サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【Super Car File 12】ランボルギーニ ウラカン EVO は文字どおり劇的進化を遂げたモデルだった

ここから本文です
「ベイビーランボ」として、V10エンジンを搭載するガヤルドはランボルギーニ史上最大のヒット作となったが、その後継として登場したウラカンは、そのガヤルドをも上回る人気を集めている。今回の特別企画ではMotor Magazineの新刊ムック「ザ・スーパーカー ファイル ドットネクスト」(6月17日発売)から、いま注目の“超俊足&超高級車”を順次紹介しているが、その第12回では、そんなウラカンの最新モデル「ウラカン EVO」を取り上げたい。

ペルフォルマンテ譲りのエンジンと高い空力性能を獲得
ウラカン EVOはウラカンの進化版として2019年にデビューした。

おすすめのニュース

サイトトップへ