現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1次期PU開発、アウディやレッドブルら新規メーカーにとっては「大きな挑戦」とフェラーリ。現規定ではホンダが過去に大苦戦……歴史は繰り返される?

ここから本文です

F1次期PU開発、アウディやレッドブルら新規メーカーにとっては「大きな挑戦」とフェラーリ。現規定ではホンダが過去に大苦戦……歴史は繰り返される?

掲載
F1次期PU開発、アウディやレッドブルら新規メーカーにとっては「大きな挑戦」とフェラーリ。現規定ではホンダが過去に大苦戦……歴史は繰り返される?

 F1では2026年からテクニカルレギュレーションを刷新し、マシンに搭載されるパワーユニット(PU)の仕様が大きく変更されることが決まっている。レギュレーションが一新されることで、既存のメーカーも新規メーカーも、経験値が大きな差を生むことはないようにも考えられるが、フェラーリでF1パワーユニット・テクニカルディレクターを務めるエンリコ・グアルティエリは、それでも新規PUメーカーにとっては「大きな挑戦になる」と考えている。

 次世代PUでは、V型6気筒エンジン+ハイブリッドシステムという現在の構成を引き継ぎつつ、高価かつ複雑なMGU-Hを廃止。内燃エンジンと電気モーターの出力比率を50:50にすることをF1とFIAは目指している。

■アウディF1プロジェクト、再び将来に懸念? 推進派の幹部役員が解任との報から憶測広がる

 このレギュレーション改訂を機に、アウディとレッドブル・パワートレインズ(RBPT)が2026年から、アンドレッティと手を組むキャデラック(ゼネラルモーターズ)が2028年からPUメーカーとして新規参戦する意向を示している(ホンダは2026年から”正式復帰”ではあるものの、現在も実質的にはレッドブル系2チームにPU供給中)。そして3社はそれぞれの参戦開始時期に向け、次世代PUの開発を既に開始している。

 新レギュレーションへの対応は、2014年から導入された現在のV6ハイブリッドで経験を持つメルセデス、フェラーリ、ホンダ、ルノーにとってもチャレンジとなる。しかしフェラーリのグアルティエリ曰く、現行レギュレーションでのノウハウが無い状態で新規参戦を行なうメーカーにとっては、より難しいモノになるという。

 実際、F1という舞台における技術的な蓄積はコース上の結果に現れるモノで、歴史を振り返れば、現在“チャンピオンPU”にまで上り詰めたホンダも、2015年にPUマニュファクチャラーとしてF1に復帰した当初は大苦戦していた。当時パートナーを組んだマクラーレン製シャシーとの兼ね合いも関係しているが、信頼性、パフォーマンス共にライバルPUメーカーから後れを取っていた。

 motorsport.comの取材に応じたグアルティエリは、新規参戦PUメーカーが直面する課題について、次のように答えた。

「私は彼らの施設にいるわけでも、彼らの立場にいるわけでもないので何とも言えない」

「しかし結局のところ、このプロダクトの複雑さのレベルが高いのは確かだ。新しいプロジェクトの準備は、誰にとっても簡単なことではない」

「エンジニアリングの観点からデザイン、能力、技術だけでなく、ロジスティクスやインフラにも関連することを学び、創造する必要があるのは確かだから、彼らの仕事ぶりに敬意を示すことはできる。彼らは重要かつ大きな挑戦に直面しているのだ」

 またグアルティエリは、既存PUメーカーにとっての新レギュレーションでのマイナス面として、2025年末までは性能開発が凍結されている現行レギュレーションにリソースを割く必要がある点を挙げた。

「我々サイドでは、明らかに違ってくる」とグアルティエリは言う。

「シーズン中の作業量を考えるとまだエネルギーが必要なのは明らかで、現在のプログラムに対応しなければならないのは事実だ」

「というわけで、このふたつは異なるチャレンジだが、どちらも我々が行なう仕事のレベルという点では、かなり高いよ」

 ただレギュレーションによって、メーカーが現行PUにどれだけ作業を行なうことができるかどうかはある程度決まっている。

「新しいPUのコアパーツを開発する段階に入っているのは事実だ」とグアルティエリは言う。

「ただパーセンテージで見れば、簡単なことだ。結局、現在のテストベンチの稼働時間はある程度決まっていて、シーズンごとに少なくなっていくからね」

「今シーズンは、現行PUで使用できるテストベンチの稼働時間が減ることになる。現在のエンジンに投入するモノを、定義上は減らしていることになる。残りの全てを新しいプロジェクトとして進めることになるのは明らかだ」

「そういった課題はあるものの、我々は2024年シーズンに集中している。今年は史上最長のシーズンだからね」

「コンポーネント的にも、PU自体にとっても、それがどれだけチャレンジングなモノになるかは分かっている。だから我々は、これから始まるシーズンに集中している」

こんな記事も読まれています

650馬力の「高性能スポーツカー」が“人気アニメ”の世界を駆ける! 「アイオニック5 N」と「攻殻機動隊 SAC_2045」のコラボキャンペーン始動へ
650馬力の「高性能スポーツカー」が“人気アニメ”の世界を駆ける! 「アイオニック5 N」と「攻殻機動隊 SAC_2045」のコラボキャンペーン始動へ
くるまのニュース
たった1年で販売終了? 米国の希少車 42選 前編 「大人の事情」で打ち切られたクルマたち
たった1年で販売終了? 米国の希少車 42選 前編 「大人の事情」で打ち切られたクルマたち
AUTOCAR JAPAN
ボルボ144 E 「スウェーデン製」と端々から伝わる 当時は最も堅牢な4気筒 人気小説家の愛車(1)
ボルボ144 E 「スウェーデン製」と端々から伝わる 当時は最も堅牢な4気筒 人気小説家の愛車(1)
AUTOCAR JAPAN
「一生モノ」の真面目なサルーン ボルボ144 E 走れる状態では英国唯一 人気小説家の愛車(2)
「一生モノ」の真面目なサルーン ボルボ144 E 走れる状態では英国唯一 人気小説家の愛車(2)
AUTOCAR JAPAN
ホンダ「EVシフトは着実に進んでいく」推進する方針は変わらず 2040年で販売比率100%の達成を目指す
ホンダ「EVシフトは着実に進んでいく」推進する方針は変わらず 2040年で販売比率100%の達成を目指す
乗りものニュース
2024年F1第8戦モナコGP予選トップ10ドライバーコメント(2)
2024年F1第8戦モナコGP予選トップ10ドライバーコメント(2)
AUTOSPORT web
2024年F1第8戦モナコGP予選トップ10ドライバーコメント(1)
2024年F1第8戦モナコGP予選トップ10ドライバーコメント(1)
AUTOSPORT web
超高級! メルセデス・ベンツ新ブランド「ミトス」始動! 第1弾は“屋根なし窓なし”スーパーカー 限定250台「ピュアスポーツ」 世界初公開
超高級! メルセデス・ベンツ新ブランド「ミトス」始動! 第1弾は“屋根なし窓なし”スーパーカー 限定250台「ピュアスポーツ」 世界初公開
くるまのニュース
角田裕毅、成長を実感した予選Q2のラストアタック「取り乱すことなく、冷静に終えられた」/F1インタビュー
角田裕毅、成長を実感した予選Q2のラストアタック「取り乱すことなく、冷静に終えられた」/F1インタビュー
AUTOSPORT web
なんかタイヤが浮いてない!? 高速で見かける謎のトラックは「高速料金節約」のためだった
なんかタイヤが浮いてない!? 高速で見かける謎のトラックは「高速料金節約」のためだった
WEB CARTOP
深夜の「高速バス」でなかなか眠れないとき、あなたは何を考えているのだろうか?
深夜の「高速バス」でなかなか眠れないとき、あなたは何を考えているのだろうか?
Merkmal
愛車の履歴書──Vol38. 吉沢悠さん(前編)
愛車の履歴書──Vol38. 吉沢悠さん(前編)
GQ JAPAN
【人とくるまのテクノロジー展2024】スズキ 牛糞からのバイオ・メタンガスを使った環境対応車を展示
【人とくるまのテクノロジー展2024】スズキ 牛糞からのバイオ・メタンガスを使った環境対応車を展示
Auto Prove
岡本裕生、キャリア2勝目を獲得「攻め切った結果の勝利」/2024全日本ロード第3戦SUGO JSB1000 レース2
岡本裕生、キャリア2勝目を獲得「攻め切った結果の勝利」/2024全日本ロード第3戦SUGO JSB1000 レース2
AUTOSPORT web
三菱自動車、軽商用車「ミニキャブ トラック」を一部改良
三菱自動車、軽商用車「ミニキャブ トラック」を一部改良
月刊自家用車WEB
【MotoGP】クアルタラロ「トンネルに光が差した感じ」ヤマハの開発状況が好転? カタルニアGPで投入新エアロにも好感触
【MotoGP】クアルタラロ「トンネルに光が差した感じ」ヤマハの開発状況が好転? カタルニアGPで投入新エアロにも好感触
motorsport.com 日本版
だから「シエンタ&フリードだけ」になった あんなにたくさんあったライバル車が消えた理由
だから「シエンタ&フリードだけ」になった あんなにたくさんあったライバル車が消えた理由
乗りものニュース
リカルド予選12番手「前進を期待していたが、少し後退したように思う」/F1モナコGP
リカルド予選12番手「前進を期待していたが、少し後退したように思う」/F1モナコGP
AUTOSPORT web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村