サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 昭和の人気レース「スーパーシルエット」 源流はポルシェやBMWが参戦した欧州のレース

ここから本文です

より多くのメーカーに参戦を促す目的で誕生

 日産のターボ三兄弟(スカイライン、シルビア、ブルーバード)など、70年代の終盤から80年代序盤に、国内のレース界で高い人気を誇っていたスーパーシルエット。市販車をベースに大きく張り出したフェンダーやウイングを装着したマシンは若者の憧れで、それを模した街道レーサーと呼ばれる改造車が登場しました。

「スーパー・シルエット」という伝説の魔改造レースマシン、日産のターボ3兄弟に迫る【NISMO FESTIVAL】

 その源流といえば、当時は国際自動車連盟(FIA)の下部組織だった国際スポーツ委員会(CSI)が、1976年により多くのメーカーに参加を促す目的で、グループ5というクラスのレース車輛規定を立ち上げたことにあります。

おすすめのニュース

サイトトップへ