サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1分析|ハミルトン&ルクレール、トルコGP決勝でタイヤ無交換をするべきだったのか?

ここから本文です
 F1トルコGPの決勝レースは、終始霧雨が降り続くという難しいコンディションの中行なわれた。そのため路面は乾き切ることがなく、ドライタイヤの出番はなかった(アストンマーチンのセバスチャン・ベッテルが一時トライしたものの、これは大失敗に終わり大きく順位を落とした)。

 ただウエットコンディションになったことで、通常ドライのレースでは義務付けられている2種類のタイヤを使わなければならないという義務はなくなり、多くのマシンがスタート時に履いたインターミディエイトタイヤで長い周回数をこなした。

おすすめのニュース

サイトトップへ