サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「温暖化ガス実質ゼロ」で旧車も乗れなくなる? 名車を末長く維持するための「最終手段」とは

ここから本文です

カーボンニュートラル宣言で残る期間をどう楽しむか

 政府のカーボンニュートラル宣言で、2050年までに温暖化ガス排出を実質ゼロとするための政策のひとつとして乗用車対策が含まれた。これにより、このままでいけば既存のガソリン車、ディーゼル車を楽しめる時間は限られたものとなることは間違いない。内燃機関の縮小傾向はアフターパーツに業界にも影響を与え、とくに旧車をメインに取り扱うショップは死活問題である。

「ミッドシップのAE86」に「RB26搭載のS30Z」! 「ワンランク上」の改造車しかいない「WEKFEST2021」

 今後は2050年に向けて緩やかにパーツの生産量は減り、旧車に乗り続けることは年々難しくなることが予想される。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン