サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 豊田合成、名古屋大付属病院にコロナ対応防護服200着を提供 エアバッグ生地を使用

ここから本文です
 豊田合成は、新型コロナウイルスに対応する防護服200着を名古屋大学医学部附属病院などの医療機関に提供した。

 同社は、エアバッグ生地を製造する東洋紡、中国の縫製メーカーである華利達服装集団有限公司(江蘇省)と共同で、エアバッグの生地を使った防護服を生産している。エアバッグ生地はナイロンをシリコンでコーティングしており、空気を通さないため防護服に転用できる。洗って繰り返し使うことも可能だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ