現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 最新のレギュレーションに適合させたうえで大幅進化を果たしたアストンマーティン・ヴァンテージGT3が登場

ここから本文です

最新のレギュレーションに適合させたうえで大幅進化を果たしたアストンマーティン・ヴァンテージGT3が登場

掲載
最新のレギュレーションに適合させたうえで大幅進化を果たしたアストンマーティン・ヴァンテージGT3が登場

 英国アストンマーティンは2024年2月12日(現地時間)、GT3カテゴリーに参戦する進化版の「ヴァンテージGT3(Vantage GT3)」を発表した。車両価格は税抜きで57万5000ポンド(約1億960万円)に設定する。

 新しいヴァンテージGT3は、2012年から2023年の11年間、52回のクラス優勝と11回の世界選手権タイトル獲得という驚異的な強さを誇ったヴァンテージGTEおよびヴァンテージGT3の後継を担うアストンマーティンのGT3マシンに位置。開発はF1をはじめとするモータースポーツ活動を担うアストンマーティン・レーシング(AMR)と、技術開発ディビジョンのアストンマーティン・パフォーマンス・テクノロジーズ(AMPT)が初のタッグを組み、エアロダイナミクスやシャシー、4リットルV8ツインターボエンジンを始めとするパワートレインなどの改良を実施する。実際の工程では、AMPTが厳密な目標を設定し、その目標に沿った開発をAMRが行うという手順をとった。

従来比で155ps/115Nmの出力アップを果たした改良型アストンマーティン・ヴァンテージがデビュー

 まず課題となったのが、旧モデルで指摘されたハンドリング面の改善。プロ・アマ両方のドライバーにとって可能な限り運転しやすいものにすることを目指し、足回りの変更やエアロダイナミクスの改善などを手がける。新世代のGT3カーは従来以上にダウンフォースに頼るため、ブレーキ時の安定性の向上は必須。旧モデルではブレーキ時にかなり沈み込みが見られたため、リアサスペンションのセットアップでピッチの制御を試みる。ただし、それだけではサスペンションが硬くなってゴツゴツとした動きになるうえ、タイヤにも過度な負担がかかるというデメリットが発生する。そこでダンパーのチューニングに集中的に取り組み、旧モデルに比べてはるかに優れたバランスを見つけ出して、サスペンションのセットアップを悪化させることなく有効なダウンフォースを発生させて、優れたハンドリング性能を実現した。

 エアロダイナミクス自体は、数値流体力学を活用することでFIAのダウンフォース規制の枠内で空力特性の向上と効率性のアップを具現化。なかでもフロントセクションは、グリルのワイド化を果たして見栄えをよくするとともに、ブレーキダクトからブレーキに流す冷却用空気の量を増やして、制動性能を引き上げる。また、一体型クラムシェル形状のカーボンファイバー製フロントノーズは、クイックリリース設計によりレース中の接触などのアクシデントで損傷した際などでも素早く交換が可能。さらに、スプリッターを短く設定して圧力の中心を旧モデルより後方にずらし、ピッチ感度を下げて安定性を向上させた。加えて、フロントホイールアーチ上部に配した大型ルーバーは空気を逃してリフトを低減し、合わせてリアアーチのルーバーで高圧の空気を逃すことでドラッグを減らして、走行安定性をいっそう高める。リアウイングやディフューザーなどの造形を変更して、よりバランスのいい空気の流れを創出したこともトピックだ。

 進化したヴァンテージGT3は、FIA世界耐久選手権(WEC)、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権(IMSA)、ファナテックGTワールドチャレンジ、ヨーロピアン・ル・マン・シリーズ(ELMS)、ニュルブルクリンク耐久シリーズ(NLS)など、名だたるGTシリーズに参戦予定。アストンマーティンは2024年シーズンにおいて、最終的に全世界で30台ほどのヴァンテージGT3の走行を想定しているという。

こんな記事も読まれています

【最新モデル試乗】爽快スポーツチューン! 日産アリアNISMOの胸踊るパフォーマンス
【最新モデル試乗】爽快スポーツチューン! 日産アリアNISMOの胸踊るパフォーマンス
カー・アンド・ドライバー
964型ポルシェ911のレストアを手がけるシンガーがコーンズと日本における代理店契約を発表
964型ポルシェ911のレストアを手がけるシンガーがコーンズと日本における代理店契約を発表
@DIME
ワイルドだぜえ! 本格クロカン度マシマシの新型[ハスラー タフワイルド]見参! こりゃ売れそうだ!
ワイルドだぜえ! 本格クロカン度マシマシの新型[ハスラー タフワイルド]見参! こりゃ売れそうだ!
ベストカーWeb
全長4.2m! レクサス新型「小さな高級車」登場! ちょうど“イイ”サイズ×「3つの豪華内装」採用! クラス超え「高級インテリア」 どんな種類がある?
全長4.2m! レクサス新型「小さな高級車」登場! ちょうど“イイ”サイズ×「3つの豪華内装」採用! クラス超え「高級インテリア」 どんな種類がある?
くるまのニュース
本当に欲しいクルマを手に入れるには「強烈な動機付けがないと無理かもしれない」という話
本当に欲しいクルマを手に入れるには「強烈な動機付けがないと無理かもしれない」という話
外車王SOKEN
トラック業界に蔓延する「買い叩き」 下請法運用基準の見直しより、もはや「高額罰金」しかないのか?
トラック業界に蔓延する「買い叩き」 下請法運用基準の見直しより、もはや「高額罰金」しかないのか?
Merkmal
ホンダ「モンキー125」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「モンキー125」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
F1モナコGP FP2:ホームレースのルクレールが初日最速。ハミルトンとアロンソが続き、トップ5に5チームが入る
F1モナコGP FP2:ホームレースのルクレールが初日最速。ハミルトンとアロンソが続き、トップ5に5チームが入る
AUTOSPORT web
今じゃとても無理! パリの街中をクルマ2台がダンス! FFジェミニ「街の遊撃手」が懐かしい!
今じゃとても無理! パリの街中をクルマ2台がダンス! FFジェミニ「街の遊撃手」が懐かしい!
ベストカーWeb
これは広すぎ! フルフラットスペースが車外に飛び出すトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
これは広すぎ! フルフラットスペースが車外に飛び出すトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
愛車を水没させたラリースト新井大輝が協力! 5月25日(土)はこだま防災フェスへGO!
愛車を水没させたラリースト新井大輝が協力! 5月25日(土)はこだま防災フェスへGO!
ベストカーWeb
ランクルやアルファードオーナーは要注意!! 2023年車両盗難ワーストナンバーワンの都道府県は[千葉県]! でもなぜ千葉県が多いのか? 
ランクルやアルファードオーナーは要注意!! 2023年車両盗難ワーストナンバーワンの都道府県は[千葉県]! でもなぜ千葉県が多いのか? 
ベストカーWeb
考え方はもはやルーミー!? 最終ビスタの内装がよすぎるゾ!! 今ならもうちょい売れそうじゃない!?
考え方はもはやルーミー!? 最終ビスタの内装がよすぎるゾ!! 今ならもうちょい売れそうじゃない!?
ベストカーWeb
引退表明のA.エスパルガロがトップ。午後はアプリリア、KTMがトップ3に/第6戦カタルーニャGP
引退表明のA.エスパルガロがトップ。午後はアプリリア、KTMがトップ3に/第6戦カタルーニャGP
AUTOSPORT web
参戦4年目のフェルシュフォーが初ポール獲得。宮田莉朋は満足なアタックできず/FIA F2第5戦予選
参戦4年目のフェルシュフォーが初ポール獲得。宮田莉朋は満足なアタックできず/FIA F2第5戦予選
AUTOSPORT web
ええ、保険対象外なの!? ってことも多々…便利で割安なネット保険に落とし穴も
ええ、保険対象外なの!? ってことも多々…便利で割安なネット保険に落とし穴も
ベストカーWeb
角田裕毅、予想よりも厳しい予選……それでもモナコで8番グリッド確保「ミスが許されないからプレッシャーを感じたけど、それを楽しんだ」
角田裕毅、予想よりも厳しい予選……それでもモナコで8番グリッド確保「ミスが許されないからプレッシャーを感じたけど、それを楽しんだ」
motorsport.com 日本版
SUBARUサンバーを快走仕様!「誰もやらないスピーカー修復」4
SUBARUサンバーを快走仕様!「誰もやらないスピーカー修復」4
グーネット

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村