サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > イモラで衝撃の高速クラッシュ。ボッタスは「明らかにラッセルのミス」だと主張|F1エミリア・ロマーニャGP

ここから本文です

 F1第2戦エミリア・ロマーニャGPの決勝レースは、ウエットコンディションから徐々に路面が乾いていく難しいレースとなった。そんな中、31周目にバルテリ・ボッタス(ウイリアムズ)とジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)が接触する大クラッシュが発生した。このクラッシュでコース上にはデブリが散乱。レースが約25分間に渡って中断された。

 レース中盤、各車がインターミディエイトタイヤからドライ用のスリックタイヤに履き替えていたタイミングで、クラッシュは起きた。

■F1エミリア・ロマーニャGP決勝:波乱もなんのその。フェルスタッペン完勝で今季初勝利。角田は受難の週末に

 28周を走り終えたところでピットに入ったボッタスは、ミディアムタイヤに履き替えてコースに復帰。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン