サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型GLEクーペのメルセデス AMGモデルに試乗! 最新高性能クーペSUVの力量はいかに

ここから本文です

新型GLEクーペのメルセデス AMGモデルに試乗! 最新高性能クーペSUVの力量はいかに

Mercedes-AMG GLE 53 4MATIC+ Coupe

メルセデス AMG GLE 53 4マティック+ クーペ

新型GLEクーペのメルセデス AMGモデルに試乗! 最新高性能クーペSUVの力量はいかに

電動化を果たして“EQ”ファミリーの一員へ

2019年8月に2代目へとフルモデルチェンジしたメルセデス・ベンツ GLEクーペ。そのAMGモデル「GLE 53 4マティック+ クーペ」に、オーストリアの積雪地域にありウィンタースポーツの地として名高い町、インスブルックで試乗した。

先代GLEクーペのAMGモデルは「43」と「63」の2本立てだったが、新型では初の「53」シリーズが投入された。ポイントは「EQブースト」と呼ばれる電動化モデルであること。おそらく新型の63も少し遅れてラインナップに加わるはずだ。

先代は、ベースのGLEをスタイル重視でリデザインしたこともあり、ホイールベースは同一で、クーペのほうが長く幅広くなっていた。しかし新型ではよりダイナミクス性能を重視したため、GLEに比べてホイールベースを60mmも短縮している。ちなみに先代の63クーペのボディサイズが全長4920×全幅2015×全高1720mmなのに対して、新型の53は全長4961×全幅2018×全高1720mm(欧州仕様参考値)と、全長が40mmほど伸びた。先代比でホイールベースは20mm延長されており、そこは室内空間と先代比+40リットルという荷室空間の拡大に充当している。

「ハイ、メルセデス」のAI音声入力システムも

エクステリアの最大の特徴は、AMG GT譲りのパナメリカーナグリルだ。フロントエプロンやリヤディフューザーにはシルバークロームの加飾が施され、エキゾーストパイプは4本出しになる。試乗車はフロント275/45R21、リヤ315/40R21サイズのウィンタータイヤ、ピレリ・スコーピオンを装着していた。

インテリアは最新メルセデスのデザイントレンドに則っている。ドライバー正面のメーター部分とダッシュボード中央のモニターという、2つの12.3インチの高精細ワイドディスプレイを一体モノとした最新のデジタルコクピットだ。そこにはエンジン回転計を中央に配したグラフィックや、AMG専用のメニューが組み込まれている。

AIを使った音声入力システム「MBUX」ももちろん搭載している。フラットボトムタイプのAMG専用ステアリングには、右スポークの下にはドライブモード調整用のダイヤルが、左下にはダンパーと排気音を個別に切り替えるスイッチが備わっていた。

3.0リッター直6+過給+モーター

53シリーズのパワートレインのベースとなるのは、S 450が初採用したマイルドハイブリッドシステムだ。3.0リッター直列6気筒エンジン「M256」ユニットにスターターとオルタネーターを兼ねた、最高出力16kW、最大トルク250Nmを発揮するモーターの「ISG」(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)と、48V電気システムを組み合わせている。

ISGをM256ユニットと9速ATの間に配置し、48V電気システムを使ってエンジンアシストを行う。またブレーキなどから得た回生エネルギーをバッテリーに蓄電しアシストに活用する仕組みとなっている。53シリーズでは、より大型化したターボシステムを組み合わせることで、エンジン単体での性能を最高出力435ps、最大トルク520Nmへと高めた。S 450比で最高出力68ps、最大トルクは20Nm向上している。

エンジン始動時はISGの恩恵もあって、とにかくスムーズ。右足にそっと力を込めるとアイドリングの回転域から約2.3トンを超える巨体が何の抵抗もなく動き出し、みるみると速度が高まる。発進時はモーターが、低速域を電動スーパーチャージャーがアシストし、さらにその先をターボチャージャーがサポートするというなんとも贅沢かつ制御の難しい機構となっているのだが、その切り替えをドライバーが意識させられることはない。ただただアクセルを踏んでいれば低回転から高回転域まで、どこまでも気持ちよく加速する。

さらに、ISGのモーターはトランスミッションのアシストも行い、シフトチェンジに要する時間を短縮。タイムラグのない切れ味のよい変速を可能にしている。0-100km/h加速は5.3秒、最高速度はリミッターで250km/hに制限されている。雪上がメインの今回の試乗ルートでは試すことは叶わなかったが、アウトバーンならあっという間に到達しそうだ。

ベースであるGLEとの明確な棲み分け

足まわりはAMG専用にチューニングされたAMG RIDE CONTROL+ エアサスペンションに、前後のスタビライザーに電子制御式のアクチュエーターを組み合わせたAMG ACTIVE RIDE CONTROLを組み合わせる。このシステムは、コーナリング時の車体のロールを低減するだけでなく、より操舵に対して正確なハンドリングを実現するものだ。さらに片側が圧雪路で片側が舗装路のような路面状況でも、エアサスだけでなくスタビライザーも瞬時に反応することで、直線走行時の乗り心地が向上するといった効果もある。

またホイールベース短縮の恩恵か、クーペの名にふさわしくベースのGLEを試乗した際に感じた「大きくて重心高の高いクルマ」という印象が明らかに軽減されている。スタイルだけでなく乗り味の棲み分けも明確化されていた。

2列目シートにも座ってみたが頭の揺れも少なく快適だった。唯一気になったのは排気音で、コンフォートモードでもわずかにこもり音が入ってくる。AMGとしては“らしさ”を演出するために音を作っているのだと思われるが、M256はそもそも静かさが売りのユニットであり、コンフォートモードでは静粛に、スポーツモードでは盛大に、そんな切り替えができればと思った。

ちなみに試乗会では3.0リッター直6ディーゼルの400 dや2.0リッターディーゼルとモーターを組み合わせたプラグインハイブリッドの350 deも用意されていたが、いずれも静粛性の高さが印象的だった。

日本での販売開始は2020年の予定

ドライブモードは、「コンフォート」、「スポーツ」、および「スポーツ+」の3つのモードを基本に、今回は使用する機会がなかったがオフロード用の「サンド」、「トレイル」、「スリッパリー」、そして「インディビデュアル」の7種類を取り揃えている。ダンパーの減衰特性は3段階、AMG専用に最適化された電動可変式ステアリングのアシスト量は2段階で調整が可能だった。

GLE 53 4マティック+ クーペは総じて、スポーツ性と快適性とをバランスさせるさじ加減が絶妙だと感じた。ダイナミクス面では、BMW X6をはじめランドローバー・レンジローバースポーツなどのライバルに比肩する性能を手に入れながらも、メルセデスらしい快適性を持ち合わせている。

日本の道には大きすぎると思わなくもないけれど、買えないものの遠吠えと言えなくもない。大きいからこそ得られるメリットは確実に存在する。日本価格はまだ発表されていないが、参考までに先代43の国内価格は1263万円、63 Sが1870万円だった。その中間あたりで、しかもより43に近いほうだと勝手に予想している。日本への導入は2020年を予定しているという。

REPORT/藤野太一 (Taichi FUJINO)

【SPECIFICATIONS】

メルセデス AMG GLE 53 4マティック+ クーペ(欧州仕様)

ボディサイズ:全長4961 全幅2018 全高1720mm

ホイールベース:2935mm

車両重量:未発表

エンジン:直列6気筒DOHCターボ

総排気量:2999cc

ボア×ストローク:83.0×92.3mm

エンジン最高出力:320kW(435hp)/6100rpm

エンジン最大トルク:520Nm/1800-5800rpm

モーター最高出力:16kW(22hp)

モーター最大トルク:250Nm

トランスミッション:9速AT

サスペンション:前ダブルウイッシュボーン 後マルチリンク

駆動方式:AWD

タイヤサイズ:前275/45R21 後315/40R21

【問い合わせ】

メルセデス・コール

TEL 0120-190-610

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します