尽くしで、航続距離は「もう十分だ!」と思う瞬間と一致していた。ハンドリングは良かった。

1:キャデラックXLR

発売:2007年
総販売台数:3台
残存台数:3台

販売台数が極小としか言いようのないアメリカン・コンバーチブル。もしこのクルマを外で見つけたら、その幸運を糧に宝くじを大量に買うべきだ。英国最大の「ユニコーン」の1つ。

こんな記事も読まれています

好調の角田裕毅が語る、感情コントロール。“暴発”抑えるよう心がけ「慣れてないから神経を使うけど……レースで結果がついてきている」
好調の角田裕毅が語る、感情コントロール。“暴発”抑えるよう心がけ「慣れてないから神経を使うけど……レースで結果がついてきている」
motorsport.com 日本版
トヨタ『クラウンセダン』は違う---水素を使う理由と苦労をチーフエンジニアが語る
トヨタ『クラウンセダン』は違う---水素を使う理由と苦労をチーフエンジニアが語る
レスポンス
マツダ、欧州で3列シートSUV「CX-80」を初公開
マツダ、欧州で3列シートSUV「CX-80」を初公開
月刊自家用車WEB
トヨタ新型「“9人乗り”ミニバン」発表! 全長4.4m級から選べる「超静音モデル」! 精悍顔の「新プロエース」に反響も…約643万円から英に登場
トヨタ新型「“9人乗り”ミニバン」発表! 全長4.4m級から選べる「超静音モデル」! 精悍顔の「新プロエース」に反響も…約643万円から英に登場
くるまのニュース
トヨタ ランドクルーザー「250シリーズ」が520万円~で発売開始!丸目ランプの ZX"First Edition"とサンドカラーのVX"First Edition"は、限定8000台の特別枠だった
トヨタ ランドクルーザー「250シリーズ」が520万円~で発売開始!丸目ランプの ZX"First Edition"とサンドカラーのVX"First Edition"は、限定8000台の特別枠だった
Webモーターマガジン
知らない土地を走るときは「ローカル・ルール」にご注意!「名古屋走り」や「茨城ダッシュ」の意味をご存知ですか?
知らない土地を走るときは「ローカル・ルール」にご注意!「名古屋走り」や「茨城ダッシュ」の意味をご存知ですか?
Auto Messe Web
マツダばかりの2日間! 「MAZDA FAN FESTA 2024 IN TOHOKU」は老若男女がモータースポーツを楽しめるコンテンツ満載だった
マツダばかりの2日間! 「MAZDA FAN FESTA 2024 IN TOHOKU」は老若男女がモータースポーツを楽しめるコンテンツ満載だった
WEB CARTOP
【日本にも導入予定】マツダ、3列SUV「CX-80」を欧州で発表…伸びやかなスタイリング
【日本にも導入予定】マツダ、3列SUV「CX-80」を欧州で発表…伸びやかなスタイリング
driver@web
F1第5戦、2019年以来久々の中国開催、しかもスプリントレースフォーマットで混戦必至!?【中国GP プレビュー】
F1第5戦、2019年以来久々の中国開催、しかもスプリントレースフォーマットで混戦必至!?【中国GP プレビュー】
Webモーターマガジン
これもフォーミュラEの魅力? 日産ローランド、エネルギー節約の団子レースは「新しいファン層を作るきっかけになる」
これもフォーミュラEの魅力? 日産ローランド、エネルギー節約の団子レースは「新しいファン層を作るきっかけになる」
motorsport.com 日本版
GB350からエクステリア全部変えた! 高コストな燃料タンクまで新作したGB350Cの開発者に聞く
GB350からエクステリア全部変えた! 高コストな燃料タンクまで新作したGB350Cの開発者に聞く
WEBヤングマシン
大人にゃ出せないアイディア力! 中高生が自由な発想で競った「モビリティデザインコンテスト」に脱帽!!
大人にゃ出せないアイディア力! 中高生が自由な発想で競った「モビリティデザインコンテスト」に脱帽!!
WEB CARTOP
トヨタ自動車がスポーツメディアを立ち上げ…『トヨタイムズスポーツ』開始
トヨタ自動車がスポーツメディアを立ち上げ…『トヨタイムズスポーツ』開始
レスポンス
DAZNの人気F1番組にレギュラー出演できる! 『WEDNESDAY F1 TIME』PRアンバサダーオーディション開催。エントリーは4/29まで
DAZNの人気F1番組にレギュラー出演できる! 『WEDNESDAY F1 TIME』PRアンバサダーオーディション開催。エントリーは4/29まで
motorsport.com 日本版
1990~2000年代の国産スポーツって軒並み価格高騰かと思ってた! 「こんな値段で買えるの?」的中古スポーツ4選
1990~2000年代の国産スポーツって軒並み価格高騰かと思ってた! 「こんな値段で買えるの?」的中古スポーツ4選
WEB CARTOP
次期ホンダ「CB1000ホーネット」「CB1000R」にもEクラッチ採用!? レブル250/CL250に続くのはCB1000系か
次期ホンダ「CB1000ホーネット」「CB1000R」にもEクラッチ採用!? レブル250/CL250に続くのはCB1000系か
WEBヤングマシン
トヨタ、ランドクルーザー250を発売 2.8Lディーゼルと2.7Lガソリンを設定 520万円から
トヨタ、ランドクルーザー250を発売 2.8Lディーゼルと2.7Lガソリンを設定 520万円から
日刊自動車新聞
正確、確実、多用途! ダイナミックな走行テストを受ける新型「BMW X3」
正確、確実、多用途! ダイナミックな走行テストを受ける新型「BMW X3」
LE VOLANT CARSMEET WEB

みんなのコメント

9件
  • マイバッハがボロクソ言われてるw
    まぁ無名なのは仕方ないよ。
    歴史ないし、メルセデスベースってだけの存在。
  • レクサスは欧州では通用しなかった
    ただ高いだけのクルマは通用しない
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村