現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型[フリード]も真っ青!? [シエンタ]が一部改良! 装備がグレードアップ! 巻き返しを図れるか?

ここから本文です

新型[フリード]も真っ青!? [シエンタ]が一部改良! 装備がグレードアップ! 巻き返しを図れるか?

掲載 14
新型[フリード]も真っ青!? [シエンタ]が一部改良! 装備がグレードアップ! 巻き返しを図れるか?

 2024年5月20日、トヨタはシエンタの一部改良を発表した。新型フリードの発表から11日後に発表された一部改良の内容とは?

文:ベストカーWeb編集部/写真:トヨタ

新型[フリード]も真っ青!? [シエンタ]が一部改良! 装備がグレードアップ! 巻き返しを図れるか?

■装備充実とメーカーオプションの拡大が中心

コネクティッドナビ対応10.5インチディスプレイオーディオPlusとパノラミックビューモニターを標準装備としたZ

 やはり新型フリードの発売を脅威に感じていたのか、新型フリードの先行予約がスタートした5月9日から11日後にシエンタの一部改良が発表された。

Zグレードに標準装備された10.5インチディスプレイオーディオ(コネクティッドナビ対応)Plus

 まず、好評なメーカーオプションを標準装備したこと。具体的には、コネクティッドナビ対応10.5インチディスプレイオーディオPlusをZグレードに標準装備としたほか、パノラミックビューモニターをZ、Gグレードに標準装備。またスマートエントリー&スタートシステムをXグレードのガソリン車にも標準装備とした。

ガソリン車のXに標準装備となったスマートエントリー(運転席・助手席・バックドア/アンサーバック機能付)&スタートシステム(スマートキー2個)

 メーカーオプションの設定拡大については、まずデジタルキーをZ、Gグレードに新たにメーカーオプション設定(3万3000円)。このデジタルキーは専用アプリをインストールすることで、スマートフォンを車両のキーとして使用可能となる。

 また外部給電アタッチメントをZ、G、Xグレードのハイブリッド車に新たにメーカーオプション設定。この外部給電アタッチメントは、専用アプリをインストールし、スマートフォンの車両のキーとして使える便利な機能で、メーカーオプションのアクセサリーコンセント(AC100V・1500W)選択時に外部給電アタッチメントも追加される(4万5100円)。

外部給電アタッチメントをZ、G、Xグレードのハイブリッド車に新たにメーカーオプション設定

 ボディカラーは、ホワイトパールクリスタルシャイン、ダークグレー×グレイッシュブルー2トーンを廃止し、プラチナホワイトパールマイカ(Z、G、Xグレード)、ダークグレー×アーバンカーキ2トーン(Z、Gグレード)を新設定。

 ディーラーオプションとしては、トヨタ初となるナノイーX搭載クリーンシーリングライト(3万6300円))を新設定。これのシーリングライトは2種類の照明に備え、ナノイーXも搭載している。

■価格アップは3万5000円~12万6600円

ガソリンのGは195万円から4万5200円アップの199万5200円に

 さて気になるのは価格がどれくらいアップしたのかということ。最安価格はガソリン車のX、2WDの195万円だったが199万5200円と4万5200円アップ。スマートキー&スタートシステムを装備した分のアップ幅となる。

 コネクティッドナビ対応10.5インチディスプレイオーディオPlusやパノラミックビューモニターが標準装備となったZグレードの値上げ額は12万6600円アップの323万4600円(2WD、7人乗り)。

 この改良で、新型フリードに流れる客を食い止めることはできるか?

●ハイブリッド車
ハイブリッドZ 2WD(7人乗り)/323万4600円
ハイブリッドZ E-FOUR(7人乗り)/323万4600円
ハイブリッドZ 2WD(5人乗り)/299万6600円
ハイブリッドZ E-FOUR(5人乗り)/319万4600円
ハイブリッドG 2WD(7人乗り)/272万7500円
ハイブリッドG E-FOUR(7人乗り)/292万5500円
ハイブリッドG 2WD(5人乗り)/268万7500円
ハイブリッドG E-FOUR(5人乗り)/288万5500円
ハイブリッドX 2WD(7人乗り)/243万円
ハイブリッドX E-FOUR(7人乗り)/262万8000円
ハイブリッドX 2WD(5人乗り)/239万円
ハイブリッドX E-FOUR(5人乗り)/258万8000円

●ガソリン車
Z 2WD(7人乗り)/268万6600円
Z 2WD(5人乗り)/264万6600円
G 2WD(7人乗り)/237万7500円
G 2WD(5人乗り)/233万7500円
X 2WD(7人乗り)/203万5200円
X 2WD(5人乗り)/199万5200円

【画像ギャラリー】装備充実で新型フリードに真っ向勝負の新型シエンタの写真をチェック!(5枚)

投稿 新型[フリード]も真っ青!? [シエンタ]が一部改良! 装備がグレードアップ! 巻き返しを図れるか? は 自動車情報誌「ベストカー」 に最初に表示されました。

こんな記事も読まれています

ええ[N-BOX]越えやん!! 2代目ワゴンRヤバ!!  サンルーフに天井スピーカーあったってマジかよ
ええ[N-BOX]越えやん!! 2代目ワゴンRヤバ!!  サンルーフに天井スピーカーあったってマジかよ
ベストカーWeb
[ヴェゼル]の新モデル登場へ!! [ハント]のフロントマスクがカッコいい! 価格は264万円から
[ヴェゼル]の新モデル登場へ!! [ハント]のフロントマスクがカッコいい! 価格は264万円から
ベストカーWeb
[アクア]で高級感はやりすぎレベル? 高級感マシマシの特別仕様車がマジで買いすぎる
[アクア]で高級感はやりすぎレベル? 高級感マシマシの特別仕様車がマジで買いすぎる
ベストカーWeb
[ハイラックスサーフ]の後ろに注目!! 巨大リアウィングの機能がスゴかった
[ハイラックスサーフ]の後ろに注目!! 巨大リアウィングの機能がスゴかった
ベストカーWeb
3列目は実用性に欠ける!? 燃費28km超えにコンパクトな[シエンタ]は運転のしやすさ抜群だった!
3列目は実用性に欠ける!? 燃費28km超えにコンパクトな[シエンタ]は運転のしやすさ抜群だった!
ベストカーWeb
NV200バネットで快適に車中泊できるぜ!! キャラバンに続く日産[MYROOM]モデルが2024年冬にいよいよ追加!
NV200バネットで快適に車中泊できるぜ!! キャラバンに続く日産[MYROOM]モデルが2024年冬にいよいよ追加!
ベストカーWeb
中古とはいえレクサスの現行モデルだぜ! UXの200万円台中古車は買いじゃないか?
中古とはいえレクサスの現行モデルだぜ! UXの200万円台中古車は買いじゃないか?
ベストカーWeb
[ノートオーラ]はコスパ最強のクルマだった!? 質感が爆増も14万円アップだけ!! 燃費も文句なしの27km/L超え
[ノートオーラ]はコスパ最強のクルマだった!? 質感が爆増も14万円アップだけ!! 燃費も文句なしの27km/L超え
ベストカーWeb
ホンダ[新型フリード]は”もっといい”に進化!! 超実用性が高い3列目採用でシエンタと差別化へ
ホンダ[新型フリード]は”もっといい”に進化!! 超実用性が高い3列目採用でシエンタと差別化へ
ベストカーWeb
ボディサイズの割に4人快適に乗れる!! リッター30km超えの[フィット]でカッコ悪いと言われてる部分って?
ボディサイズの割に4人快適に乗れる!! リッター30km超えの[フィット]でカッコ悪いと言われてる部分って?
ベストカーWeb
新型を出す意味ないんじゃ!? 超モデル末期でも旧型フリードが驚異的な売り上げを誇るワケ
新型を出す意味ないんじゃ!? 超モデル末期でも旧型フリードが驚異的な売り上げを誇るワケ
WEB CARTOP
ますます精悍に! よりカッコよく!! 内装やホイールを新設定した[BMW3シリーズ]と[ツーリング]が欧州で一部改良!!
ますます精悍に! よりカッコよく!! 内装やホイールを新設定した[BMW3シリーズ]と[ツーリング]が欧州で一部改良!!
ベストカーWeb
さらに安全で使い勝手抜群に! 日産が新型「サクラ」と「サクラ 90th Anniversary」を発売
さらに安全で使い勝手抜群に! 日産が新型「サクラ」と「サクラ 90th Anniversary」を発売
バイクのニュース
燃費向上&安全装備充実で大幅魅力アップ! 三菱ミニキャブ トラック一部改良
燃費向上&安全装備充実で大幅魅力アップ! 三菱ミニキャブ トラック一部改良
ベストカーWeb
かわいいタヌキ顔をさらに強調する特別仕様車が登場! スズキ・ハスラーがマイナーチェンジを敢行
かわいいタヌキ顔をさらに強調する特別仕様車が登場! スズキ・ハスラーがマイナーチェンジを敢行
WEB CARTOP
リッター24km超えで唯一のMT!! 燃費も良くて走りも爽快な[新型スイフト]! 実際マニュアルってどうなのよ
リッター24km超えで唯一のMT!! 燃費も良くて走りも爽快な[新型スイフト]! 実際マニュアルってどうなのよ
ベストカーWeb
660ccの新型「小さな高級車」公開! ラグジュアリーすぎる「日産の軽」! 新型「アーバンクロム」発売 約201万円から
660ccの新型「小さな高級車」公開! ラグジュアリーすぎる「日産の軽」! 新型「アーバンクロム」発売 約201万円から
くるまのニュース
日産が「新型リーフ」初公開! 斬新“オシャ”ホイール&真っ黒グリルが超カッコイイ! アップデートされ米で発売
日産が「新型リーフ」初公開! 斬新“オシャ”ホイール&真っ黒グリルが超カッコイイ! アップデートされ米で発売
くるまのニュース

みんなのコメント

14件
  • ta6********
    どちらも売れるでしょう。選択肢がないし。
    好みと事情で、どちらを選ぶかだけでは。
  • ike********
    ホンダのWR -V発表時に「電動パーキングブレーキのない車なんて要らん、使えん、売れん」って言ってた人たちがこちらでも湧いて来るのかな?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

105.8128.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4.888.0万円

中古車を検索
Zの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

105.8128.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4.888.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村