サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 100万ドルのフェラーリは古くて新しい!──フェラーリ新型モンツァSP1&SP2登場!(パリサロン速報)

ここから本文です

100万ドルのフェラーリは古くて新しい!──フェラーリ新型モンツァSP1&SP2登場!(パリサロン速報)

フェラーリは新しいモデルコンセプト「ICONA(イーコナ)」シリーズをパリサロンで発表した。とりわけ刺激的な歴史的フェラーリをモチーフとした限定シリーズだ。

パリサロンで発表されたICONAシリーズの第1弾は「モンツァSP1」および「モンツァSP2」の2台。両モデルともに1950年代のレーシングフェラーリをイメージソースにしているだけに、生産型のフェラーリとは一線を画す。

ルノーのスポーツカーがアツい!──パリ・オートサロン注目の新車

どちらもフェラーリ812スーパーファストの6496ccV型12気筒エンジンを、「バルケッタ」(小舟)と呼ばれるオープンボディに搭載。なお、同エンジンの出力はさらに10ps向上しているという。

バルケッタはスパイダーと違って、より装備が簡略化した仕様をさす。快適性を求めたウィンドシールドはなく、ごく小さな風防が運転席と助手席、それぞれに備わっている場合が多い。そして助手席がない仕様もこれまで少なくなかった。

今回のモンツァSP1およびモンツァSP2も、オーダー時にシングルシーターか2シーターを選択するシステムとなっている。モデル名の「1」と「2」はシート数をさす。また、ウィンドシールドやルーフも備わらない。究極のオープンドライブが体感出来るのだ。

ボディはカーボンファイバーなど軽量素材を多用する。デザイナーは過去のモデルからインスピレーションを得たというが、物理的なウィンドシールドをもたない代わりに、「バーチャルウィンドスクリーン」と呼ばれる、新しい整流機構を採用した点が興味ぶかい。これは、エアインテークから取り込んだ風を、インパネ上部から垂直方向に排出し、気流を頭上方向に逸らすものだ。

デザインでは、往年のモデルに見られたボディを上下2分割したような手法が往々にして見られるのが特徴だ。また、リアコンビネーションランプが左右つながっているようにデザインされている。この狙いは「テールライト・アッセンブリーが、フェンダーから流れ出てボンネットを囲むような一筋のラインを創出し、アッパーシェルがまるで独立しているかのような印象を与えるため」と、フェラーリは説明する。

SP1およびSP1はともに車両価格は100万ドルを超えるというが、生産予定の500台はすでに完売済みと報道されている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します