現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > タイヤウォーマー禁止を継続するWEC。2024年もル・マン24時間だけはルールを緩和?

ここから本文です

タイヤウォーマー禁止を継続するWEC。2024年もル・マン24時間だけはルールを緩和?

掲載
タイヤウォーマー禁止を継続するWEC。2024年もル・マン24時間だけはルールを緩和?

 FIA世界耐久選手権(WEC)のフレデリック・ルキアンCEOは、タイヤウォーマーの禁止を来年6月のル・マン24時間レースに限って緩和する可能性があると示唆した。

 WECは2023年シーズンの開幕から、環境上の理由からタイヤをピットで予熱してからマシンに装着することを禁止した。しかし4月のスパではコールドタイヤでピットを離れたマシンによる事故が相次いだため、ル・マン24時間レースのみ禁止令を撤回した。

■WEC、2025年のエントリー台数を”限界ギリギリ”の40台まで拡大目指す「あらゆる可能性をチェックしている」

 タイヤウォーマーの禁止について、ルキアンCEOは「今のところ、ル・マンについては決定していない」と語った。

「それが可能かどうか、何度も話し合う必要がある」

 ル・マンでタイヤウォーマーの使用が許可されるのには複数の理由があるとルキアンCEOは説明する。

「ル・マンは(昼夜の)気温差、カテゴリーの違い、ドライバーのスキルの違いなど、非常に特殊なレースだ」

「夜中の3時にピットレーンを出る時、気温はかなり低い。ドライバーはこれに適応する必要があり、そのためには時間が必要になる」

 ル・マンでは、WECの他のレースでは参加しないLMP2クラスがグリッドに加わる上、冷えたタイヤでピットを出たマシンに、すでに温まったタイヤを履くマシンが接近した場合、クラス間のスピード差による問題がさらに深刻化することになる。

 2023年にタイヤウォーマー禁止のルールが導入された当初から、ドライバーたちはコールドタイヤでピットを離れる危険性を指摘しており、3月のプロローグテストでフェラーリのジェームス・カラドがピットアウト直後にクラッシュを喫したのもこのルールの影響だった。

 カラドはこのルール変更に疑問を呈し、4月のスパで何が起こるか”予知”するようなコメントを残していた。

「スパでピットを出て、気温5度のオー・ルージュに向かうなんて想像できるかい?」

 そして結果として、スパの予選ではトヨタのブレンドン・ハートレーがアウトラップでクラッシュ。決勝ではフェラーリのアントニオ・フオコがクラッシュを喫した。

 しかしルキアンCEOは、2024年のル・マン以外のラウンドでタイヤウォーマーを復活させる計画はないと強調した。

「シーズン残りのレースでは間違いなくタイヤウォーマーを廃止する。疑いはない」

 2024年のWECレギュレーションはすでに発表されており、”(タイヤの)いかなる保温・保冷装置の使用”も禁止されている。

 ル・マン24時間レースは、1周8.467マイル(13.626km)のコースとその特殊性から、補足の競技規則が存在しており、通常11~12月にこれが発表される。

こんな記事も読まれています

バイク乗りのためのメガネフレーム「CARBURETOR/キャブレター」がオプティカル和光で販売開始!
バイク乗りのためのメガネフレーム「CARBURETOR/キャブレター」がオプティカル和光で販売開始!
バイクブロス
「スバル車」に長年乗り続けるユーザーが多い理由 インチキSUVを撃破? 同社クロスオーバーSUVを通して考える
「スバル車」に長年乗り続けるユーザーが多い理由 インチキSUVを撃破? 同社クロスオーバーSUVを通して考える
Merkmal
イモラ用の性能調整でハイパーカーが軒並み減量&パワーアップ。例外はウイング付き新型プジョー9X8
イモラ用の性能調整でハイパーカーが軒並み減量&パワーアップ。例外はウイング付き新型プジョー9X8
AUTOSPORT web
バスの乗客が転んだら誰の責任? 現実は「運転士&会社のせい」… 危険を避けるためでもなぜ「バス側」が悪い? 運転士“なり手不足”原因のひとつか
バスの乗客が転んだら誰の責任? 現実は「運転士&会社のせい」… 危険を避けるためでもなぜ「バス側」が悪い? 運転士“なり手不足”原因のひとつか
くるまのニュース
三浦市『味の旬彩 てん心』で特大黄金鯵のアジフライを堪能!
三浦市『味の旬彩 てん心』で特大黄金鯵のアジフライを堪能!
バイクのニュース
【SUPER GT速報】いくらなんでも1400kgは重すぎる 56号車GT-Rにはキビシー週末だったけど……!!?
【SUPER GT速報】いくらなんでも1400kgは重すぎる 56号車GT-Rにはキビシー週末だったけど……!!?
ベストカーWeb
セド/グロvsクラウン プレリュードvsセリカ エルグラvsアル/ヴェル…… 熾烈な競争の中でトヨタが認めて追随した技術アレコレ
セド/グロvsクラウン プレリュードvsセリカ エルグラvsアル/ヴェル…… 熾烈な競争の中でトヨタが認めて追随した技術アレコレ
ベストカーWeb
こんなに走りやすいのに30キロって遅くね? 道路の「最高速度」の決め方を知れば「守らなきゃ」の意識が芽生える!
こんなに走りやすいのに30キロって遅くね? 道路の「最高速度」の決め方を知れば「守らなきゃ」の意識が芽生える!
WEB CARTOP
SUBARUフォレスターの特別仕様車「X-EDITION」「XT-EDITION」にアクティブなイメージを高めるガイザーブルーのボディカラーを設定
SUBARUフォレスターの特別仕様車「X-EDITION」「XT-EDITION」にアクティブなイメージを高めるガイザーブルーのボディカラーを設定
カー・アンド・ドライバー
トヨタ紡織、北京モーターショー2024に出展
トヨタ紡織、北京モーターショー2024に出展
日刊自動車新聞
琵琶湖をめぐるツーリングラリー「CBTR 2024」の開催概要が発表! 5/14よりエントリー開始
琵琶湖をめぐるツーリングラリー「CBTR 2024」の開催概要が発表! 5/14よりエントリー開始
バイクブロス
日本車第三勢力、マツダとスバルの「生きる道」…とは?【短期集中連載:第六回 クルマ界はどこへ向かうのか】
日本車第三勢力、マツダとスバルの「生きる道」…とは?【短期集中連載:第六回 クルマ界はどこへ向かうのか】
ベストカーWeb
【20世紀名車ギャラリー】GT性能を磨いたV8スーパースポーツ、1980年式マセラティ・カムシンの肖像
【20世紀名車ギャラリー】GT性能を磨いたV8スーパースポーツ、1980年式マセラティ・カムシンの肖像
カー・アンド・ドライバー
レクサスの自然吸気V8が "終了" へ 「LC」/「RC」欧州撤退? 英国ではSUVとセダンのみに
レクサスの自然吸気V8が "終了" へ 「LC」/「RC」欧州撤退? 英国ではSUVとセダンのみに
AUTOCAR JAPAN
ハースの元代表シュタイナーがF1チーム買収を画策か。RBには高いハードル
ハースの元代表シュタイナーがF1チーム買収を画策か。RBには高いハードル
AUTOSPORT web
スズキ新型「最上級コンパクトミニバン」公開! 新ハイブリッド採用&MT設定もアリ! 専用エアロも超カッコイイ「エルティガ クルーズ」尼での登場に反響も
スズキ新型「最上級コンパクトミニバン」公開! 新ハイブリッド採用&MT設定もアリ! 専用エアロも超カッコイイ「エルティガ クルーズ」尼での登場に反響も
くるまのニュース
「高級感+スポーティ」なコンパクトSUV登場! アルファ・ロメオ新型「ミラノ」初公開 全長4.1m、ハイブリッドとEVを導入
「高級感+スポーティ」なコンパクトSUV登場! アルファ・ロメオ新型「ミラノ」初公開 全長4.1m、ハイブリッドとEVを導入
AUTOCAR JAPAN
ガテン系トヨタ「ハイエース」の効率的な収納方法とは? オバフェン&ローダウンのクールな見た目に似合わない男の現場仕様車を紹介します
ガテン系トヨタ「ハイエース」の効率的な収納方法とは? オバフェン&ローダウンのクールな見た目に似合わない男の現場仕様車を紹介します
Auto Messe Web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村